「色気がない」という言葉に傷つかないで! お仕事ウーマンへの教え

「色気がない」という言葉に傷つかないで! お仕事ウーマンへの教え

「お前には色気がないなあ」と言われて、イラッとした経験のある女性も多いのでは? 今回は、お仕事ウーマンが知っておきたいことについてご紹介します。


「女を感じない」「色気がない」と言われた。

職場にいる同僚や先輩、または男友達に「お前には女を感じない」と言われたり「色気がないよなぁ」なんて言葉を浴びせられた経験ありませんか? いくら信頼を置いているメンバーであっても、そんな言い方をされたら、女性として否定されたような気分になり、ショックを受けるのはもちろん、自信を失くしてしまいますよね。

そんなことを言われたとしても色っぽさを身につける努力はしなくて良いし、気にする必要もありません。この場合の“女性らしさ”は男性の理想像からつくられた都合の良い言葉にすぎないからです。異性から発せられる「女らしさ」「色気がない」という言葉は無視して、仕事に取り組んでいきましょう!

姫扱いの対象は一時的なものでしかない、と知っておく。

そもそも恋愛対象でない異性に対して「色気」は必要ではありません。
もちろん、社内で若い・可愛いとチヤホヤされているような姫扱いされたいタイプの女性もいらっしゃることでしょう。けれど、若い・可愛いと褒められたところで、男性から不必要な好意を寄せられたり、セクハラを受けるリスクが上がったり…と危険はあれど、仕事での評価が上がる訳でも給与がアップするわけでもありません。

年齢を重ねて、お姫様ポジションの対象が、他の人へ移ってしまえばこれまでのチヤホヤも終わり。年齢を重ねたわりに、スキルが備わっていなければただのマスコットで終わってしまうということです。この時に、キャリア形成をしっかりとしておけばよかった……と後悔する女性も少なくはありません。愛嬌とその場をうまく立ち回る人間力、付き合いを重視したフットワークの軽さ……それはもちろんプラスに働くこともありますが、それが必ずしも自分にとって良い方向に働くとは言い難いのです。

であれば、自分のスキルを高め、仕事を認められ、キャリアを着実に積み上げていく……その方が収入にも直結し、効率が良いでしょう。
一緒に仕事をする相手なのであれば尚更、色気なんてなくても良い。そう割り切って接することが大切です。もちろん、女であることを強みにして、お金を稼ぐ女性もいます。けれどそれは、自分の強みが何かを理解しているからこその道。「色気」や「女らしさ」のプロを選択した女性であるということを理解しておきましょう。その女性を否定する必要はもちろんありませんが、突き詰める道が違っているというだけ。自分もその土俵で働く必要はないのです。

“性の対象”になるリスクも理解しておいて

もちろん、何もしていなくても色気を感じる女性は存在します。そんな女性は明らかに"性の対象"に見られやすいのです。「胸が大きい」「愛嬌があって親しみやすい」「ノリが良い」……。男性がその女性を「狙いやすい」と思う理由や、勘違いをしてしまう理由はいくらでもあるでしょう。

けれど、仕事で接する相手、全く好意を持っていない男性にそんな目で見られても仕事では面倒になるだけです。仕事のストレスに加えて、面倒な色恋までが紐づいてくるのです。
上司や取引先、目上の方に色気を感じられることのリスクは、しっかりと理解しておきましょう。行きたくもない飲み会に付き合わされたり、下心を含んだ誘いを受けたり……。うまい断り文句や自分を守るためのテクニックを備えていないと、精神的な疲ればかりが生じてしまいます。

甘い誘いが飛び込んでくることもあるでしょう。そんなときこそ「うまい話には裏がある」と用心する必要があります。頑張りたい! と思っているときこそ、物事の側面を見る目を養っておかないと、危険なことがあるものです。

そもそも、失礼な話。

そもそも女、女性に対し「女を感じない」や「色気がない」をいう発言をしてしまう男性こそ、失礼であり、ハラスメントに当たります。そんなことを堂々という男性には「あなたにはデリカシーがないですね」とにっこり返してやりたいもの。冗談を言い交わすほどの仲の良い相手なら気にもなりませんが、イラッとしたり、グサッとあなたが傷つくような発言をしてくるような人には近付かないようにしましょう。

発言や、思考には癖がついています。そういった不躾な発言をしてくる人は、他でもきっと失礼なことを散々しでかしているので、相手にしない・近づかないようにし距離を取りましょう。

知って欲しい人にだけ、自分の魅力を伝えられればなんの問題でもありません。仕事を頑張るお仕事ウーマンこそ「女を感じない」「色気がない」と言われてもマイナスに捉えずに突き進みましょう。最後に、そんな発言をするようなリテラシーの低い男性がいなくなることを願って。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


タバコ好きな上司との付き合いが辛い…#これってハラスメントですか?!

タバコ好きな上司との付き合いが辛い…#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はタバコ好きな上司とのコミュニケーションについて悩んでいる人のお話です。


派遣先の環境を派遣元に相談していたら、雇止めに遭いました… #これってハラスメントですか?!

派遣先の環境を派遣元に相談していたら、雇止めに遭いました… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は派遣社員として働いていて、急な雇止めにあった方からの相談です。


みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

みなし残業は早く切り上げてはいけないの? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は「みなし残業」にまつわるこんなご相談。


事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

事務職のはずが営業まで…業務範囲外の仕事はパワハラに入る? #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、事務員として入社したにも関わらず営業までさせられている人のお話です。


内側からフェロモンアップ!?女っぷりがあがる薬膳食材

内側からフェロモンアップ!?女っぷりがあがる薬膳食材

「子どもができてから自分にかまっている余裕がなくて…」「家事に仕事に忙しくて女性性が枯れている気がする…」」そんなお悩みをここ最近よく頂きます。女性たるもの、いくつになっても女性らしさは持っていたいものですよね。 そこで今回は内側からにじみ出る色っぽさをつくる薬膳食材をご紹介します。


最新の投稿


過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去のトラウマが消えない!新しい恋に進むコツは「自分に優しく」♡

過去の恋をずっと引きずったまま……。新しい恋の気配がしても「自分なんて」と否定的な態度をとってしまったり。今度こそ運命の人と巡り合えるように、今のうちに心の中をよく整理しておきましょう。


【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

【#もちこのパンイチ 44】優しい甘味がたまらない。和風スイーツアレンジ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ 企画。今回は和スイーツの材料を使ったレシピです。和スイーツの優しい甘味は夏にもぴったりの味です。


自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

自己肯定感を高めて、人間関係を円滑にする「やめてみたこと」|お守りコスメ

情報やモノにまみれて、頭も自分の部屋の中もパンク。それを解決するには、あれこれするのではなく「やめてみる」ことにフォーカスを。当たり前に行っていた事を見直して、人間関係の構築も美肌も手に入れて。


女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

女性だって「キャリアアップしたい!」が本音。年収、職場への不満を赤裸告白

働く女性が増えたことによって、女性のキャリア観も大きく変わっている今。「キャリアアップしたい!」「バリバリ稼ぎたい!」と思っている女性はどのくらいいるものなのでしょうか? そこで今回は読者100名にアンケートを実施。今の年収や、仕事での悩みなど、赤裸々に聞いてみました。


生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

生きているだけで、辛いこともある。誹謗中傷・批判から自分の身を守る方法

SNSの主流で生まれた「個を活かす時代」。それは、芸能人ではない普通の私たちが良くも悪くも人の注目を集めるということ。時として批判的な意見に傷つけられてしまうことも少なくありません。今回は、そんな批判、誹謗中傷から自分の身を守るための大切なことをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング