丸襟が着れない…短い首をスッキリ魅せるコーデ術

丸襟が着れない…短い首をスッキリ魅せるコーデ術

トレンドの丸襟トップスが似合わない…!首が短い方が悩みがちなトップスの着こなしについてご紹介♡


最近のトレンドはVネックよりもハイネックより。首つまりの丸首Tシャツで、露出をなくしたユニセックススタイルが流行しています。しかし、この流行に乗り切れないと嘆くのが首が短いことでお悩みの方。すらっと伸びた首周りを演出したいけれど、それが難しいのですよね。

そこで今回はそんな首が短めな方に似合うトップスコーデのポイントをご紹介します。

丸襟は【鎖骨のラインが見えるラウンドネックを】

首が短いから丸襟のトップスに手が出せない…と思われがちですが、丸襟もモノを選べば似合うコーデになります。そのポイントとなるのが“鎖骨のラインが見えているか”ということ。様々な丸襟のトップスを比較してみるとその違いが分かるかと思いますが、襟の開きが狭い丸襟は避けた方がベター。同じ丸襟でも、鎖骨のラインがキレイに見える大きめの丸襟(ラウンドネック)を選ぶと良いでしょう。

鉄板で相性が良いのは【襟抜きシャツ】

首が短めの方が鉄板で似合うアイテムと言えば抜け感たっぷりな襟抜きシャツ♡もともとVネックトップスは首をすっきり見せてくれる効果が高く、短めの首の方もキレイに着こなせます。襟抜きシャツはぐっと開いたデコルテラインに、胸元がVネックになっているので当然、お似合いのアイテムに。

ふんわりとした空気感のあるシャツで、うなじラインも美しく見えるシルエットなので、普通のVネックよりもおすすめします。まだ襟抜きシャツをお持ちでない方はぜひ晩夏の今の時期から是非、取り入れて!

“レイヤードテク”を活用すれば丸襟も恐くない!

お手持ちの洋服にある丸襟アイテムを活かしたい!ということであれば、プラスαの小物を足してよりスタイリッシュな着こなしにしましょう。首が短い方が首つまりの丸襟トップスを着ると、上半身が太って見えてしまいがちに。これを軽減させるために、コーデにIラインを作ると良いです。

ロングカーディガン、ロングジレ、ストールなどを丸襟トップスの上から羽織ることで、コーデにIラインが生まれスッキリした印象を作れます。是非、試してみてくださいね。

苦手な服も工夫次第で素敵な着こなしに♡

コンプレックスに感じる体のパーツと、どのように上手にお付き合いするかが何よりも大切なこと。好きな服なのに、似合わないから着れないというのも悲しいものですよんr。敢えて避ける選択をするのも大事なことですが、どうしたら素敵に着こなせるかという視点でコーディネートを楽しむと、もっとお洋服の着こなしに幅が広がっていきますよ!

トップスをインするとぽっこりお腹が目立つ?正しいフロントインテクニック

https://cinq.style/articles/922

トレンドのフロントイン!上手く着こなせなければ、だれしなく見えたり、太ってみえちゃう?上手なお洋服の着崩し方をご紹介!

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

楽チンなのにキチンと見え! カジュアルアイテムを上品に着こなすコツ

オフィスカジュアルで許される範囲は一体どこまで? 働く女子が悩みを持ちやすいのが、マナーにもあたるファッションについてのNGライン。今回は、オフィスカジュアルでも取り入れられるカジュアルアイテムの使い方、そして絶対に使っちゃダメ! なアイテムについて紹介。


オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

オフィスも休日も思いのまま!頑張らずオシャレ見えするシャツコーデ完全版

働く女子の定番アイテムである綺麗めシャツ。着こなしにマンネリしていませんか? きっちりとしたラインのものを選んでしまうと真面目すぎるリクルートスタイルになってしまうし、カジュアルオフしすぎるとオフィスでは浮いてしまうのが悩みどころ。オフィスカジュアルにも休日にも使えるような、オシャレさをプラスするには…?


少ない洋服で賢く着回す!綺麗色セットアップがあれば仕事も休日も楽しめる

少ない洋服で賢く着回す!綺麗色セットアップがあれば仕事も休日も楽しめる

クローゼットをコンパクトにまとめるためには、着まわし力を重視する必要があります。そこで、今回は少ないお洋服で賢く着回せるおすすめのアイテム「セットアップ」を主役に、オトナ女子のコーディーネートを提案。


がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

短い睡眠時間が続くこともあれば、仕事のプレッシャーやストレスで疲労困憊……なんてなにかと疲れが溜まりやすい現代人。クタクタになるまで日々頑張っている自分に、定期的にご褒美を用意してあげましょう! Cinq読者さんが最近買った「ご褒美」をピックアップ。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


最新の投稿


【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

【秋の新色】大人でも痛くないピンクメイクを作る3つのポイント

ジルスチュアートビューティ 2019 Fall Collection が8月2日に発売。今回は、新コレクションを使って、大人に似合うピンクメイクのポイントを3つお届けします。無理をせず、肩の力を抜いた自然なかわいらしさで、オトナ女子にもピッタリ。


【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

【ストレス解消総集編】働く女性が自分をケアするコーピング・レパートリー

働く女性はプライベートに加え、仕事のことなど多くのストレスを抱えがち。今回は、これまでに紹介したストレス解消の方法を一覧でご紹介します。ぜひ自分にとってベストなコーピング・レパートリーを作って、役立ててみてください。


【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

【キャリアアドバイザーに聞いた】転職活動で必要な「企業を知る」基礎

転職活動で大切なのは「自分を知ること」と「相手(企業)を知ること」の2つ。今回は、転職先で後悔することのないように、事前に行っておきたい企業研究のキホンについて、キャリアアドバイザーがお教えします。


「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

「美金」提唱者、美容家 松下侑衣花による【夏のボディ磨き特集】

スキンケアやメイクといった顔の美容ももちろん大切ですが、「360度どこから見ても美人」と思われる女性を目指すならボディ磨きは欠かせないもの。美金というキーワードを作った、美容家 松下 侑衣花さんがボディケアに関するアレコレをご紹介。


【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

【デコルテケア決定版】オンナ度上がる華奢なデコルテの作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「デコルテ」について紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング