職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

職場で「NO」と言えない? 大人ならでは仕事の断り方

やならければいけないことがあっても、仕事をお願いされるとつい引き受けてしまう。断ると嫌な人って思われそう、なんて不安を抱いている人いませんか? 時にはきちんと拒否をすることも大切。相手に嫌な思いをさせない断り方を身につけましょう。


好かれようとして無理をしていない?

「みんなから好かれたい」

そう思うこともあるでしょう。人に好かれていれば進みやすい物事もあるし、それが大きな収益に結びつくこともあります。仕事上で好かれる努力をすることは、決して悪いことではありません。しかし、なんでも受け入れてしまい、断れない人間になっていませんか? 自分のスケジュールが手一杯なのに、つい頼みごとを請け負ってしまって、自分の本来の業務で大失敗をしたり。本末転倒な自体にならないようきちんと断る勇気を身につけましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「NO」と言うべき所は「NO」と言う

日本人はたとえ好かれようと意識していなくても「NO」と言えない傾向にあります。とくに問題なのは回答を先延ばしにして、相手に「YESだ!」と期待をさせてしまうパターン。回答までの時間が空いてしまうことで、余計に断りにくい状況を作ってしまいます。さらに問題なのが本当は断りたいのに期待をさせてしまっているということ。これは、相手の時間を奪っていることになるのです。優柔不断な態度で回答を長引かせてしまうことを続けていると、大抵良くない結果を生み出してしまいます。

仕事がいっぱいで断らなければいけない状態なら、すぐに答えがでているはず。きちんとその場で返事をするようにしましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

倒れる前に先手を打つ! 疲労になりやすい人の特徴とは? #話題書籍に学ぶ

https://cinq.style/articles/1039

「疲労」をあまり重要視せず、どんどん蓄積することによって倒れてしまうケースは残念ながらよくあります。自分が倒れる前に、先手を打っていきましょう。

相手を不快にさせない断りかた

勇気を持ってと言われてもどう答えれば正解なのでしょうか?
相手を不快に感じさせないよう、大人なりの嫌味ない断り方を身に着けていきましょう。

申し訳なさそうにきちんと伝える

まずは素直に事情を説明して断る方法です。周りもみんな大人なので、事情を話せば理解を示してくれるはず。ただ事情を説明するときに「今忙しいので」と伝えるのはNG。この伝え方をすると、まるで頼んでくる人が暇かのように取れてしまうこともあります。そもそもこちらも忙しいからお願いしているのに、というような嫌な気分を与えてしまうこともあります。

次に繋がる言葉を添える

仕事以外でも活用できる断り方です。今回はごめんなさい、の言葉の後に「また誘ってくださいね!」と、次に繋がる言葉を最後に添えること。これをしていれば、相手に不快な思いをさせないで断ることができます。ひと言を付け加えることで、相手が抱く印象はかなり変わっていきます。

取り掛かれる時期を伝える

今が難しくても、「明日の午後からになってしまうのですが、宜しいですか?」と予定を把握した上で時間を伝えれば、取り掛かる姿勢はあることをさりげなくアピールすることができます。当然、自分の仕事が最優先なので相手も自分の仕事を放置してまで無理をしてもらおうとは思いません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

しっかり断って印象アップ

断ることは、職場の中で「自分を守っていく」ことでもあります。自分が一番大切なのですから、見栄を張ってはいけません。素直に断るべきところは断るようにしていきましょう。

お願いをされていることは自分は頼りにされている、信頼されているからだ、と感じやすいですが、頼りになる人と頼みやすい人ではわけが違います。頼りになる人になる為には、きちんと自分の仕事の状況を把握して、お願いされている内容に対して理解があることです。気持ちが乗らないことを中途半端に引き受けないよう、ご注意を。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

仕事で断る勇気がないのなら、まずは断われない理由を考えよう♡

https://cinq.style/articles/503

断ることができない人は、断ることにどんなイメージを持っていますか? 理由を深堀りしていき、断る勇気を身に着けていこう。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

「もう無理!」から抜け出したい。限界突破するために今意識したいこと

仕事に追われ、家事に追われヘトヘトの毎日。気分転換に習い事には行っているけれど、ときどき深いため息をついてしまう……。なかなかエンジンをかけ直せずにいるなら、立ち止まって総点検を♩


友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

何もかもが上手くいかない…。スランプに陥ることは幾度となくやってくる。そんな時にこそ、口に出すべき魔法の言葉「おかげさまで」。人に感謝することで道が開けるエピソードをご紹介します。


「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、契約社員から正社員になる相談を受けた人のお話です。


記憶に残る人になりたい。脳内検索にかかる『タグ付け』される人になろう

記憶に残る人になりたい。脳内検索にかかる『タグ付け』される人になろう

たくさん並べた名刺の中に「あれ、この人どこで会ったっけ?」なんて人はいませんか? もしかしたらあなたも相手からそう思われているかも…。せっかく面識があるのなら、相手の記憶に残る人になりたい。そんなあなたに、「記憶に残る人になる」方法をお教えします。


贈り物が相手にとってストレスにならないように気をつけたいこと

贈り物が相手にとってストレスにならないように気をつけたいこと

自分は良かれと思ってギフトを贈っていたけれど……。実は相手からしてみると、負担になっているかもしれないんです。今回は、贈り物が相手にとってストレスにならないように気をつけたいことをご紹介します。


最新の投稿


名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

名刺は1枚じゃなくていい、「働き方」を増やすという発想

「働く」ということに対しての意識が変わりつつある昨今。多種多様な働き方が認められ、生かされ、根付いている。名刺は1枚じゃなくていい、型に捉われなくてもいい。自分自身の可能性に気づいてほしい、働き方の考え。


知っておくと便利!コンビニにある意外なサービスたち

知っておくと便利!コンビニにある意外なサービスたち

私たちの日常にかかせないコンビニエンスストア。お買い物以外にも便利なサービスを展開していますが、まだまだ知られていないものもたくさんありそう。知っておくと便利なコンビニにある意外なサービスをご紹介します。


転職にはマスト! キャリアアドバイザーが教える「企業研究のコツ」

転職にはマスト! キャリアアドバイザーが教える「企業研究のコツ」

就職活動同様に、転職活動を始めると必要になる「企業研究」。みなさんはどう行なっていますか? 転職活動の基本は企業研究と自己分析の2つですが、企業の情報をどうやって仕入れればわからない…と悩む人は少なくないはずです。キャリアアドバイザーに企業研究のコツを教えてもらいましょう。


香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

香りを楽しみながら本格コーヒーに挑戦!自宅で淹れるコーヒーHOWTO

心を落ち着かせながら、一杯ずつコーヒーを入れる楽しさをお届けします。今回は、自宅でドリップコーヒーを淹れる時に必要なキットについてです。


結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

結婚相手選びに活かしたい!「恋愛色彩理論」について

今回も、実際に頂いたリクエストに基づきまして、「結婚相手の選び方」について考えてみたいと思います。様々な考え方がありますが、今回はジョン・アラン・リーの提唱する「恋愛色彩理論」をもとに、ご自身と相性の良い恋愛体質の方、そして、結婚に結び付きやすい恋愛体質のパートナーについて考えてみたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング