今すぐやめて!新しい出会いを引き寄せるための「やらないリスト」

今すぐやめて!新しい出会いを引き寄せるための「やらないリスト」

新しい出会いがほしい。また恋がしたい。新しいご縁を引き寄せたいなら、まずは自分の中にスペースをつくりましょう♡


今すぐやめて♡

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新しい出会いを引き寄せるためには「スペース」が必要です。
恋の神様がギフトを置けるだけのスペースがなければ、新しい出会いは訪れません。
元彼を追いかけている状態では、もちろん余白はない状態。

新しい出会いを求めていても行動が伴っていなければ意味がありません。
そろそろ次のステージへと向かって、歩き出しませんか?
今回は、新しい出会いを引き寄せるための「やらないリスト」をご紹介いたします。

元彼に連絡をしない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

本当に新しい出会いを求めているなら、元彼への連絡をすっぱりやめましょう。
「友達として仲良くしているだけ」って、それ本当?

きっと心のどこかでは、復縁を期待しちゃっている人もいるはずです。元彼とは、どんなに綺麗な終わり方をしても、もうご縁が途切れてしまっている人。無理やり繋げようとしても、本当に運命の相手ではない限り、もう繋がりません。

つまり終わった恋に時間をかけていればいるほど、新しい出会いを得るチャンスを失うことに。新しい出会いを引き寄せたいなら、元彼への執着を手放して。

元彼のSNSをチェックしない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

元彼への連絡を断ち切るだけでは、完全に吹っ切った証拠にはなりません。
きっとちょっとした時間でSNSをチェックしては、彼の動向を確認しているでしょう。

投稿頻度が多くても、彼の行動を知ったところで元カノは何もできません。そもそも、SNSをチェックしている時間がもったいないと思いませんか?おそらく、あなたが思っているほど、彼はあなたに執着していないはず。

いつの間にか新しい彼女ができている可能性も。そろそろ本気で彼とのご縁を断ち切る決断を!

既婚女子・彼氏もち女子のSNSにツッコみを入れない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

元彼への執着を手放しても、今度は当てつけのように既婚女子や彼氏もち女子のSNSにツッコみを入れていませんか?

「このドレスは安っぽい!」「毎回の投稿にうんざりするー!」と、一人ツッコみを入れていても段々とむなしくなるでしょう。たしかに、空気を読まずに一方的にプライベートを自慢されるのは限界が来ます。

完全に独身でいたら、余計に鬱陶しく感じるでしょう。でも、そうやりたい人には、やらせておけばいいだけ。いずれ、自分に彼氏もしくは旦那ができても同じことだけはしないようにすれば、こちらが一歩大人になれるのです。

焦らない・慌てない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

新しい出会いを引き寄せるためには、ガツガツとしている状態を一度フラットに戻すことが大切です。あまりにもガツガツしていても、良縁は訪れません。ふっと肩の力が抜けたときに、雷がビビッと来るように運命的な出会いを果たすもの。

1日でも早く結婚したい、素敵な結婚式を挙げたいと思っていても、今のあなたにとって恋愛が必要のない場合は、恋の神様たちもギフトを預けてくれません。何事も焦りは禁物です♡今まで以上に、ゆったりする時間を増やして、恋愛への執着を手放しましょう♡

職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

https://cinq.style/articles/237

やならければいけないことがあっても、仕事をお願いされるとつい引き受けてしまう。断ると嫌な人って思われそう、なんて不安を抱いている人いませんか? 時にはきちんと拒否をすることも大切。相手に嫌な思いをさせない断り方を身につけましょう。

スペースをつくろう♡

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

心の余裕がない状態で、無理やり縁を引き寄せても、それは良縁とは言えません。

今、自分の胸に手を当てて、あきらかにスペースができていないなら、あえて恋愛に関して考える時間を減らす、というのも一つの方法です。

心にゆとりができたら、きっとそう遠くない未来に、素敵な人と出会えるでしょう♡

24時間自分に厳しく!運のいい人が外では絶対にやらないこと3つ

https://cinq.style/articles/1405

運のいい人は、運がよくなる習慣をよく理解しているから物事がうまく進んでいくのです。今回は運のいい人が外では絶対にやらないこと3つをご紹介します。

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


恋愛 シングル 独身

関連する投稿


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


本を読んで世界を広げる。人生を充実させる「自己啓発書」の読み方

本を読んで世界を広げる。人生を充実させる「自己啓発書」の読み方

自己啓発書には、人生を豊かにするヒントがいっぱい詰まっています。1冊を読み込んで、行動しているうちに良い流れへと変わっていくかもしれません。今回は、人生を充実させる「自己啓発書」の読み方をご紹介します。


「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

「目線」にグッとくる…。夜の営みでセクシーな眼差しを送る3つの場面|真っ赤な濡れオンナ#99

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第99回目は、セックスの最中に意識したい「目線」でエロを作る方法です。 


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

彼を責めたい…! 彼氏の隠れM心を揺さぶる問いかけとは|真っ赤な濡れオンナ#96

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第96回目は、ペンネームBOOさんのリクエスト、「男性の責め方を知りたい」というというご質問の回答です。


最新の投稿


【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

【働く女性の婚活事情】お金持ちと結婚したい。考えておきたい価値について

筆者が婚活中の働く女性からご相談を頂く中で、「お金持ちと結婚したい」というご要望をお持ちの方は非常に多いです。 同様のお考えをお持ちの方もいらっしゃるかと思われますので、一度コラムにまとめたいと思います。


SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

SNSをやっていてよかった!情報発信をすることで得られたメリット3つ|MY WORK ヒント#97

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第97回目は、SNSをやってよかったと思う時について考えます。


心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がすっと軽くなる。豊かな人生へと導いてくれる「書く魔法」の魅力

心がつらいときは「書く魔法」の力を借りませんか?書いて書いて書きまくっているうちに、いつもの自分に戻っているはずですから。


【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

【#もちこのパンイチ 19】敏感な女子に大人気! 韓国風なパンイチ

1枚の食材に様々な具材を乗せて楽しむ #もちこのパンイチ企画。今回は流行に敏感な女性に人気の韓国風なパンイチのご紹介です♪ しっかりとした味付けでランチにもおすすめです!


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


RANKING


>>総合人気ランキング