新しいことを始めようとしたら、周りに止められた!そんな時どうする?|MY WORK ヒント#23



あなたを想う“心配”の裏返し

これは私自身も何度か経験した事がありますが、何か新しい事を始めてみよう!と思った時に、「えー、大丈夫?難しいんじゃない?」「本当にできるの?やめといたら?」など、今までの自分を知っている人から否定的な意見をもらう時があります。特に、一緒に時間を過ごす事が多い友人や家族、パートナーなどから言われる事が多い傾向。

過去の自分を捨てて、新しいことにチャレンジしたい!と意気込んでいた矢先に、否定的なことを言われるのは、たとえ本人に悪気がなかったとしても、傷つくものですよね。初めて言われた時は、「もっと応援してよ!やる気あるのに!」とひねくれたこともありました。しかし、今になって感じる周りの否定的な意見の本質は“大切に想うからこそ、失敗した時の心配をしている”と言うことです。

つまり、ポジティブの裏返し言葉だと解釈できます。

人の心理①  知らないことは「危ない」と判断する

そして、私が感じる人の共通した2つの心理があります。まず一つ目は、人は自分の知識内で良し悪しを判断すると言うことです。これは、どれだけ自分より年上でも、年下でも関係ありません。ポイントは「知識量」です。

その人が、今まで生きてきて経験した“知識”。正解・不正解は関係なく、自分の基準で物事を考えた時に、「それは難しいから、やめておいたほうがいいんじゃない?」というアドバイスが出ます。そう、自分の過去の経験に照らし合わせた結果論なのです。

また、「本当に大丈夫なの?」とその物事の矢先を心配する意見は、その人の知識に無いことだと思います。人は、どんな小さなことでも初めての経験は不安がつきものなのです。

人の心理②  結果論で意見が変わる

上記でも少し触れましたが、人は「結果論」で意見がひっくり返ることがあります。実際に私も何度か経験しましたが、取りかかる前は「大丈夫?それって…」と否定的だったにも関わらず、トライ&エラーを繰り返しながら自分なりに答えを見つけて結果が出た後、人はこう言います。

「すごいねー、さすがだね!できると思ったよ」って。

悔しい気持ちが半分ですが、もう半分はオセロをひっくり返した時のアノ感覚です。言葉で抵抗するより、実行したあとの結果だけを見せた方が人は納得すると思います。

評論より実践者が一番強い

人の意見は「参考」にはなりますが、自分の肥やしにはなりません。それが、どれだけ親しい仲であっても。決して冷たい意味で捉えないでいただきたいのですが、自分の人生を歩む事ができるのは、たった一人。「自分」だけです。

もし、今新しく何かを始めたい!チャレンジしたい!と思う気持ちがあるならば、周りの言葉は気にせずに突き進んで欲しいと思います。あなたにとって一番の強みになるのは、実際に行動した軌跡だから。