フロントインしないのが今っぽい! オンもオフも使えるシャツコーデ&着こなし



今年のシャツコーデは、あえてフロントインしない

シャツは働く女性にとってのマストアイテムですが、お仕事ではボトムスにしっかりとシャツの裾をインしてスマートに着こなしている人が多い印象です。けれど“リラックスムードのある抜け感”こそが今っぽい。今回はシャツを取り入れる時のおすすめの着こなしを紹介。

ハリ感のある素材のシャツと、カラーパンツを合わせて

ハリやツヤのあるパリっとした素材は、立体的なシルエットが大人っぽく洗練された印象に。ボトムスとのバランスも取りやすいのが特徴です。春は明るいカラーパンツと合わせるのがおすすめ。ホワイトとピンクで、清潔感のあるスタイルに。バッグにだけ柄をプラスしてバランスを取りましょう。
裾をインしていなくても、シャツの素材のおかげでキチンと感が演出できます。

シアーシャツはカラーが狙い目

この春は、肌の色がシャツの下から密かに透ける「シアーシャツ」が大人気。特に人気が高いのは綺麗色のブルーやグリーンなどの寒色系。少しオーバーめのサイズでもゆったりとおしゃれに着こなせます。一点だけ締め色を決めて、あとはホワイトやベージュなどでシンプルにまとめるのがコツ。

同素材の紐でウエストマークも

ウエストマークがあるシャツなら、ボタンを締めて首元にだけゆとりを持たせるスタイルに仕上げると春らしい装いに。裾をインしていないと、メリハリがなくストンとした印象になってしまうので、メリハリのあるシルエットが好みの方はウエストマークがあるデザインを選んでおいて。なければベルトを取り入れるとうまく体型カバーができます。華奢なアクセサリーとの相性も抜群。

ロングシャツは同系色でまとめて

やからか素材のロングシャツはアウターのように着こなして。他では難しいワントーンコーデも、シャツを取り入れれば簡単に足し引きができます。ベージュやブラウンなどの定番カラーでまとめても、重たい印象になりすぎず、どこか女性らしい印象に。こなれ感のある大人っぽさが叶います。

シャツワンピにはニットベストをプラス

シャツワンピにはニット素材のビスチェやベストを組み合わせてレイヤードを楽しんで。一枚で着ているとどことなく手抜き感が出て気が引ける……という人もこれなら今っぽくおしゃれに着こなせます。ベーシックアイテムであるシャツも、カジュアル素材と合わせることでスニーカーにもぴったり合うように。良い意味で、シャツの真面目さが抜けて好バランスにまとまります。

素材と着こなしがシャツコーデの幅を広げる

いかがでしたか?
シャツというと、つい真面目でかっちりとした印象がつきがちですが、素材と着こなしを選ぶことでコーデの幅を広げてくれます。カラーや素材をみて、合わせるアイテムを決めて。オンもオフも着こなせるシャツの無限大の可能性を感じて、春を楽しみましょう。