魅力的な声は武器になる。声にも女性らしさや色っぽさを意識して

魅力的な声は武器になる。声にも女性らしさや色っぽさを意識して

人と会話するときに、「声」を意識したことはありますか? 声はあなたを印象づけるためのとっても大切な要素。小さい努力で、あなたの印象・魅力がぐんとあがります。印象は自分自身ではなく周りが作り上げるもの。相手と会話を意識して、印象のコントロールをしていきましょう。


声はあなたを印象付ける大切な要素

自分の話し方や声のトーンが、周囲の人にどんな印象を与えているか、意識したことがありますか?

対面して話しているときと、電話口での声では印象が全く違って感じるように「話し方」や「声」はとっても大事なものです。 印象というものは、自分自身で決めることはできなくて、周囲からつけられるもの。今回は、柔らかい女性像をつくる「好感の高い声の作り方」と話し方について紹介していきます。ビジネスシーンではもちろん、プライベートでもきっと役立つハズ。

「ソ」のトーンで話す

接客業で使われる「笑声」を意識してみて

ただただ高い声だけが印象が良いわけではありません。 むしろ高すぎる声は「聞き苦しい」「キツい」とマイナス印象がつくこともあります。
無理に高音を出すのではなく、自分で出すドレミファソラシドの「ソ」のトーンを意識すると、自然な心地の良い声がつくれます。アパレル定員さんが話しかけてきてくれる時のような声のトーンを意識してみてください。
そして「笑声」を意識してみましょう。 「笑声」は同じく、接客業ではよく使う言葉で、相手方が印象よく、笑顔になるような心地の良い声のことを表します。 声しか聞けなくても「この人はにこやかに話しているんだろうな」と想像させることが大切です。 決して笑いながら話す、といった意味ではないのでご注意を。

いつもよりゆっくり話す

丁寧な言葉選び

会話が盛り上がっているときに、話題がたくさんありすぎて、つい早口になってしまうことがありませんか?
お互いに盛り上がっているときはそれでも問題ありませんが、重要度の高い会話をするときや、人に癒しを与えたいというときには、いつもより少しゆっくりと言葉を選んでみてみましょう。 ゆっくり話すことによって、ひとつひとつの言葉を大切にしている印象がつきます。ビジネスシーンでも、説得力を感じることが多くなるはずです。 焦らず、ゆっくり、丁寧に言葉を伝えていきましょう。

語尾を伸ばさない

品よく、感じよく

語尾を伸ばすことが癖になっている女性も多いですよね。
けれど、語尾の「~」を多用しすぎると「面倒くさい」「ぶりっこ」「頼りない」「頭が悪そう」、などのマイナスイメージがついてしまうこともあります。目上の人との会話では特に、語尾は伸ばさないように意識してみましょう。大人の雰囲気を身に着けることができます。
また、元気よくすることを意識しすぎて、全ての語尾に「!」がついているような話し方も好ましくありません。気合いが声に表れてしまうのもわかりますが、あくまで自然体で接することが大切です。 女性としての品を感じられることができるようになりますよ。

安定したトーンで話す

安心感を与えて

楽しんでいるときは、声からでも躍動感が伝わります。
躍動感は悪いことではないし、明るい雰囲気が伝わってきて、聞き手にも笑顔を与えることがあります。 だけど、安心感を与えたいときは、安定したトーンで会話をすることが効果的です。 落ち着いた話かたは相手に安心感を与えるので、本音が話しやすくなったり、色っぽい、というような印象もつくそう。 普段忙しい人や、ちょっと落ち込んでいる人に話すことで、安心感を与えることができます。 男性は特に、安定したトーンで会話ができる女性に癒しを覚えることが多いのです。

穏やかな気持ちで話す

心地よさに癒される

自分の感情は「声」に現れやすいもの。
穏やかな気持ちで会話をすることで、相手にも同じような雰囲気が伝わります。 また「穏やかさ」や「優しさ」は女性を象徴するものなので、ゆったりと、落ち着いた気持ちで話を聞いてくれる女性に魅力を感じる男性も多いことでしょう。 自分自身、穏やかな気持ちで相槌を打つだけでも、相手からの印象は全く違ったものになります。 相槌をうまく打てることこそ、真の聞き上手なのかもしれません。

声の使い方を意識して

直接会っている時はあくまで自然に接して。
電話ではなどの顔の見えない会話ではこのような女性らしさを意識する、など場面に合わせて、声を使い分けていきましょう。

会話の最後に「お疲れ様」や「ありがとう」など、相手への思いやりを表したり、感謝の気持ちを添えるだけでも、あなたと話している時間が有意義なひと時であったと思ってもらえるはずです。 声は自分自身や相手のことを知るためのとっても大切なツール。
五感を働かせて、自分自身の魅力をもっと高めていきましょう。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


業務時間外の連絡が多すぎて困っています。 #これってハラスメントですか?!

業務時間外の連絡が多すぎて困っています。 #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、業務時間外の連絡が増えてストレスを感じている方からのお悩みです。


「コロナ禍で恋愛できない」は嘘? 会いづらくても彼ができた女性のエピソード

「コロナ禍で恋愛できない」は嘘? 会いづらくても彼ができた女性のエピソード

コロナ禍でなかなか新しい出会いもなく、デートに誘うこともできず、恋愛が発展しない……と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、「コロナ禍でも彼氏ができた!」という女性たちに、どうやって恋愛が発展したのか? を教えてもらいました。


釣った魚に餌はやらない?! 付き合ったら冷たくなる男性の心理

釣った魚に餌はやらない?! 付き合ったら冷たくなる男性の心理

付き合う前は積極的に誘ってくれて、愛情表現も豊かにしてくれていたのに……。付き合ってから急に彼が素っ気ない態度をとるようになってしまったと悩む女性は意外と多いものです。では、付き合うと急に冷たくなってしまう男性の心理とは一体なんなのでしょうか?


恋愛ブランク卒業♡久しぶりの恋が不安で苦しいときの対処法

恋愛ブランク卒業♡久しぶりの恋が不安で苦しいときの対処法

気がついたら前回の恋から早くも一年以上。久しぶりに恋をすると、どうしても空回りしがちに……。深呼吸しながら、ご縁を大切に育んでまいりましょう♩


不器用なりに頑張りたい!恋愛よりも仕事優先の女性が公私のバランスを保つコツ

不器用なりに頑張りたい!恋愛よりも仕事優先の女性が公私のバランスを保つコツ

恋愛よりも仕事を優先したい……。思わぬタイミングで好きな人ができたら、最初は誰だってあたふたしますよね。公私ともに充実させられるように習慣を見直しましょう!


最新の投稿


生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

なんだか急に肌寒い日がやってきた9月。 そろそろ温活をしておかなくては、体調不良を起こしかねません。予防のためにも体を温めておくことが得策。そこで今回は体を温めることに特化したバスソルトを3つご紹介します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング