センスってつまり何?スタイリストが教えるファッションセンスを磨くコツ

センスってつまり何?スタイリストが教えるファッションセンスを磨くコツ

「アナタって、センスあるね!」なんて言われるようになりたい!センスアップするにはまず何をすれば良い?


技術は経験によって磨かれていくけれど、センスを磨くのは容易ではない。それは、センスそのものに正解はないし、コレ!という定義もないからだ。だからこそ、センスがあると言われると嬉しいし、理想の女性に一歩近づいたような自信に繋がる。では、センスはどのようにしたら磨かれるのか?今回は、ファッションにおいてのセンスの磨き方をご紹介します。

コレクションの動画や写真を観まくる

流行はアパレル市場で意図的に作られていることをご存知ですか?例えば、夏に流行ったオフショルダー。皆さんは、あのスタイルが可愛くて欲しいと思うから購入したはずです。しかし、その前提としてオフショルダーは大流行するもっと前にハイブランドのコレクションで発表され、それをバイヤーやプレスが市場に落とし込んで、「これを売りだしていこう!」と戦略的に考えた上で、お店に並ぶようになっています。

つまり、流行は全てハイブランドのコレクションからヒントが生まれているのです。もちろん、コレクション用の衣装は日常で着られるものではないので、それをそのまま真似することは出来ませんが、各ブランドのコレクションを観ていくと、扱っている服の素材・柄・色やスタイルに共通のテーマを見つけられるようになっていきます。手っ取り早くセンスを自分のモノにしたいと思うならば、まずはこうしたブランドコレクションをインターネットを通してチェックしてみましょう。

60年代のシネマ女優のスタイルを参考にする

ファッションは流行り廃りがありますよね。
これがオシャレだ!と思っていても、数年後に廃れれば「ダサい」と思われてしまうのがファッションの恐いとことろ…。しかし、洋服は全てそういったトレンドで作られているわけではありません。何年、何十年経っても変わらずに美しいファッションも存在します。

その一つが1950年~60年代のシネマ女優のスタイル。分かりやすくイメージをするならば、オードリーヘップバーンや、ブリジットバルドーといった銀幕スターたちの当時のファッションスタイルは、女性らしいエレガントなスタイルで何年経っても色褪せない美しさがあります。

オシャレのセンスを磨くにはトレンドを追いかけるだけではなく、いつの時代でも変わらない美しい装いを着こなすことも大切です。こうした年代もののファッションを取り入れてみるのもセンスアップの秘訣。

街中の人の着こなしを観察

ファッションセンスを磨くための日常的な習慣として、オススメしているのが街中の人のファッションチェックをすることです。電車の待ち時間や、カフェで隣り合わせた女性の服装などをチラっと拝見し、ご自身の中で素敵な着こなしをしている人を参考にしてみましょう。

「こういう着こなしがあるのか!」という“なるほど”を増やしていくことでオシャレの幅はどんどん広がっていきますよ。慣れてきたら今度は、周りの人の着こなしを「自分だったらどんな風に着こなしたいか」と想像を繰り広げてみましょう。世の中に溢れる情報をインプットし、自分に置き換えてアウトプットをすることで、ファッションセンスはもっと高まっていくでしょう。

オシャレを楽しむ心が一番大事!

オシャレのセンスは、一朝一夕に養うことはできません。しかし、センスアップすることは決して難しいことではないのです。一日の内にどれだけファッションに触れ、どんな着こなしがあるのかを知ること。そして、その知識の上でご自身だったら、どんな着こなしを試したいのか新しい着こなしにも挑戦することが大切です。見て、触れて、着て、関心を持てば持つほど、オシャレさんになっていくもの♡ぜひ、皆さんもご自身の思い思いのファッションスタイルをつくってみてくださいね。






この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

【濃いめピンク】がキモ。大人レディに似合うピンクの作り方

女性に生まれたなら一度はピンクを思い切り着こなしてみたい!だけど、ピンクって相性の善し悪しが二極化します。そこで改めて、大人の女性に似合うピンクを分析!


はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

社会人1年目、働く女子のお悩みといえばお仕事服の許される・許されない境界線。ばっちり決まったと思っていたコーディネートが実は失敗だったときは、とても恥ずかしいものです。アイテム選びで失敗しないためにはどうすれば良い? 今回は先輩OLさんのお仕事服での失敗談をまとめてみました。


シェアをうまく利用して、もっと便利に!【ファッションレンタル編】

シェアをうまく利用して、もっと便利に!【ファッションレンタル編】

「毎日違う洋服を着ていたい!」 クローゼットを整理した後や、衣替えの季節、いつもとはちょっと違う洋服が着たいときなどに使える、オシャレが大好きな女性のためのファッションレンタルサービスをまとめてみました。


これさえ揃えればオールシーズン安心! 大人女子が揃えるべき靴の種類って

これさえ揃えればオールシーズン安心! 大人女子が揃えるべき靴の種類って

いい靴は、あなたを素敵な場所へ連れてってくれる。 大人になったからこそ揃えておきたい、上質な靴と、その種類についてご紹介。


最新の投稿


メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

メンヘラなんて言わないで!心が繊細な女性にお似合いの彼氏の特徴

心が繊細だと、自分のことながら「面倒くさい」と感じる瞬間が多々あるはず。でも運命のパートナーがすべてを受け止めてくれる人なら何も問題はないんです!


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


RANKING


>>総合人気ランキング