淑女のファッションはお手のもの♡『The Virgnia(ザヴァージニア)』の秋の新作

淑女のファッションはお手のもの♡『The Virgnia(ザヴァージニア)』の秋の新作

アラサ―世代の等身大のラグジュアリーを叶えてくれる『The Virgnia(ザヴァージニア)』。 秋のコレクションはクラシカルなツイードやゴブラン織りのアイテムが豊富。 ベーシックな部分を持ち合わせながらも、レディライクな遊び心のあるスタイルが魅力的! そんなヴァージニアの展示会で見つけた、秋の新作をご紹介します。


≪『The Virgnia(ザヴァージニア)』とは?≫

等身大のラグジュアリーをテーマにした、アラサ―に人気のブランド。
ベーシックからレディライク、少しエッジの効いたアイテムなど、遊び心を忘れないスタイルが魅力的。

今季のヴァージニアのテーマは『原点回帰』。
クラシカルなツイードやゴブラン織り、大胆な刺繍使いなど淑女のファッションを味わえるコレクションです。
トレンドをほどよく取り入れつつ、着心地や品質にこだわり続けるところはお見事。

そんなヴァージニアの秋服をご紹介します。

≪押さえるべきキーワードはこの2つ≫

①刺繍

この秋、まず初めに抑えるべきアイテムは『刺繍』。

胸元の開きがキレイなこちらの刺繍トップスは、オリジナル柄をおこして刺繍を施したもの。
秋らしく、秋の花が刺繍してあります。
よく見ると、実の部分には赤いビジューがキラリ。

シンプルなボトムに合わせてもよし。
デニムに合わせてもよし。
トップスを着るだけでおしゃれに見えてしまう優秀アイテムです。

②ジャガード

2つ目のキーワードは『ジャガード』。

世界中で愛され続けているイタリア「Cosmotess(コスモテス)」社の生地が使用されている、ローズジャガードスカート。
イタリアならではの大胆さと、黒のラメ糸を使用した華やかさが贅沢な一枚。
シンプルカラーのトップスと合わせれば、ON&OFFで活用できそうです。

またジャガードのコートにもイタリアの布地『Silk-co.』が使用されています。
少し太めのコットン糸が使用されており、ラメ糸の華やかさを保ちつつ新鮮なイメージに仕上がっているアイテム。
ボトムスを選ばない着こなしが叶う丈感やシルエットなので、出動する機会も多そうです。

≪今季は女性であることを楽しんで!≫

最近までのシンプルで無地の多いトレンドでしたが、その反動なのか今季は柄がたくさん登場しています。
1つのアイテムを柄を投入するだけでも、グッとおしゃれに見えます。

柄が苦手な方はボトムスで取り入れて、楽しみましょう。

女性であることを感じられる淑女な装いで、秋を味わってみてはいかがでしょうか?

この記事のライター

Kupono Beauty代表。ビューティ―&ファッションライター・エディター、美容商材やプログラムの開発コンサル

関連するキーワード


トレンド ファッション

関連する投稿


通販を頼んだら全く違うものが届いた…! ネットで失敗しない洋服の買い方

通販を頼んだら全く違うものが届いた…! ネットで失敗しない洋服の買い方

インターネット通販で洋服を購入する女性も多くなりましたが、自分が思っていたサイズやイメージと違ったものが届いた、なんて経験はありませんか? 安く便利に手が届くけれど、買う前に手に取ることができないため選び方が難しい。今回は、ネットショッピングで失敗しない、洋服の買い方について紹介します。


買う服は全て1軍服に。はたらく女子が失敗しない“洋服選びの基準”

買う服は全て1軍服に。はたらく女子が失敗しない“洋服選びの基準”

せっかく買ったのに、なんだかイマイチで全然着ていない服がクローゼットの中にたくさん……。そんな人は洋服の買い方を改めるべし。今回ははたらく女子が失敗しない洋服選びの基準について考えていきたいと思います。


「偉大な製品は、情熱的な人々からしか生まれない」ウーマンダイアローグ #31

「偉大な製品は、情熱的な人々からしか生まれない」ウーマンダイアローグ #31

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、株式会社アダストリアの佐田楠都子さん。企業広報としてコーポレートスローガンである“Play fashion!”を率先して体現されている素敵な女性です。


旬顔、それとも大人レディ顔? 秋冬にぴったりなカラーメイクの作り方

旬顔、それとも大人レディ顔? 秋冬にぴったりなカラーメイクの作り方

夏の印象を持たれがちなカラーメイクは、実は洋服が暗くなりがちな秋冬時期にこそピッタリ。けれど、いざ挑戦してみると加減がわからず派手になりすぎてウーン……なんて人も多いのでは? メイクアップアーティストの林由香里さんに、大人でも挑戦できるカラーメイクについて教えてもらいましょう!


オフィスカジュアルにも似合う!働く女性にぴったりな、きれいめリュック

オフィスカジュアルにも似合う!働く女性にぴったりな、きれいめリュック

バッグや資料を持ち歩いていると、つい気になってしまうのがバッグの重み。細い肩にズッシリとのし掛かる通勤バッグに、ストレスを抱えている働き女子は多いのではないでしょうか? 今回は、オフィスでもオシャレに持つことのできる女性用リュックを紹介。オフィスカジュアルにも似合うオシャレなデザインを探して。


最新の投稿


自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

自分で自分を疲れさせてる? ストレスをかけずに仕事を進める方法

面倒臭い仕事はついつい後回し……をしたくなりますが、結局手付かずの仕事は手付かずで終わりがこないまま。「いつかやらなくきゃ」「あとでやらなきゃ」は結局自分を追い込むことになってしまいます。仕事を先延ばしにすることは自分にとってストレスがかかること。今回は、自分で自分を疲れさせないコツを皆さんにお伝えしたいと思います。


「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

「依頼した仕事をやってくれません……」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、依頼した仕事をやってもらえない、というお悩みです。


後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

後悔しない道を選びたい。「瞬時に判断する力」を鍛えるには?

仕事でも恋愛でも必要なのは「判断力」。的確に正解を選べるように、普段から鍛えておきましょう♩


「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

「小さな出会いを大切に育てていくことで、人生の中での大きな出会いになることもあります」ウーマンダイアローグ #33

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、和装マナー講師の中村真帆さん。元国会議員秘書をされていたという経験を活かして、姿勢や所作など基礎的なことから日本文化について幅広くセミナーをされています。


絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

絶対に仲良くなれない……! 思わず幻滅してしまう職場の先輩のNG言動5選

仕事をする上で、上司や先輩というのは、困った時に相談をすることもできるし、いざという時に頼りなるような頼もしい存在です。「格好良いな」「この人みたいになりたいな」と憧れることもあるでしょう。けれども中には幻滅してしまうような、先輩も居るのが現実。思わず幻滅してしまう先輩の言動をチェックしていきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング