そろそろマズい?彼氏いない歴5年以上に入ったら気をつけたいこと



彼氏いない歴5年目突入…!?

彼氏いない歴5年目が目前に迫ってきたら、あなたはどうしますか?
前回の彼氏と別れてからもう5年近くが過ぎていると思うと、若干怖い!

ずっと独身でいる覚悟があるなら問題ありませんが、いずれは結婚をし、場合によっては出産まで視野に入れているなら、そろそろ始動しないと、さすがにマズいかも!?
今回は、彼氏いない歴5年以上に入ったら気をつけたいことをご紹介いたします。

婚活をする予定はある?

そもそも、婚活をする予定は立っていますか?
彼氏いない歴5年目に入るだけあって、さすがに焦りは感じているものの、心のどこかではまだ自由な独身生活を満喫したいと思っていませんか?

今の自分が本当に求めているのは、結婚生活なのかどうかをじっくりと考えなくてはいけません。周りのペースに流されて、無理やり婚活をスタートさせるのは、あきらかに間違い!婚活は、自分が本当に必要だと思うからこそ始める意味があるのです。

今の時点でまだ結婚へのモチベーションが高まりきれていないなら、もう少しだけ時間を置いて、これからどんなライフスタイルを築きたいのかを考えましょう。あくまでも婚活をしたいなら、結婚相談所へ見学に行ったり、友人同士でプチ合コンを開いたりと、がんばってみて♡

本当に彼氏がほしいと思っている?

彼氏いない歴5年目になると、独身勢の中でも大ベテランの領域に入ります。
5年近く彼氏がいないからこそ、そろそろ焦りを感じているのかもしれませんが、逆を言えば、5年以上一人で過ごしてきたとなると、それだけおひとりさまスキルが上がっている証拠にもなります。

ひょっとすると、なかには一生独身を検討している人もいるのでは?5年目が差し掛かっている今だからこそ、改めて本当に彼氏がほしいのかを自分自身に聞いてみてください。

心のどこかで彼氏はいらない、一人でいたいと思っているのに、周りに合わせて婚活をしても、成果は追いついてきません。これからの5年をどちらの方向に舵を切りたいのかは、本人にしか分からないこと。友人たちにも相談しつつ、これからの方向性を定めて。

結婚を希望するなら本格的に婚活をスタートさせる

何度自問自答を繰り返しても、やはり結婚したい気持ちが変わらないなら、本格的に婚活をスタートさせましょう。数打てば当たるわけではなく、やはり仕事と同じく作戦と実行が必要です。

常に予定通りとはいきませんが、どんなアプローチをするか、一度頭の中で考えておくのは大切。たとえば、友人にひたすら紹介をお願いしてデートをしていく方法もあれば、結婚相談所へすべてお任せするやり方もあります。また、新たなコミュニュティを求め、スポーツやボランティアへ参加する方法も。

様々なプランを予測できるからこそ、今の自分に合ったやり方を、また理想の彼氏と出会えそうなやり方を選んで、効果的にアプローチをしましょう。

もしずっと独身だったら?

婚活しながらも、もう一つ考えたいことがあります。
それは、もしずっと独身だったらどうするかという部分を常に頭の中に入れておくことです。婚活をしても必ずしも成功するとは限りません。

結婚相手に求める理想的な条件が上がれば上がるほど、難しくはなるでしょう。万が一、しばらく婚活をしてみて、成功できなかったとき、一生独身の可能性が高まった場合、そのまま受け入れるのか、それとももう少しだけがんばるのかも、今のうちから決めておくと楽かもしれません。

彼氏いない歴5年目になってくると、独身のプロ。
どうしてもうまくいかなければ、一生独身の道も一つのライフスタイルとして検討してみてください♡

これからの5年は、どうする?

今までの5年は、どんな日々だったでしょう?
きっと彼氏がいなくても充実をしていて、あっと言う間に過ぎてきたはず。これからの5年も今まで以上にスピードが上がります。

理想のパートナーを引き寄せるためにも、もう一度作戦会議を開いておかなければ♡