疎遠になりがち…30代から見直したい友達との付き合い方



大人になると、友達が減りませんか?

20代から30代。
たった10年間でも、自分の成長スピードによって付き合う人が異なります。

特に友達関係は元々薄っぺらい関係であればあるほど、大人になると、あっという間に疎遠になってしまうのです。でも、そこで必要以上に友人を囲い込むのは、精神的に幼い人がやること。

30代が見え始めたら、どんな人ともほど良い距離感を大切にしてみませんか?
今回は、30代から見直したい友達との付き合い方をご紹介します。

大人になると友達と疎遠になる理由「優先順位が人によって変わる」

そもそも大人になると、友達が減るのはなぜでしょう?
おそらく、大人になって何を優先とするかで、選ぶべき人も変わってくるはず。

たとえば、結婚をして家庭をもっている場合、やはり「旦那さんが帰ってきちゃうから」と、何も気にせず言える相手が優先順位の上の方にランクインします。

一方、バリキャリウーマンは結婚よりも仕事命の部分がありますから、旦那の愚痴を聞くよりも、ビジネスについていろいろと考えている、似たようなバリキャリ女子を必然的に選んでしまいますよね…。

大人になって、何を一番とするか。
それは人によって違うのは、仕方がないこと。

ただ、すべてを白と黒に分けるのではなく、あえてグレーな関係を楽しむくらいでいいのかも♡

大人になると友達が減る理由②「成長スピードに差がつく」

大人になると友達が減る理由として、もう一つ考えられることがあります。
それは出会ったときは同じ歩幅で歩いているのに、いつの間にか、どちらかが先に行ってしまっている状態に…。

学生時代は同じ学生、という立場で騒げたはずなのに、今はたまに会うくらいで、会ったときもどこかぎこちない…。

人の成長スピードは、それぞれ違って当然。ただ、あまりにも差がついていると、今までのように頻繁には会えなくなってしまいます。お互いに細心の注意を払いながら、おしゃべりしているつもりでも何気ない一言にイラッとしてしまったり…。

自分よりも成長スピードが遅いと感じても、それだけの理由でシャットダウンする必要はありません。

とはいえ、向こうから距離を置かれている場合は、すべて彼女のタイミングに合わせながら定期的に会うのがベストでしょう。

30代に向けて気をつけたい友達付き合いのポイント「頻繁には会わない」

20代から30代に向けて、怒涛の結婚ラッシュ、出産ラッシュが始まります。
その波に積極的にのる人もいれば、あえてブームにはのらずに我が道を貫く人もいます。

今は昔と違い、女性のライフスタイルが多様化して、さらに選択肢が増えている状態。だからこそ選んだ道によっては、今までのように周りと上手く付き合えない場合もあるのです。

そこでおすすめの友達付き合いの方法は、頻繁には会わないと決めてしまうことです。
基本的には誰とでも距離感を大切にしながら、お付き合いするスタンスへと変えていくのです。

どんなに一緒に過ごしている時間が楽しくても、もうべったりとお付き合いする年頃ではありません。どんな人とも定期的に、というよりかは、お互いのタイミングが会ったときに会う、くらいで大人は丁度いいはず♡

30代に向けて気をつけたい友達付き合いのポイント②「距離を置かれるのは気にしない」

順調に人生を歩んでいる、あるいは通常よりも成功している状態の場合、やはり周りから人が去っていく傾向があります。なかには、自分が操作しなくても、友人から距離を置かれ、しばらく会えない状態が続いていくのです。

ただ、いちいち距離を置かれるたびに気にしていたら、身体がいくつあっても足りません。それに案外、気にせずに、向こうから声がかかったときに応じるくらいのつもりでいた方が彼女たちとも疎遠になることなく、お付き合いを続けていけます。

距離を置かれても、基本的には気にしないこと。

本当に自分にとって不要な縁なら切れるし、お互いにとって必要な相手なら、どたばたしなくても、ずっと細い糸を紡ぐように繊細な関係のまま続いていきます。

一人にはならないから、大丈夫!

どんなに友人との距離ができてしまっても、それは大人だから仕方ないと割り切るしかありません。一度、そうなってしまった状態を自分の意思だけで変えることはできません。

じたばたせず、自然な流れに身を任せつつ、その時に会ってくれる友人たちとの一時を一瞬、一瞬大切にしましょう♡