メモを取って終わりにしない。時間が経っても理解ができるメモにする方法 #話題書籍に学ぶ

メモを取って終わりにしない。時間が経っても理解ができるメモにする方法 #話題書籍に学ぶ

自分で書いたメモは後から見ても理解できますか? 理解できず、捨ててしまってはもったいない。せっかく書いたのですから、見返したくなるような、意味のあるメモにしていきましょう。


なんのためにメモをとる?

「何のためにメモを書きますか?」

そう聞かれると「聞いたことを忘れないようにするため」と答えるのが一般的でしょうか。ですが、それだけではメモの本当の効果を発揮させていません。

本当の効果とは何か?
それは、考えるきっかけをつくることです。
メモには鮮度があり、それは放置すればするほど徐々に腐っていってしまいます。結果や、情報だけを書き残しただけでは、時間が経過すると何が書いてあるのか理解できない、ただの落書きになってしまうのです。

なので仕入れた情報には"加工"を施し、後で見返しても理解できるようにすることが正しいメモです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

未来への自分に教えるメモって?

"覚えていない"前提でメモを残すこと

後から見返しても理解ができる「未来への自分」に教えるために、どういったメモを取ればいいのか? つまり、考えるとっかかりを残すことがメモには重要です。

まず、メモを書くときに、未来の自分は"イマ"のことをほとんど覚えていないと思っておいてよいでしょう。「あの時、何かを覚えたつもりだったのに…」と、思い出すうちはまだ良いですが、忘れたことすら忘れてしまうのが私たちなのです。

「こう書いておけば、自分は理解できるだろう」と推測をしながら、メモに書き足してみてください。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

要点は自分の言葉でまとめる

また、聞いたことをただ書くだけでは何が大事だったのかが解読することができません。学校のノートのように、黒板に書いてあったものをそのまま書くのではなく、要点を自分の言葉でわかりやすくまとめることが必要なのです。

大事なポイントは「〇」をつける

大事な部分には、メモに「〇」をつけて、未来への自分に教えてあげるとわかりやすくなります。

ポイントをわかりやすくしていると、後から見返したときに重要なポイントにすぐ目線がいきます。ただ、「〇」の数は3つに留めておくと良いでしょう。あれもこれも大切だからと「〇」をつけすぎると、結局どれが重要なのかわからなくなってしまいます。

また、すでに文書になっているものは元の文章を見ればわかるので、どこかに書いてあることには「〇」をつける必要はありません。自分が後で調べる必要のあることなど、書いておかないと忘れそうなことにつけておくのがオススメです。

特に、疑問点に「〇」をつけると、未来の自分が考えるきっかけになります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

矢印を書いて順序をわかりやすくする

メモを書きすぎてどういう順番で読んでいけばいいかわからないときに、活用したいのが矢印です。
「→」で目的や繋がりをはっきりさせることで素早く情報を読み取ることができます。

また自分だけではなく、他人が読んでも理解することができて、見やすいメモになります。

日付をつけることで、価値のあるメモになる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

基本的なことですが、普段何気なくメモに日付を入れている人は少なくはないはず。実はこの何気ない、日付を入れるという行為で、時間が経過しても価値のあるメモへと進化します。

過去に書き残したものを、時間が経てば思い起こせる「情報との再会」が起きます。たとえば、何かいいアイデアないかな?と思ったときに、昨年同じ日時前後に書いたメモをパラパラと見返す。「こんな仕事やっていたな」・「これは面白い」と思いながら探ることができます。

同じ季節、同じ温度、同じ行事で感じた情報に再び出会うことで、過去に書いたものが無駄にならず、未来へ役立てる価値あるメモになるのです。

書いただけで満足してはいけない

ただメモを取っただけで満足してはもったいないこと。見返しても理解できないのならば、そもそも取る意味がありません。

メモとは未来への自分に伝えるメッセージです。殴り書きを清書にする必要はありませんが、役に立つ書き方を意識しましょう!

参考文献

小西 利行(2016)『すごいメモ』かんき出版

チェックする

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連するキーワード


スキルアップ 効率化

関連する投稿


制度や手当を簡単に理解しよう! 求職者に関する支援制度って?

制度や手当を簡単に理解しよう! 求職者に関する支援制度って?

制度や手当に関する知識は、多ければ多いほど良い。今回は、求職者に関する制度や手当についてを紹介します。フリーランスや自営業の方も、再就職を考えている方には必ず知っておいてほしい制度です。


デキる女は“気遣い”が違う!思いやりの一言で意見を通す

デキる女は“気遣い”が違う!思いやりの一言で意見を通す

人と違う意見を持つことは素晴らしいこと。でも、協調性を求める日本人の特性からかつい【右にならえ】の精神が邪魔をしてしまいませんか?そこで今回は、周りとも調和しながら上手に自分の意見を伝える方法をご紹介します。


仕事にもダイエットにも。ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ導く

仕事にもダイエットにも。ウィルパワー(意志力)マネジメントで目標達成へ導く

「ウィルパワー」という言葉を聞いたことはありますか? ウィルパワーとは簡単にいうと“意志力”のことを指します。簡単に言うと、目標に向かって集中できることのできる力、のことです。ダイエットにも仕事にも、何かを成し遂げたいという目標がある方にはこの“意志力”が欠かせません。


新しい時代とともに新しい私へ。平成最後の冬に振り返っておきたいこと

新しい時代とともに新しい私へ。平成最後の冬に振り返っておきたいこと

「平成」も、あと少しで終わり。新しい時代とともに、成長できるよう今から準備を進めておきましょう。


頭の良さとは別物。 今こそ伸ばしたい『地頭力』の鍛え方

頭の良さとは別物。 今こそ伸ばしたい『地頭力』の鍛え方

学生の頃は、勉強すれば良いというか、それが正しいと思っていた。でも、実際に社会に出てみて思うのは学生で学んだ勉学が、そのまま社会で活きることのほうが稀だということ。そう、私たちが本当に必要としていたのは勉強そのものではなく、『地頭力』だったのです。今回は、大人から始めても間に合う!地頭力の鍛え方についてご紹介します。


最新の投稿


7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第66回目は、一人暮らし経験から学んだことです。


季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

季節を感じるメニュー! クリスマスシーズンに受けたい1DAYレッスン

習い事にも季節感を取り入れてみてはいかがでしょうか? ホリデーシーズンの12月は、クリスマスらしいものを作るとすごく楽しそうですね♪ 「普段通っている教室が特にない」という方も大丈夫! 単発で申し込みができる1DAYレッスンなら、気軽に参加することができますよ。今回はカテゴリー別におすすめのレッスンをご紹介します♡


「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

「若いから」では通じない。上質な大人になるために身に着けておくこと

素敵な大人の女性に出会うと「いつか私もああなりたい...」と憧れもつことがあります。しかし、ただ年齢を重ねるだけであれば、素敵な大人の女性にはなれません。上質な大人になるためには、3つのポイントをしっかり身に着けておくことが大事なのです。


勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

勘違いさせない。恋愛感情を持たれたくない男性との上手な付き合い方

出会いが増えると、親しくなりたいと思う人以外からも好意を寄せられることがあります。働く女性にとっては、下心を持った男性の出現は避けられないものなのかもしれません。けれども、そういった面倒事を増やさないためにも、男性に変な勘違いをされない予防策をあらかじめ練っておきましょう。


職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

職場環境が悪いと作業効率がダウン。心地よいオフィス環境を作るには

あなたが普段過ごしている職場は、快適な環境であると堂々と言うことができますか? 1日の大半を職場で過ごす人にとって、オフィス環境の改善は常に欠かせないもの。これまでいくつものオフィスにお邪魔してきたからこそ分かる、「快適なオフィス作り」をまとめました。


RANKING


>>総合人気ランキング