引き際も大事。恋のピリオドを打つべきタイミング

引き際も大事。恋のピリオドを打つべきタイミング

恋の終わりを感じたら...。潔く身を引くべき?それともすがり続ければいつかは...?恋のピリオドを打つタイミングについてご紹介します。


最愛の人と結ばれたら、できればずっと長く幸せでいたいと思うのは自然なこと。だけど、どんなに愛し合っていても、様々な状況が重なって結果的に別れることになってしまった…ということも少なくありませんよね。いえ、むしろ大人の女性は何度も、そういう恋を経験して来たはずです。

できれば今回で最後の恋にしたいと思うほど、相手に執着心を持ってしまいますが、やっぱり大人の女性たるもの引き際も肝心です。そこで今回は、恋のピリオドを打つタイミングについてご紹介します。

恋の終わりは、【相手の愛情が薄くなったとき】

皆さんにもこんな経験はありませんか?

「いつからかLINEの返事がすぐなくなる」
「前は、よく褒めてくれたのに、最近は私をよく否定するな」

些細なことをキッカケに彼の行動や態度、仕草から愛情が薄れていくような気がするということに気づいてしまったときは本当に残念で悲しいですよね。その現実を直視できるうちはまだ良いのかもしれません。相手のことが大好きだからこそ決定的なことを彼から言われるまで、あえて彼の愛情が薄れるのを見ないフリして考えないようにしたくなってしまうものです。

しかし、この現実に気づいてしまった以上は、それが“恋の終わりどき”であると認識しておく方が、無理に現状維持を続けるよりも結果的にアナタにとって良い状況になっていきます。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

別れ話は彼より先に自分から告げる


自分はまだ大好きだけど、彼はもしかしたら冷めてきているかも…。と、感じたら勇気を出して別れ話を持ちかけてみるのも一つの手段です。恋はどんなに相性の良いカップルであっても、いつかは新鮮さを失うもの。その代わり、二人にしか築けない深い信頼と絆が生まれます。

なのでマンネリはあるけれど、ちゃんと愛されている実感はある。という方は別れる必要はありません。ただし、愛されている実感すら持てなくなっている場合は、彼自身が別れ話を持ちかける勇気がないだけで繋がっているような関係かも。この場合は、彼に切り出されるよりも前にアナタから「別れましょう」と投げかけてみてください。

それを聞いて「ラッキー」と思う男性もいれば、「 まさかフラれると思わなくて逆にショック」と思う男性もいるでしょう。いずれにしても、アナタに愛されていることを当たり前だと思っている彼の傲慢な考えを、アナタが別れを切り出すことで、真っ向から否定することで来ます。

フラれてはじめて、大切さに気づいて相手からヨリを戻したいという申し出が来る可能性にかけてみてはいかがでしょうか。もしそれで彼が帰ってこなかったとしても、それはアナタにとって本当に必要な彼ではなかったのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

勇気あるアクションを

まだ好きなのに、別れ話をしなくちゃいけないなんて、すごく辛いですよね。しかし、このままでは良くないと思っているのに、フラれるのが怖くて何も言えない…。という関係は本当の意味で健全で対等なパートナー関係ではありません。彼にイニシアチブがある状態でマンネリが続けば続くほど、アナタの魅力を感じてもらえにくいので、一度関係をリセットさせてしまうことでお互いに対等なパートナー関係を作り直すことができます。

もちろん、一度離れたらもう二度ど関係が戻らない可能性もあります。そう考えると別れ話を自分から切り出すのはとてもリスキーかもしれませんが、彼以上にもっと良いパートナー関係を築ける素晴らしい新しい異性に出会えるかも。このままでは良くない…!と思った時は勇気を出して自分からアクションを起こしてみてくださいね。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連するキーワード


マンネリ カップル 失恋

関連する投稿


彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

彼をリードしたい……。男性が「感じやすい」体のパーツはどこ?

セックス中、彼にもっと喜んでもらいたいと思っていても、どうすればいいのかわからない……と悩むことはありませんか? おすすめなのが男性が「感じやすい」パーツを狙うことです。実は男女で感じやすいパーツは異なっています。今回は、男性が「感じやすい」体のパーツについてご紹介します。


セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

セックスレス知らずの“ラブラブカップル”が無意識にできていることとは?

いつ誰がみても仲の良い「ラブラブカップル」。そんな姿に憧れている女性は多いのではないでしょうか? 付き合いが長くなると、ときめきが減少してマンネリが進んだり、セックスレスに陥ったりと悩みがつきもの。ラブラブなカップルで居続けるヒントは、ベッドタイムでのコミュニケーションにありました。


キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

キュッと締まる…。夜に「中が締まる」ヒミツの膣トレ方法|真っ赤な濡れオンナ#100

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第100回目は、女性の「中」の吸い付きや締まり具合をあげる方法についてです。


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


最新の投稿


「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

転職を考える理由は人それぞれ。「キャリアアップのため」と言いたいところではあるけれど、本当は「今の仕事が辛いから」なんて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな働く女性が仕事を辞めたいと思う“本音”について見ていきましょう。


面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

面接通過率アップ!面接で「言いたいことを上手に伝えられるコツ」2

転職活動をすると決まったら、事前準備が欠かせません。これまでの転職コラムでも様々な事前準備についてお話をしてきましたが、肝心なのは準備したものを、面接官に「上手に伝えられること」が前提でした。では、伝えたいことを上手に伝えられるようにするにはどうすればいいのか? 前回お伝えした続きを、紹介していきます。


大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

大切な人が「引きこもり」になった時に試したい心理学的アプローチ

川崎での小学生への襲撃事件などで「ひきこもり」が問題になりました。引きこもってしまうのは本人が悪いのでしょうか? 自分の家族が引きこもりになってしまったときに、どうすれば良いのでしょうか? 心理士の立場からアドバイスをします。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング