ミスして立ち直れない…。凹んだ気持ちをリカバーする方法

ミスして立ち直れない…。凹んだ気持ちをリカバーする方法

やっちゃったぁ〜!仕事でミスしたとき、アナタはどんな風に気持ちをリカバーする?


人生、良いときもあれば悪いときもある。それは頭で分かっていても実際に自分が原因で誰かに迷惑をかけたり、仕事で失敗してしまうとやっぱり凹むもの…。こういうとき、すぐに気持ちを切り替えられれば良いのですが、失敗慣れしていないとけっこう引きずってしまうのですよね。そこで今回は、凹んだ気持ちを引きずらないためにすべき3つのことをご紹介いたします。

反省をしても、自分を責めることはしない

誰もが一度は失敗を経験する。だからこそ、よほど大事でない限り、人は一度や二度の失敗に対して比較的寛容にもなります。大事なのは起こってしまった出来事から何を学ぶか、です。

もう同じ失敗を繰り返さないために、自分が何を気をつけるべきか。何を対処することで、未然に失敗を防げるのか。そうした反省は自分の成長のために必要なことなので積極的に行ってください。

しかし、自分を責めることはやってはいけません。
「なんて自分はダメなやつなんだ」、「自分は何をやっても出来ない人間」と、自分で自分を責めれば責めるほど、次へのアクションが恐くなっていきます。いつものパフォーマンを取り戻すために反省はしても責めることはしないと、自分に約束をしましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

凹んだときこそ、人に優しくする

自分に自信が持てないときは、自分に関わる周りの人間すべてが敵に見えてしまうくらい孤独を感じます。つい意地を張ってしまって相手からの励ましの言葉を受け取れなかったりしていませんか?また、無関係な人に八つ当たりをしてしまうことも、きっとあるかもしれません。

そう、凹んだときは心がさらに傷つくのを恐れて、攻撃的な一面が出てきやすいです。なので、凹んでいるなと思ったら、人に優しくすることを意識しましょう。例えば電車で席をゆずるとか、コンビニで商品を受け取るときに笑顔でお礼を伝えるなど。誰かに優しくしたぶん、その優しさがアナタにも返ってきて辛い気持ちが癒されるプラスのスパイラルへと向かうはず!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

小さな成功を積み重ねる

ミスが大きければ大きいほど、気分はどん底に…。そこから一気に這い上がろうとしても、空回りに終わったことはありませんか?私自身もそういう経験があります。大きなミスをしたことで、これまで簡単にできていたことさえも出来なくってしまって、余計に落ち込むという状況でした。

しかし、ここで大切にすべきなのは一気にパフォーマンスを巻き返そうとしてはいけないということです。好調のときの自分と見比べて、早くそのポジションに戻らなくては!という焦りがさらなる失敗の原因になります。一度大きく下降したら、ひとつひとつゆっくりと調子を取り戻しましょう。

このとき、少しずつ自信をとりもどすために小さな成功体験を積み重ねると良いですよ。今日はこれができた、こういうことができた。そうした昨日よりも今日成長した自分を褒めながら一歩ずつ全身しましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

失敗をした時にこそ人間力が試される

営業成績が良いときや、たくさんの人から注目されるとき。
人は調子の良い状態の自分が「本来の自分」と、捉えることがありますが、実はその反対で人の真価は、どん底状態のときに見えてくるのです。何やってもダメだ!というときに、何をすべきかを考え的確に次へ進める人ほど、とても強い人。

ぜひ、真の強さを身につけて、ブレない大人の女性を目指していきましょう。

夢や目標が叶わない。挫折しそうになったら、したい「いつもの私」を取り戻すメニュー

https://cinq.style/articles/1084

何度チャレンジしても一向に叶う気配がない…。どんなに自信のある人でも、落ち込むときは、たくさん。今回は、挫折しそうになったら、したい「いつもの私」を取り戻すメニューをご紹介します。

上司に怒られた。マイナス思考になりがちな、キャリアウーマンのメンタル保護法

https://cinq.style/articles/416

仕事で最大限のパフォーマンスを発揮するためには強い心が必要不可欠。ストレス耐性をつけて、メンタルを強化! ポジティブ思考を身に付けて。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


頑張っているのに認めてもらえない…。会社で「評価される人」の特徴

頑張っているのに認めてもらえない…。会社で「評価される人」の特徴

周囲の環境はどんどん変わっていくいくのに、なぜか自分だけは、人に認めてもらえない。そんな人は「なぜ自分だけが?」と気になることでしょう。その場合は、もしかしたら周囲へのアピール方法を変える必要あるかも知れません。今回は、人に評価されるコツについてご紹介します。


指示待ち族からの脱却!デキるOLの仕事術

指示待ち族からの脱却!デキるOLの仕事術

いつも誰かに言われてから動く…そんな癖を直したい方へオススメする、仕事をクリエイティブにする方法をご紹介!


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


最新の投稿


毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

毛穴もくすみもシワまでも! 肌の七難を隠す“ツヤ肌”の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「ツヤ肌のつくりかた」「ツヤ肌づくりにおすすめのコスメ」について紹介します。


具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

具体的なプランニングがキモ!今より収入をアップさせるハウツーテク

風水の力も良いけれど、もっと確実に収入をアップさせる方法が知りたい!そんな時は、具体的なプランニングが必須!


【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

【情報収集を味方に!】検索力は仕事力。質の高い情報を素早く得る検索テク

質の良い情報を収集する「検索力」は仕事にとって欠かせないスキル。とはいえ、時間がかかりすぎてしまっては意味がありませんよね。今回は効率よく、情報収集するためのスキルをお教えします。


お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金は使うのが“悪”なんじゃない! お金に関するギモンQ&A

お金が貯まらない人は「浪費グセがあるからだ」と思ってはいませんか。けれど、お金が貯まらないことに理由はあれど、使うことがいけないワケではないのです。今回はお金に関するギモンについて、いくつか紹介していきたいと思います。


「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

「マウスを持つ手に、上司の手のひらが重なってきて…」 #これってハラスメントですか?!

パワハラ、セクハラ、モラハラ…。さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようす。そんな読者の悩みに答えるべく、人間関係トラブルに強い弁護士、齋藤 健博さんが答えていきます。


RANKING


>>総合人気ランキング