SNSなんて関係ない!自分らしさを取り戻すデジタルデトックス一人旅



SNSって面倒くさい!

ついチェックしちゃうけど、みているうちに何が正解か分からなくなる…。
一方的に友人に幸せ自慢をされると、どこにもぶつけられない怒りを抱えることに。
SNS疲れがあらわれはじめたら、早めに休養をとりましょう。

自分らしさを見失ったまま、日々の暮らしをしていくって大変だし、きつい!
そこで今回は、自分らしさを取り戻すデジタルデトックス一人旅をご紹介いたします。

携帯・PCから離れる時間をつくる

確認しておきたいのは、デジタルデトックスも兼ねた旅の場合は、基本的に携帯やパソコンから離れるつもりで過ごしましょう。

お仕事の関係上、ずっと切っておくのは不安でしょうから、時間を決めて電源を切るか、もしくはサイレントモードにしておくか、携帯をいつもとは違う状態にしておきます。

できれば、カメラがあるなら、スマホでは撮影せず、カメラでしっかりと旅の思い出を撮りましょう。たった数時間でも、携帯を気にせず過ごせたと思うだけで、心の調子が戻ってきます。

現地で読む本を事前に用意しておこう

現地についても一人で夜遅くまで外に出ているのは危険!
早めに帰って、特にやることがないと、つい携帯をチェックしていませんか?

携帯を触った時点で、これはデジタルデトックスを兼ねた旅ではなくなってしまいます。携帯をみる時間があるなら、本をたくさん読みましょう。

疲れていて文字を追うのが大変なら、写真が多めの雑誌や写真集、絵本を読んで、インプットの時間をつくります。寝るのが惜しいと思うなら、朝まで読書にふけるのも大人な過ごし方です。

朝風呂を楽しむ

家にいると、どうしても朝風呂を入る時間的な余裕がなく、夜にばしゃっと浴びるだけで終わっていませんか?せっかくいつもとは違う環境で過ごしているんですから、たまには、朝からお風呂に入っちゃいましょう♡

現地もしくは家から入浴剤を持っていけば、女子力も取り戻せるかもしれません。お風呂から上がってきても、部屋にお日様がさしている…。そんな光景をみただけで、一人旅に来てよかったと思えるはず!

神社やお寺に行って写経をする

SNSをみていると、いたるところで幸せ自慢。
自分が元気なら「すごいね!いいね!」と認めることができても、少しでも元気がないときは、たとえ親友であっても一方的に自慢をされたら、もやっとするものです。

もし、心がかなり乱れている状態なら、デジタルデトックスも兼ねて写経をしてみましょう。おすすめは、写経のお部屋がしっかり確保されている神社やお寺に行って、周りの空気を一切気にせず筆先だけに意識を向けます。

大体、時間は1~2時間程度。写経している間だけでは、完全に携帯の電源を切るのもあり!

SNSから離れる時間も必要♡

いかがでしたか?
SNSから離れる時間をつくらないと、要らない情報だけが蓄積されていきます。
たまにはデジタルデトックスをして、自分らしさを取り戻しましょう♡