メモを取って終わりにしない。時間が経っても理解ができるメモにする方法 #話題書籍にまなぶ

メモを取って終わりにしない。時間が経っても理解ができるメモにする方法 #話題書籍にまなぶ

自分で書いたメモは後から見ても理解できますか? 理解できず、捨ててしまってはもったいない。せっかく書いたのですから、見返したくなるような、意味のあるメモにしていきましょう。


なんのためにメモをとる?

「何のためにメモを書きますか?」

そう聞かれると「聞いたことを忘れないようにするため」と答えるのが一般的でしょうか。ですが、それだけではメモの本当の効果を発揮させていません。

本当の効果とは何か?
それは、考えるきっかけをつくることです。
メモには鮮度があり、それは放置すればするほど徐々に腐っていってしまいます。結果や、情報だけを書き残しただけでは、時間が経過すると何が書いてあるのか理解できない、ただの落書きになってしまうのです。

なので仕入れた情報には"加工"を施し、後で見返しても理解できるようにすることが正しいメモです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

未来への自分に教えるメモって?

"覚えていない"前提でメモを残すこと

後から見返しても理解ができる「未来への自分」に教えるために、どういったメモを取ればいいのか? つまり、考えるとっかかりを残すことがメモには重要です。

まず、メモを書くときに、未来の自分は"イマ"のことをほとんど覚えていないと思っておいてよいでしょう。「あの時、何かを覚えたつもりだったのに…」と、思い出すうちはまだ良いですが、忘れたことすら忘れてしまうのが私たちなのです。

「こう書いておけば、自分は理解できるだろう」と推測をしながら、メモに書き足してみてください。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

要点は自分の言葉でまとめる

また、聞いたことをただ書くだけでは何が大事だったのかが解読することができません。学校のノートのように、黒板に書いてあったものをそのまま書くのではなく、要点を自分の言葉でわかりやすくまとめることが必要なのです。

大事なポイントは「〇」をつける

大事な部分には、メモに「〇」をつけて、未来への自分に教えてあげるとわかりやすくなります。

ポイントをわかりやすくしていると、後から見返したときに重要なポイントにすぐ目線がいきます。ただ、「〇」の数は3つに留めておくと良いでしょう。あれもこれも大切だからと「〇」をつけすぎると、結局どれが重要なのかわからなくなってしまいます。

また、すでに文書になっているものは元の文章を見ればわかるので、どこかに書いてあることには「〇」をつける必要はありません。自分が後で調べる必要のあることなど、書いておかないと忘れそうなことにつけておくのがオススメです。

特に、疑問点に「〇」をつけると、未来の自分が考えるきっかけになります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

矢印を書いて順序をわかりやすくする

メモを書きすぎてどういう順番で読んでいけばいいかわからないときに、活用したいのが矢印です。
「→」で目的や繋がりをはっきりさせることで素早く情報を読み取ることができます。

また自分だけではなく、他人が読んでも理解することができて、見やすいメモになります。

日付をつけることで、価値のあるメモになる

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

基本的なことですが、普段何気なくメモに日付を入れている人は少なくはないはず。実はこの何気ない、日付を入れるという行為で、時間が経過しても価値のあるメモへと進化します。

過去に書き残したものを、時間が経てば思い起こせる「情報との再会」が起きます。たとえば、何かいいアイデアないかな?と思ったときに、昨年同じ日時前後に書いたメモをパラパラと見返す。「こんな仕事やっていたな」・「これは面白い」と思いながら探ることができます。

同じ季節、同じ温度、同じ行事で感じた情報に再び出会うことで、過去に書いたものが無駄にならず、未来へ役立てる価値あるメモになるのです。

書いただけで満足してはいけない

ただメモを取っただけで満足してはもったいないこと。見返しても理解できないのならば、そもそも取る意味がありません。

メモとは未来への自分に伝えるメッセージです。殴り書きを清書にする必要はありませんが、役に立つ書き方を意識しましょう!

参考文献

小西 利行(2016)『すごいメモ』かんき出版

チェックする

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


催促メールはどう書けばいい? 角が立たないメールの送り方とは

催促メールはどう書けばいい? 角が立たないメールの送り方とは

ビジネスシーンでは言いにくいお願いや催促を伝えなければならないこともあります。相手に失礼がない催促メールの送りかたを知っておきましょう。


相手をやる気にさせる「ペップトーク」を身に着けよう #話題書籍から学ぶ

相手をやる気にさせる「ペップトーク」を身に着けよう #話題書籍から学ぶ

仕事で大きな仕事に取り掛かるとき、自分自身で気合いを入れることがあると思いますが、誰かに応援されると、よりパワーを発揮できることってありますよね。それが「ペップトーク」の力です。これをマスターして、たくさんの人をやる気にさせていきましょう!


大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

大人になるにつれて"学び直し"がしたくなる。「リカレント教育」で新しいキャリアを作る

長く働き続けるためには、"学び"を得ることを必要とされています。そこで注目されつつある「リカレント教育」の必要性と課題について考えてみました。


倒れる前に先手を打つ! 疲労になりやすい人の特徴とは? #話題書籍に学ぶ

倒れる前に先手を打つ! 疲労になりやすい人の特徴とは? #話題書籍に学ぶ

「疲労」をあまり重要視せず、どんどん蓄積することによって倒れてしまうケースは残念ながらよくあります。自分が倒れる前に、先手を打っていきましょう。


仕事を“分散”してリスクヘッジ!収入源を守るための裏側HowTo|MY WORK ヒント#30

仕事を“分散”してリスクヘッジ!収入源を守るための裏側HowTo|MY WORK ヒント#30

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第30回目は、個人で活動していく時に注意したい、仕事の分散についてです。


最新の投稿


うまく自分の意見が言えない…スムーズに自分の意見を引き出す方法

うまく自分の意見が言えない…スムーズに自分の意見を引き出す方法

いざ、意見を求められたときにアナタの発言力が試される...!スマートな対応ができる大人になるための発言スキルを高める習慣法をご紹介


浪費家から一転!物欲が劇的になくなった、たった一つの習慣方法

浪費家から一転!物欲が劇的になくなった、たった一つの習慣方法

つい買い物が楽しくって、買いすぎちゃう...!そんな浪費グセを直すための習慣とは?


平均1日9回、人生に換算すると153日。探しモノをなくすための工夫とは

平均1日9回、人生に換算すると153日。探しモノをなくすための工夫とは

イギリスにある保険会社が発表した調査結果によると、人が探しものをする回数は、1日なんと平均9回。そしてこれを人生という時間に換算すると、どうやら153日もの時間を私たちはモノ探しに費やしているのだとか。ふとした時だから気づかない、けれど実はこれってすごく勿体のない時間。探しモノをなくすための工夫を考えましょう。


お仕事終わりに習い事♡ 清楚を極めたお上品コーデ

お仕事終わりに習い事♡ 清楚を極めたお上品コーデ

お仕事終わりに習い事がある日。自分のスキルアップを目標に、上品なファッションでお出かけを。


引き際も大事。恋のピリオドを打つべきタイミング

引き際も大事。恋のピリオドを打つべきタイミング

恋の終わりを感じたら...。潔く身を引くべき?それともすがり続ければいつかは...?恋のピリオドを打つタイミングについてご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング