習慣で運命が変わる!三日坊主を卒業する方法



三日坊主から卒業したい!

あれもしたい、これもしたいと考えているけれど、なかなか実現しない…。

それは頭の中で考えているだけで実行が伴っていないから。妄想するだけで満足をしていたら、夢が叶わないのは当然です。

三日坊主から卒業できないのも、きっとどこかで自分を甘やかしているから。
今回は、三日坊主を卒業する方法をご紹介します。

目標とゴールを設定する

毎回、新しいことを始めても三日坊主になるのは、もしかしたら本気で取り組もうとは思っていないのかもしれません。周りがやっているから始めてみただけだったら、続かないのは当然です。たとえば「ヨガ」は女子の間では大ブーム。

とりあえず始めてみたものの、2か月以上行けていない、という人も多いはずです。ヨガに限らず、習い事を始めてみたけれど通いきれていない、なんて話はよく聞きますね。これは、いわゆる三日坊主状態。

どんなことも最初のうちは勢いがあります。

肝心なのは、いかに長期間続けるかです。ヨガも本格的に学びたいと心から思えば、モチベーションも保てるし、ヨガの時間が本当に楽しくなります。今の時点で三日坊主になりたいなら、トレンドに染まっているだけで、本当にヨガを究めたいとは思っていないのでしょう。

まずは、本当にやりたいことなのかどうかを確認してから、目標とゴールを設定し、最終地点を明確にしておくことがポイントです。

本気で変わる意思がない!

口先だけで「自分を変えたい」と言っている人は意外と多い。「じゃぁ一緒にがんばろうよ」と言った途端に表情を曇らせ、別の話題に切り替えていませんか?

一時の感情だけで物事をスタートさせると、必ずモチベーションが下がったときに逃げ出したくなります。しかし、トップアスリートたちを見て分かるように、本気で目標を達成したい意思がなければ、三日坊主に終わるのは当然。

なかなか三日坊主から抜け出せていないなら、それはおそらく、今の自分にとって本当にやりたいことではないのでしょう。

本当にそうなりたいと思えば、必然的に行動が伴います。しかし、今は三日坊主状態。何か新しいことを始める前に、本気で自分を変えようと思うマインドが必要なのです。

「毎日15分メニュー」を大切にする

2年前からピアノを再開させ、その後に英会話とヨガを習い始めましたが、問題なのはハードワークとどう両立するかでした。ピアノも英会話もヨガも、予習・復習が必要です。特にピアノと英会話は必ず宿題が出されるため、時間を確保しなければいけません。

どの習い事もできれば「毎日触れる」ことが理想的。ヨガに関しても、毎日ストレッチやヨガをすることで身体が変化します。

そこで思いついたのは「毎日15分メニュー」。それぞれを毎日1時間ずつやろうとすると、仕事だけではなくプライベートな時間もかなりハードになってしまいます。がしかし、15分だったら話は別。

スマホをいじっている時間をすべて学びの時間に変えれば、意外と時間はつくれます。たった15分だけと思うかもしれませんが、ピアノも英会話もヨガも着実に結果が出始めていて、毎日の小さな積み重ねが運命も人生も変えるのだと実感しているところです♡

本気で変えよう、三日坊主な私。

三日坊主なことが増えれば増えるほど、自信を失います。表情も曇り、オーラもどんよりとし始めるのです。輝きを失えば、男性からも距離を置かれるのは当たり前。

仕事も恋愛もプラスの方向へ転換したいなら、まずは三日坊主を変えることから。本気で変われば、何もかもが変わりだし、人生が豊かになっていくでしょう♡