メモを取って終わりにしない。時間が経っても理解ができるメモにする方法 #話題書籍に学ぶ

メモを取って終わりにしない。時間が経っても理解ができるメモにする方法 #話題書籍に学ぶ

自分で書いたメモは後から見ても理解できますか? 理解できず、捨ててしまってはもったいない。せっかく書いたのですから、見返したくなるような、意味のあるメモにしていきましょう。


なんのためにメモをとる?

「何のためにメモを書きますか?」

そう聞かれると「聞いたことを忘れないようにするため」と答えるのが一般的でしょうか。ですが、それだけではメモの本当の効果を発揮させていません。

本当の効果とは何か?
それは、考えるきっかけをつくることです。
メモには鮮度があり、それは放置すればするほど徐々に腐っていってしまいます。結果や、情報だけを書き残しただけでは、時間が経過すると何が書いてあるのか理解できない、ただの落書きになってしまうのです。

なので仕入れた情報には"加工"を施し、後で見返しても理解できるようにすることが正しいメモです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

未来への自分に教えるメモって?

"覚えていない"前提でメモを残すこと

後から見返しても理解ができる「未来への自分」に教えるために、どういったメモを取ればいいのか? つまり、考えるとっかかりを残すことがメモには重要です。

まず、メモを書くときに、未来の自分は"イマ"のことをほとんど覚えていないと思っておいてよいでしょう。「あの時、何かを覚えたつもりだったのに…」と、思い出すうちはまだ良いですが、忘れたことすら忘れてしまうのが私たちなのです。

「こう書いておけば、自分は理解できるだろう」と推測をしながら、メモに書き足してみてください。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

要点は自分の言葉でまとめる

また、聞いたことをただ書くだけでは何が大事だったのかが解読することができません。学校のノートのように、黒板に書いてあったものをそのまま書くのではなく、要点を自分の言葉でわかりやすくまとめることが必要なのです。

大事なポイントは「〇」をつける

大事な部分には、メモに「〇」をつけて、未来への自分に教えてあげるとわかりやすくなります。

ポイントをわかりやすくしていると、後から見返したときに重要なポイントにすぐ目線がいきます。ただ、「〇」の数は3つに留めておくと良いでしょう。あれもこれも大切だからと「〇」をつけすぎると、結局どれが重要なのかわからなくなってしまいます。

また、すでに文書になっているものは元の文章を見ればわかるので、どこかに書いてあることには「〇」をつける必要はありません。自分が後で調べる必要のあることなど、書いておかないと忘れそうなことにつけておくのがオススメです。

特に、疑問点に「〇」をつけると、未来の自分が考えるきっかけになります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

矢印を書いて順序をわかりやすくする

メモを書きすぎてどういう順番で読んでいけばいいかわからないときに、活用したいのが矢印です。
「→」で目的や繋がりをはっきりさせることで素早く情報を読み取ることができます。

また自分だけではなく、他人が読んでも理解することができて、見やすいメモになります。

日付をつけることで、価値のあるメモになる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

基本的なことですが、普段何気なくメモに日付を入れている人は少なくはないはず。実はこの何気ない、日付を入れるという行為で、時間が経過しても価値のあるメモへと進化します。

過去に書き残したものを、時間が経てば思い起こせる「情報との再会」が起きます。たとえば、何かいいアイデアないかな?と思ったときに、昨年同じ日時前後に書いたメモをパラパラと見返す。「こんな仕事やっていたな」・「これは面白い」と思いながら探ることができます。

同じ季節、同じ温度、同じ行事で感じた情報に再び出会うことで、過去に書いたものが無駄にならず、未来へ役立てる価値あるメモになるのです。

書いただけで満足してはいけない

ただメモを取っただけで満足してはもったいないこと。見返しても理解できないのならば、そもそも取る意味がありません。

メモとは未来への自分に伝えるメッセージです。殴り書きを清書にする必要はありませんが、役に立つ書き方を意識しましょう!

参考文献

小西 利行(2016)『すごいメモ』かんき出版

チェックする

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

職業選択をする時に、「自分の適正を知りたい」と思う人は多いはずです。自分の性格を可視化して、向いている・向いていない仕事を割り振るのに参考になるからです。今回は、人気のある診断ツールを紹介。自分をもっと深く知りたいと思う人は、ぜひチェックしてみてください。


【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

【オフィス綺麗化】汚デスク卒業! デスク整理術を身に着け作業効率アップ

ついつい散らかりやすいデスク。 だけどデスクの上が汚いと仕事もはかどらないし、ミスが増えてしまう可能性も。何よりも、社内メンバーからのイメージダウンも気になるポイントです。片付けが苦手な人向けに、簡単にできるデスクの整理術をご紹介。これであなたも整理整頓のできる働き女子に。


本を読んで世界を広げる。人生を充実させる「自己啓発書」の読み方

本を読んで世界を広げる。人生を充実させる「自己啓発書」の読み方

自己啓発書には、人生を豊かにするヒントがいっぱい詰まっています。1冊を読み込んで、行動しているうちに良い流れへと変わっていくかもしれません。今回は、人生を充実させる「自己啓発書」の読み方をご紹介します。


【働く女子の手帳活用術!】仕事もプライベートも充実させる手帳の選び方

【働く女子の手帳活用術!】仕事もプライベートも充実させる手帳の選び方

多くの人がスケジュールの管理として使用している「手帳」。 いつも持ち歩くアイテムだからこそ、時間の管理や把握だけでなく、自分のモチベーションを上げたり、生活を豊かにしてくれる活用法があったら嬉しいですよね。今回は働く女子のための賢い手帳活用法をご紹介! 


頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

頭の良さは関係ない!「仕事ができない人」と圧倒的に差をつける5つの能力

仕事がデキる人の評価が高くなるのは「学歴(頭)が良いから」ではありません。スタート地点が同じだったのであれば、それらの生まれ持った性質に、たいして差はないからです。では、仕事がデキる! と認められる人は、どういった能力を兼ね備えているのでしょうか?


最新の投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

気付けばあっという間に30歳目前! 30歳は精神的な“自立”、つまり人生の基礎を確立する時。そのためには20代の過ごし方が重要だといえます。そこで今回は、将来後悔しないために20代の働く女子がやっておくべきことについてご紹介します。


増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。今のうちに買いだめや大きなものの購入を済ませようとしている人も多いのではないでしょうか? 中には、消費税が10%にならないものもあります。どんなものが10%にならないのか、今のうちに買っておくべきものは一体なんなのか? しっかり知っておきましょう。


働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

いつの間にかできてしまった思い込みや偏見、思考の偏りを「バイアス」と言いますが、実はこの“バイアス”こそが自分の成長や、行動の妨げになっているかもしれません。働く女性が気づかないうちに陥りがちな、バイアスについて今回は紹介していきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング