お口の中は清潔に。口臭対策もオーガニックケアアイテムで戦うべし!


読者の皆さまもご存じの通り、口の中は粘膜なので吸収しやすい場所です。
そんな吸収しやすい部分だからこそ、口に入れても安心できるものを使いたいものですよね。

あまり知られていないように感じていますが、実はオーガニックブランドから、歯磨き粉が登場しているのをご存じでしたか?
そこで今回はオーガニックブランドから登場している、歯磨き粉を3つご紹介します。

《口臭ケアに役立つ、オーガニック歯磨き粉3つ》

①Dr.Hauschka(ドクターハウシュカ)

ドイツのオーガニックブランド、ドクターハウシュカのMED ミント トゥースペイスト。
天然由来の香料としてペパーミントが配合されており、爽やかな使い心地ながら、歯ぐきを強化し、健康な口腔環境を保ってくれるのが嬉しい。
フッ素フリー、界面活性剤フリーなのもGoodです。

②made of organics(メイド オブ オーガニクス)

メイド オブ オーガニクスといえば、ホワイトニングの歯磨き粉が人気ですが、実はこちらの「ドラゴンブラッド ガムセラム ソルティ」も実力派。
ドラゴンブラッドエキスとビタミンC(カカドゥプラムエキス)配合で、歯茎を引き締めてくれる効果を期待できます。

塩味のジェルタイプで癖がないので、ミントが苦手だという方にもオススメです。

③auromere(オーロメア)

インドの生活に根付いているアーユルヴェーダ。
その考えを基に作られた歯磨き粉が『auromere(オーロメア)』です。

20種類以上のハーブとスパイス配合で口の中の環境を整えてくれます。
またフッ素不使用、ラウリル硫酸Na不使用、遺伝子組み換え原料不使用、合成色素不使用、人工甘味料不使用、パラベン不使用、グルテン不使用、動物実験も行なっていないという、8つの約束を掲げているから安心して使えますね。

《お口の中の健康は今からつくる》

いまは歯科矯正で健康な歯でさえ、簡単に抜いたりしてしまう時代。
しかし年齢を重ねていく過程で、健康な歯があることの大切さを今一度考えなければならないと思います。

これから素敵に歳をとるためにも、自分の歯を大切にケアしてあげてみてはいかがでしょうか?