友人関係の付き合いが面倒に感じる時。どう対処したらいい?

友人関係の付き合いが面倒に感じる時。どう対処したらいい?

何か特別な理由があったわけじゃないけれど、なぜか友達と連絡を取るのが急に億劫になったり、付き合うのが面倒に感じたりする時ってありませんか? この原因、そして対処法について考えます。


なんだかちょっと、離れたい…

嫌いになったわけじゃないけれど、なぜかちょっと距離を置きたくなったり、ふとした時に面倒だと感じてしまう友人関係に悩んだことはありませんか。

LINEの返信を返すのが面倒くさく感じたり、Twitterやinstagram、Facebookなどソーシャルメディアでの発信も、まるで自分をチェックされているみたいに感じてしまったり、飲みの誘いに行くのも憂鬱…なんて。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

全てが、「だったらやらなきゃ(行かなきゃ)いいじゃん」の一言で片付けられてしまえばそれで終わってしまう話なんだけど、これって常になわけじゃなくて今だけだから、なんて。

居なくていいわけじゃない、なのになぜか時々やってくる友達付き合いへの面倒な感情。どうして、こんな気持ちになるのでしょう。今回はその原因と対処法について考えます。自分がどれに当てはまるのか、ぜひチェックしてみてくださいね。

【1】そもそも、人付き合いが苦手なのかも

友人はいるけれど、そもそもたくさんの人と交流を持つことが苦手だという人は多くいます。最近では、メッセージを介して人と繋がることも多く、リアルなコミュニケーションよりもオフラインの交流がメインになっている、といった人も。

自分のペースを乱されたくないからこそ、同じ空気感や趣味を共有できる人とのみオンラインで交流を持ち、それ以外の人はオフラインで済ませてしまう、といったように。コミュニケーション方法も多様化しているので、人によって"仕分け"をしてしまうこともあり、余計に疲れを感じてしまうのかもしれません。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

【2】自分のことを知られることに抵抗がある

リアルなコミュニケーションでは、まずお互いのことを知ることから始まります。相手のことを知るのはもちろん、自分のことも。そこで、自分をさらけ出すことが苦手だという方も居ることでしょう。
たとえ親しくなった相手でも、線引きが必要になることもあります。親しい友人だからといって、プライベートなことまでずかずかと土足で入ってこられるのは少し嫌だ、と感じますよね。友人関係に疲れを感じているときは、そのようにパーソナルスペースを侵害されているような気がしたときかもしれません。

【3】"共通"が増えすぎた

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

人間関係というのは、年齢と共に蓄積されていきますが、そこで共通の知人が出てくることは多々あります。

思ったよりも、世間は狭く、きっかけは多いもの。共通の知り合いが増えることによって「自分がどう思われるか」「こう言われているかもしれない」といった"他人から見た自分"を気にするようになり、不自然な自分に違和感を感じたり。無意識のうちに作り上げた"良い人像の自分"と葛藤することもあります。

【4】他にやりたい(やらなきゃいけない)ことがある

ただ単純に、他にもっと熱中するべきことがあるからこそ、友達の集まりはいつでもいいと疎かになることもあります。
それは恋人だったり、仕事だったりと様々ですが、常に友達とずっと変わらない付き合い継続するのは意外と難しいもの。付き合う人というものも、常に流動的に変わっている可能性もあるのです。他に集中しているときは、友達はつい後回しになってしまうもの。

【5】自分でも気づかないうちに気を遣っている

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

実際に人と会っているときは、何も疲れを感じないのに、家に帰ってくると一気にグッタリ…。

これは誰にだって経験があることなのでしょうが、こういった経験が多い方は、自分でも気づかないうちに気を遣いすぎている可能性があります。
本来であれば、気のおける友人には気を遣わなくても十分に楽しめるはず。なのに、いつの間にか身に付けてしまった処世術や、ビジネス上でのコミュニケーションスキルが先行してしまい、人付き合いに疲れを感じてしまうことも。

友達付き合いが、しがらみになる前に

「~しなきゃいけない」と仕事でもないのに、つい憂鬱になってしまう。
友達同士の付き合いが"しがらみ"になる前に、嫌いになる前に。
ちょこっと友達期間をお休みする日があっても問題はないのです。なぜなら、それが友達だから。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

友達の付き合いは、ビジネス上の付き合いとは異なるもの。社会の中心で、人とのコミュニケーションについてギモンを感じたときは、しっかりと自分の根本を見直していきましょう。

他人軸は自分軸に変更を

人と合わせることを意識しすぎて、プライベートまでが「お付き合い」になっている人は、他人軸を先行させている可能性があります。どう思われているだろう、こう言ったら喜ぶかな? と相手の目線に立って物事を考えるのはとても素敵なことですが、友人関係にそこまで気を遣う必要はありません。
違いがあっても認め合える存在。それが友達なのです。他人軸に合わせて発言や仕草を変えるのではなく、自分の意志を持った自分軸に変更させてみましょう。

乱されないペースを保つ

人の感情や話しペースによって、つい自分のペースが乱れてしまうこともあるでしょう。もちろん、ノリをいうものはあるため、その場によって自分のペースを合わせることは時には必要になることもありますが、無理して自分のペースを変える必要はありません。自分の話しやすい無理のないペースを保っていれば、自ずと周囲の人が理解してくれるようになります。

時には放置しても、大丈夫

何事にもつい頑張りすぎてしまう人は、もう少し自分に素直に、悪く言ってみれば自己中に、生きてみてはいかがでしょうか。時には放置していても大丈夫、なんの問題だってありません。忙しいことや気分の浮き沈みなど、理解して認めてくれるのが友達です。



大人になるにつれ、結婚・出産などのライフステージの変化もあります。親しい友人とはいえ、会う回数や会話の中身などが変わるのはごく自然のこと。今まで楽しくできていた会話が、急につまらなく感じたり、同意ができなくなってしまったり。
そのようなことは、自分が変わったから、相手が変わったからに限らず、自然と起こり得るのです。友達付き合いが面倒くさいと感じたり、友人に関して信頼がおけなかった場合には、少し距離を置いてみる。そうすると、いづれ疎遠になってしまうといったことも自然と起こります。けれどもそれは、どちらか一方のせいではありません。

友達だから、「ずっとこうしていなきゃいけない」なんて縛りは、どこを見渡したってありません。違和感を感じ、手放すときが来たって、それは悪いことではないのです。疲れを感じたときは尚更、肩の力を抜いて、もっと自然に、正直に、自分を解放してみてくださいね。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

私たちの生活に必要不可欠となったマスク。ずっとマスクを装着した状態で会話をしていると、聞き取りづらかったり、表情が見えずにぎこちないコミュニケーションになりがちです。そこで今回はマスク越しでも印象を良くするためのポイントについてご紹介します。


飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

飲み物・食べ過ぎが原因かも?! 質のいい睡眠のために心がけたい3つの食習慣

「寝つきが悪い」「夜中に目が覚めてしまう」「寝ているはずなのに疲れがとれない」…筆者は仕事柄いろんな方のお悩みをお聞きしますが、睡眠に関してこのようなお悩みを抱えている方がとても多くいらっしゃいます。 そこで今回は、薬膳の目線で質のいい睡眠のために取り入れてほしい習慣を3つご紹介します。


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

これをやるだけ!体のダルさがとれない時に意識したい4つのこと

急に変わった生活様式に体がついていけず、ずっと体がダルい・重いなどのどんよりした気分が続いていませんか? それはもしかしたら睡眠の質が落ちている証拠かもしれません。そこで今回は、就寝時に意識しておきたい4つのことを紹介していきます。


タバコ好きな上司との付き合いが辛い…#これってハラスメントですか?!

タバコ好きな上司との付き合いが辛い…#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回はタバコ好きな上司とのコミュニケーションについて悩んでいる人のお話です。


最新の投稿


テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークで光熱費が増えた…! 通信費・電気代などを節約するには?

テレワークを導入する企業が増えている今、自宅で過ごす時間も長くなり通信費や光熱費が今までより増えた…と気になっている方も多いのでは? そこで今回は通信費・電気代の節約にオススメな方法をご紹介します。


Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

私たちの生活に必要不可欠となったマスク。ずっとマスクを装着した状態で会話をしていると、聞き取りづらかったり、表情が見えずにぎこちないコミュニケーションになりがちです。そこで今回はマスク越しでも印象を良くするためのポイントについてご紹介します。


女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

女性の一人暮らし、部屋選びの基準は? 住みやすいお部屋選びのコツ【単身編】

働く女子の一人暮らし。ワクワクした感情と共に、何かトラブルに巻き込まれるかも知れない不安も…。物件探しは、どんなことに気を付けて選べばいいのでしょうか? 女性の一人暮らしの賃貸物件の選び方についてお部屋探しのプロに伺いました!


コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

コロナ疲れを解消したい!こもりっぱなしで憂鬱な気持ちをスッキリさせる方法

ようやく外出自粛が解除されたと思いきや、再び感染者が増え、今までとはまた少し違う状況になってきています。再びおうち時間が長くなっても、楽しく過ごせるように暮らし方を整えましょう。


「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

「人生は一度きり。だから楽しむべきよ」ウーマンダイアローグ #41

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、通訳家の李起林(イ・ギリム)さん。生まれ育った韓国を離れて、通訳家として日本で活動されている素敵な女性です!


RANKING


>>総合人気ランキング