美容研究家 神崎恵さんが語る、美肌づくりに欠かせないもの

美容研究家 神崎恵さんが語る、美肌づくりに欠かせないもの

先日開催された『with Beauty Camp』に、美容研究科の神崎恵さんが登場! 肌の揺らぎを感じるときの肌ケアや、ニキビができたときのメイク法、日ごろから行っているビューティーケアについて語ってくれました。


美容研究家 神崎 恵さんが教える美容ケア

先日、講談社で行われたのは、ニキビに悩まされている女性のためビューティーイベント『with Beauty Camp』。このイベントでは、大人の肌にできるニキビについてもギモンや対策を教えてくれます。この日のゲストは、美容研究家として、一人のママとして、同性である私たち女性から人気を集める神崎 恵さん。会場に集まった女性陣からも「可愛い!」「綺麗」「理想」「本を買いました」など歓声があがるほど、人気ぶりが目立ちます。

そんな年齢を感じさせない美しさを保つ、美容研究家 神崎 恵さんが、美を保つ秘訣について語ってくれました。

「与えるケアは上手だからこそ、落とすケアの見直しをしておきたい」

普段から「落とすケアになによりもこだわる」という神崎さん。お風呂上がりのお手入れにかける時間は以外と短く、毎日2~3分ほどなのだとか。
クレンジングと洗顔は肌の調子に合ったものを、そして美容液やクリーム、お疲れのときはマスクをプラスするなど、肌の調子や自分の体調によって使用するアイテムをそれぞれ変えているそう。

「そんなにたくさんのケアをしているわけではないけれど、クレンジングと洗顔は必ず自分の肌の調子に合ったものを選ぶようにしています。理由は、クレンジングと洗顔は1番肌を痛める可能性があるものだから。美容液やクリームなど、プラスして乗せるものが肌を痛める心配は少ないけれど、クレンジングや洗顔で、必要なものを落としてしまうこともありますよね。与えるケアは上手な人が多いからこそ、落とすケアの見直しすることで、トラブルが起こった時の対処法もわかって、綺麗な肌をキープできるようになります」と普段のケアについて話してくれました。

「ひとつ大きなニキビができるだけで、顔の印象も変わるし、気分も乗らなくなるよね」

常に美肌、美髪をキープしている印象の神崎さんですが、今年の春は、花粉のせいか例年以上に肌の揺らぎを感じることもあったようで「自分の肌と向き合わなくちゃ、と改めて感じた」タイミングでもあったのだとか。肌の揺らぎを感じたときも、何よりこだわるのは落とすケアなんだそう。

「肌にとって優しいものを使うのは一番だけれど、メイクが落ちないのは嫌だから、洗浄力が合っているものを選びます。逆にいえば、優しい洗浄力のクレンジング洗顔を使えるように、ベースメイクを変えることもありますね。
日焼けしたあと、女性のホルモンバランスの変化から起こる肌荒れ、花粉…肌が揺らぐ理由はさまざまですよね。だけど、肌にひとつ大きなニキビができるだけで、顔の印象も変わるし、気分も乗らなくなる。自分ではわからないことも多いからこそ、肌の揺らぎを感じたときにはすぐかかりつけのクリニックへ行くようにもしています」と美肌キープの秘訣を話してくれました。

また「ニキビができたときは、ニキビ対応のコンシーラーを常に持ち歩いて、鏡をチェックする」という神崎さん。「ニキビができているときに、チークを使うと赤みが目立ってニキビが協調されてしまうので、チークを使用しないメイクに変える」というように、ニキビを目立たなく見せるメイクのコツを教えてくれました。

頬にニキビができたときには、チークは使用せず、あえて赤リップなど、目立つ色を他のポイントに置くことで、視線がニキビから口元へ移り、目立たなくなるのだとか。

「スキンケアの一環としてストレス解消する時間をつくってあげる」

また、神崎さんは週の半ば、水曜か木曜日あたりに自分をリラックスさせる時間を作るのがマイルールだそうで「お風呂に入って良い香りを楽しんだり、ジムに行ってリフレッシュしたり。スキンケアの一環として、ストレスを発散する時間をつくる」のだとか。肌には心の不調や体調も表れるからこそ、そういった気分転換を楽しんでいると言います。

この日、同じくゲストとして登壇した、秋葉原スキンクリニック 院長の堀内 祐紀先生も、美肌づくりのために運動は欠かせないもののひとつだと言います。
「肌の代謝を良くしたいと思ったときには、運動する、栄養をとる、ビタミンをとることが効果的」で、これから気になる、夏の冷えも肌に負担をかけ、乾燥ニキビをつくる原因になることがあるので、注意が必要だそう。また堀内先生は「ファンデーションのパフやブラシなどを清潔に保つこと、メイクは必ず落としてから眠ること、ニキビができたらはつぶさず病院に行くこと」という普段からできそうなことを、キチンと行う大切さを教えてくれました。

ニキビができたから、という理由で病院に行く必要性を感じない人も多いけれど、実は目に見えていないだけで、ニキビの元ともなる面皰(めんぽう)というものがたくさん出来ている可能性もあるので、定期的なクリニックでのチェックを心がけると良いかもしれませんね。

肌荒れゼロで、もっとポジティブにアクティブに

不規則な生活や身体の不調、ホルモンバランスの変化など、肌荒れを起こす原因はさまざま。肌荒れが起こることによって、気分が落ち込み、自信を持てなくなってしまったり、外に出るのが億劫になってしまったり…と負のスパイラルに陥ることがないよう、正しいケアを身につけていきましょう。自分の肌に適切なものを選び、そして悩みを改善するための対処法を正しい知識の元に身に付け、ココロとカラダの調子を整えることが、美肌づくりにとって必要なもの。

華やかな世界の中でだけ存在しているように見える神崎 恵さんですが、そんな彼女も仕事や家事、育児をこなす中で、疲れを感じる瞬間というものはあると堂々と話していました。自分の頑張りや疲れも、素直に認め、許容してあげることが、さらに美しさや魅力を引き出す材料になるのかもしれません。

疲れを感じたな、ストレスが溜まっているな…と自覚したときに、ご褒美の時間をつくることを、私たちは自分に許容してあげましょう。働く女性にとって、全てをうまくこなすということは非常に難しくも思えますが、自分に向き合う時間をつくってあげることも、美の源になるというのですから。
もっと素直に、よくばりに。
魅力を最大限に引き出し、ポジティブにアクティブに活動できる今後を楽しみましょう。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


美肌 取材 職業

関連する投稿


実は法則がある!効果的なクレーム対応方法とは

実は法則がある!効果的なクレーム対応方法とは

人と関わる機会が多い人ほど、頻繁に遭遇しやすいクレーム。 避けて通ることはできないからこそ、せめてクレームが怖くない!と思えるくらい対処が上手くできれば嬉しいですよね。そこで今回は、クレーム対応が苦手な方のためのハウツーテクニックをご紹介いたします。


男性と女性「らしさ」の葛藤で戦う! 営業女子の悩みにありがちなこと

男性と女性「らしさ」の葛藤で戦う! 営業女子の悩みにありがちなこと

営業は男性の仕事。そんな風に思われていた時代はとっくに終わり。女性もバリバリ営業職で「攻める」時代です。毎月数字に追われながらプレッシャーと戦う営業女子の悩みは尽きないものです。


【喉のために揚げ物をかじる?!】イケメン声優 梶裕貴が実践する驚きの喉ケア

【喉のために揚げ物をかじる?!】イケメン声優 梶裕貴が実践する驚きの喉ケア

都内で行われた「Dyson(ダイソン)花粉対策トークイベント」に今をときめくイケメン声優、梶裕貴さんが登壇。声のプロが行っている、花粉症対策含めや喉のケアって一体どんなもの? 


「不調は体の外側に現れる」わきやまいさんの生活を整えるための5つのルール

「不調は体の外側に現れる」わきやまいさんの生活を整えるための5つのルール

腸栄養学アドバイザーとして活躍しているわきやまいさん。体の不調で悩む人に向けて、自分にあった食事法などを伝えながら、自分自身の生活や体調も整えることをとても大切にしています。そんな彼女が美腸活をするために、生活習慣で気を付けている5つのルールとは?


休み方に着目!キャリアとライフデザインを両立するための社員手帳の秘密

休み方に着目!キャリアとライフデザインを両立するための社員手帳の秘密

株式会社メディプラスの社員が持つ、社員手帳「みんなのポラリス」が、社内報アワード2018の特別部門でゴールドを受賞! 普段なかなか外部の人には見せられない、そんな社員手帳を実際に見せていただきました。キャリアだけでなく、ストレスオフを中心にライフデザインまで考えられる設計に注目です。


最新の投稿


参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

参加「任意」の勉強会を休むと怒られた… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、就業時間後の勉強会に悩まされているSEさんのお話。


ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

ズルい男は嫌い!実は脈なしの「思わせぶり」な男性の特徴

好意を寄せられていると思っていたら、実は彼には彼女がいた……。自分の気持ちを利用されると、さすがに腹が立ちますよね。思わせぶりな態度をとる男性には注意しましょう。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【アイティオール 井上さんの場合】

急遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はアイティオール 井上真樹さんです。


OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

OLからフリーランスを目指したい!そう思ったら始めたい3つのこと

「自分らしく働きたい」先行き不安なご時世だからこそ、こう思う方も多いのではないでしょうか。しかしフリーランスになるためには何から始めたらいいの?と分からないことだらけ…という声も耳にします。そこで今回はフリーランス3年目、元OLの筆者が実際にフリーランスを志してから始めた3つのことをご紹介します。


転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職に反対の家族…嫁ブロックや内定辞退を避けるために事前に話すべきこと

転職活動の手伝いをするキャリアアドバイザーという仕事をしていると、ようやく獲得した内定を辞退せざるを得ない…という残念な状況に陥ることが何度かありました。それが「嫁ブロック」とも呼ばれる家族からの反対です。そこで今回は、転職を家族に反対されないために、事前に話しておくべきことについてお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング