[視野を広くもちたい!] いろんな「はたらき方」があること ラオスで出会った仕事人たち

[視野を広くもちたい!] いろんな「はたらき方」があること ラオスで出会った仕事人たち

日本でのはたらき方が全てではありません。 国が変われば、仕事やはたらき方、日常もそれぞれ違ってきます。 人気の秘境、ラオスで出会った人々から得た「仕事・はたらき方」を紹介します。


会社に属して、働くのが "普通"。 そんな風に思っていませんか。 今は副業や、フリーランスなど、いろいろな働き方が増え、注目されています。日本で感じる身近な感覚だけじゃなく、世界に視野を広げてみましょう。 学ぶこともたくさんあれば、肩の重さがすっと軽くなることもあるかもしれません。 今回はラオスで出会って人たちをピックアップ。

風船を売る仕事人に出会った

たくさんの風船を、人が集まるナイトマーケット(屋台)まで持って行って販売するお仕事です。 風船もいろんな種類がありますね。 なんと日本のキャラクターまで。

ナイトマーケットには毎日行くようですが、売れているかどうかはわかりません。 でもそれが彼にとっては、立派な仕事なのです。 仕入れて、空気を入れて、直接販売をする。 日本ではなかなかない職業ですね。

ナイトマーケットで雑貨を売るというお仕事

ラオスでは、毎日17時頃から、ナイトマーケットが開かれます。 ナイトマーケットには観光客がたくさん。 もちろん、観光客だけじゃなく地元の人たちも多く集まります。ここで販売されているのが手作りの雑貨や、Tシャツやお土産もの。 様々なお店が路上にたくさん並びます。

テントを張って販売している人もいれば、地べたにシートを張って販売している人も。 基本のんびりとしていて、ご飯を食べながらの接客も当たり前です。

お土産もの販売をする女の子にも出会った

観光名所でお土産を販売する女の子にも出会いました。 ラオスの言語はラーオ語ですが、中には英語も喋れる人も。 "売るために" 学んだのでしょうか。 ものを売ることへのまっすぐさ、仕事へにプロ意識さえも感じました。

どんな仕事でもプロ意識が必要であるということ、人に喜んでもらいたいという気持ちは同じではないでしょうか。

ボートで川を渡すというお仕事

そんな風に感じていたら、基本的にしゃべらない、こんなお仕事もありました。

ボートに人を乗せて、反対の岸に渡すのが基本です。 とってもシンプルですね。 日本と違って、どこにでも橋があるわけではありません。 生活するうえで岸を渡ることが必ず必要になる人だってたくさんいるのです。 そんな人には絶対的になくしてはならない立派なお仕事です。"交通手段"という認識が高く、日本人の考える "接客" という感覚とは違っています。

まとめ

視野を広げるといろんな環境があるということ、文化のちがいに気づきます。 考え方、仕事、はたらき方など、今持っている自分の "価値観" も変わってきます。

自分自身の成長のために働く人、お金のために働く人、プライベートを充実させるために働く人、なんとなく働いている人、働く理由も人ぞれぞれ。
生まれてきた環境、育った環境、働く環境によって考えも違うのは当たり前。 はたらき方に正解は無いということがわかります。

自分が働くことで、誰かが喜び、楽しみ、満足し、不安を解消したり、問題を解決できたり、助けられる。 その対価として報酬・お金という分かりやすい形で、お礼を受け取ることができるのです。
仕事って意外とシンプルなものだなーっと思いますね。

もっと発想を広げたい! イギリス留学で学んだ、勉強以外のコト

https://cinq.style/articles/106

留学は学びがたくさん。今まで当たり前だと思っていた事が当たり前じゃないと知るきっかけがたくさんあります。異文化に触れる経験で実際に学んだ、自分を成長させるポイントを紹介。

この記事のライター

旅行好きです、海外のいろんな仕事とか紹介します。

関連するキーワード


仕事 生活 日常 海外

関連する投稿


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


“タイムリー”な相談は気持ちがブレる原因!? 事後報告で行動するメリット|MY WORK ヒント#99

“タイムリー”な相談は気持ちがブレる原因!? 事後報告で行動するメリット|MY WORK ヒント#99

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第99回目は、相談をその都度周りにするデメリットと、事後報告のメリットを考えます。


最新の投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

気付けばあっという間に30歳目前! 30歳は精神的な“自立”、つまり人生の基礎を確立する時。そのためには20代の過ごし方が重要だといえます。そこで今回は、将来後悔しないために20代の働く女子がやっておくべきことについてご紹介します。


増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。今のうちに買いだめや大きなものの購入を済ませようとしている人も多いのではないでしょうか? 中には、消費税が10%にならないものもあります。どんなものが10%にならないのか、今のうちに買っておくべきものは一体なんなのか? しっかり知っておきましょう。


働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

いつの間にかできてしまった思い込みや偏見、思考の偏りを「バイアス」と言いますが、実はこの“バイアス”こそが自分の成長や、行動の妨げになっているかもしれません。働く女性が気づかないうちに陥りがちな、バイアスについて今回は紹介していきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング