都会ほど結婚に焦りを感じている…? 都会と地方の結婚事情の違い

都会ほど結婚に焦りを感じている…? 都会と地方の結婚事情の違い

晩婚で、子どもを持つのも遅いイメージが定着している都会に比べて、地方は結婚が早く出産年齢も若いといったイメージは本当? 「都会と地方の結婚事情の違い」についての調査データをチェックして。


結婚は地方は早く、都会だと遅い...?

都会は晩婚で子どもを持つのも遅い。
一方、地方は結婚が早く出産年齢も若い、といったイメージが私たちの中では定着していませんか?

実際に、国立社会保障・人口問題研究所による2010年の統計結果を見ても、初婚年齢が最も若い、宮崎県で男性が29.61歳、女性が28.82歳なのに対して、東京では男性が32.12歳、女性が30.62歳と、2歳前後の開きが生まれています。

地域によって結婚や出産の時期に違いがあるのであれば、結婚や出産の年齢に対する考え方も変わってくるのでしょうか?

そこで、婚活支援サービス パートナーエージェントは、25~39歳の男女1,900人に対して「都会と地方の結婚事情の違い」に関するアンケート調査を実施。結婚に焦りを感じたことがあるかどうかについてを、住んでいる地域ごとに調査しました。気になる結果を見ていきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

都会に住んでいる人の45.6%が「結婚に焦りを感じたことがある」

今まで結婚に対して焦りを感じたことがあるかどうかについて答えてもらい、回答者の現在住んでいる地域[都会 / 地方(都市部) / 地方(農村部)]ごとにそれぞれ集計した結果がこちらです。

結婚に対して焦りを感じたことが「ある」、または「どちらかといえばある」と回答した人は、都会では45.6%と、地方(農村部)の39.0%に比べて6.6ポイント高い結果となりました。

都会に住んでいる人には、晩婚化が進んでいるという認識が広がっているからでしょうか。一方で、のどかで落ち着いた農村部に住む方々は全く焦りを感じていないといった人も。

地方は10代から結婚を意識

先ほどの設問で「結婚に焦りを感じたことがある」と回答した人に、結婚を意識し始めた時期と、結婚を焦り始めた時期についてを答えてもらった結果です。

10代で結婚を意識し始めた人の割合は、都会が3.9%であるのに対し、地方(農村部)は7.5ポイント高い11.4%という結果が出ています。地方、特に農村部では、都会に比べて早い時期から結婚について考える人が多いようです。

意識だけではなく、結婚に焦りを感じ始めた時期についても同じく、地方(農村部)では10代から焦りを感じている人が6.8%と他の地域に比べて高い結果に。

しかし、20代に入ると都会に住む人の方が焦りを感じやすくなるのか、20代後半までに範囲を広げると、結婚に焦りを感じ始めた人の割合は都会が最も高く72.3%になりました。

地方(農村部)は結婚ラッシュも早い!

 「近ごろ結婚式の二次会に呼ばれる機会が増えた」「出産報告をよく聞くようになった」など、周囲に結婚や出産のラッシュが来たと感じることがあります。そういった周囲の結婚ラッシュ、出産ラッシュを感じる時期に、住んでいる地域による違いはあるのでしょうか。

20代前半までに周囲の結婚ラッシュを感じたと回答した人は、都会で21.0%、地方(農村部)では8.5ポイント高い29.5%でした。また、全体的に見ても地方(農村部)の方が結婚ラッシュが早い傾向にあることが分かります。

親から「結婚するつもりはあるのか?」都会では51.3%も

地方から都会へ出て1人暮らしをしていると、親元や地元から離れている分、結婚や子どもについて親や親戚からいろいろと言われる機会は少ないと思われがちですが、実際にはどうなのでしょう?

親や親戚などの周囲の人に、結婚や出産について何か言われたことはあるかどうか、聞いてみました。

その結果、「言われたことがある」と答えた割合は、ほとんどの項目で都会に住んでいる人の方が高い数字に。特に「結婚するつもりはあるのか聞かれたことがある」と「子どもが欲しいと思っているか聞かれたことがある」は地方と比べると大きく差があるようです。

地方(農村部)に比べて、都会に住んでいる人の方が、親や親戚などの周囲の人に結婚や出産について聞かれることが多いことがわかります。
晩婚化が進んでいる都会で過ごす肉親に、心配する両親・親戚の声がより多く集まるのでしょう。

まとめ

今回の調査結果から、都会に住んでいる人の方が、地方に住んでいる人よりも、結婚や出産に対して焦りを感じてしまう傾向にあることが分かりました。

その背景には、地方よりも都会の方が結婚年齢が高く、また出産も遅いという実情があることがわかります。都会に住んでいる人ほど、親や親戚などの周囲の人から結婚や出産について聞かれることが多く、その分プレッシャーも感じてしまう…といった要因があるのかもしれません。また出会う人の人数も多いため、ついつい結婚を意識することが遅れてしまう、といった声も。

だからと言って焦りすぎる必要はありません。結婚も出産も大切なライフイベント。気持ちに余裕を持って向き合うことが大切です。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

結婚相談所・結婚情報ならパートナーエージェント

https://www.p-a.jp/

結婚相談所・結婚情報サービスならパートナーエージェント公式サイト。婚活を全面的にサポートする専任のコンシェルジュがあなたのパートナーを探します。北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、群馬、静岡、愛知、岐阜、京都、奈良、大阪、兵庫、広島、福岡に展開。






この記事のライター

Cinq(サンク)-よくばり女子のはたらきかた-

関連するキーワード


婚活 結婚 調査

関連する投稿


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


同棲して初めて分かる!旦那さんには向いていない彼氏の特徴

同棲して初めて分かる!旦那さんには向いていない彼氏の特徴

同棲してみないと分からない「事実」が、実はたくさんあります。一緒に暮らしてようやく分かった彼の本当の顔に戸惑っていませんか? 旦那さんに向いていない彼と無理やりゴールインするのは、かなり危険…!?


やりがいにも繋がる! みんなの仕事が楽しいと思う瞬間はどんなとき?

やりがいにも繋がる! みんなの仕事が楽しいと思う瞬間はどんなとき?

みなさんは今やっている仕事が楽しいですか? 人生のうちの1/3の時間を占める仕事。楽しいと思えたら最高ですよね。「仕事が楽しいと思う瞬間」についてアンケート調査を実施。どれくらいの割合が仕事に満足感を得ているのか、調査結果を見ていきましょう。


仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きで最優先、でも結婚はしたい「複雑なキモチ」の整え方

仕事が好きだから、一生懸命頑張っている。でも、ときどき揺らいでは何が答えなのか分からなくなっているのでは?結婚したくなるその気持ちも、自分の一部なのです。少しずつ絡まった糸をほどき、整理整頓を始めましょう。


本当にその人で大丈夫?付き合っても幸せになれない男性の特徴

本当にその人で大丈夫?付き合っても幸せになれない男性の特徴

今の彼は本当にあなたを幸せにしてくれる人?今の時点で見極めておかないと、数年後になってから後悔しても遅いかも…。


最新の投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

ほんとにあった怖い話!既婚者男子が独身女子に送る好意的なLINE3選

結婚しているはずなのに、定期的に連絡してくる彼。あきらかに好意を寄せているのはすぐに分かること。ついついイラっとしちゃいませんか?


仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か、後悔しない人生を選ぶためのじぶん会議

仕事か結婚か…中途半端な状態にならないようにと今、必死に悩んでいるのでは?どちらも選ぶ方向ももちろんまだ考えられるでしょう。後悔しない道のりを選ぶことが、きっと明るい未来に繋がります。


【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

【中医学】冬は落ち込みやすい時期?冬の落ち込みを減らすために意識したい3つのこと

冬になると気持ちが滅入ってしまってご自身を責める方も多いのでは?でも、それは自然なこと。なぜなら、薬膳の世界では冬は落ち込みやすい時期だと決まっているからです。


コロナ禍の恋愛は難しい!出会いがない今シングル女子が考えておきたいこと

コロナ禍の恋愛は難しい!出会いがない今シングル女子が考えておきたいこと

コロナ禍でも、できれば彼氏がほしいし、そろそろシングルは卒業したい……。でも現実は再び流行の兆しがみえている状態。今は無理せず、できることを楽しみましょう!


RANKING


>>総合人気ランキング