松森杏佳プロも登壇! テーラーメイドゴルフが新アパレルと新クラブを発表



ゴルフ界に革新をもたらし、世界中で愛されているゴルフメーカーであるテーラーメイドは、1月16日都内で「テーラーメイド ゴルフ 2018年新製品発表会」を行った。テーラーメイドのCEOであるデイビッド・エイブルス氏も来日し、2018年の施策や新作のドライバー、アパレルの展開について発表した。


CEOのデイビッド・エイブルス氏

アパレル発表では、プロの田中秀道、松森杏佳、佐藤大平が登壇!

イベントでは契約中のプロゴルファー、田中秀道、松森杏佳、佐藤大平が登壇し、新アパレルの魅力をアピール。

女子ゴルフ界期待のホープである松森プロは、「今回のテーラーメイドのウェアは、私が好きなシンプルでスポーティなデザインが素敵だなと感じました。今年はこのウェアを着て戦うのがすごく楽しみです」と、今期への意気込みを笑顔で語った。


左から、松森杏佳プロ、田中秀道プロ、佐藤大平プロ

素材、生地、構造をひとつひとつ見直し、デザインもこだわりぬいて作り上げたゴルファーのための新アパレル。特にレディースは体型をすっきりと見せることができるライン、スイングのために考えられた立体断裁が特徴になっている。

フェースをねじってまっすぐ遠くへ飛ばす 「M3」「M4」

今回、発表されたクラブは「M3」と「M4」(「M3」はメンズのみ)。

フェースをねじるという革新的な最新技術「ツイストフェース」というものを採用し、フェースをねじらせたことで、ミスショットが起こりにくくなり、飛距離を伸ばすことが出来るという。

アメリカのプロゴルファーが「M4」でスーパーショットを見せたことで、ゴルフ界では今話題になっているクラブ。今後私たちの手に届くようになるのが非常に楽しみだ。

【2月16日発売予定】

まずは形から入ってみるのもアリ

「ゴルフはおじさんが楽しむもの」というイメージがあったゴルフは、今では人気の習い事のひとつとして、働き女子の中でも話題になっている。

機能性もありつつ、ファッション性も上がっているそのウェアたちに袖を通したいと思っている女性も少なくはないはずだ。大人の社交場としても使われるゴルフに、今年は挑戦してみるも良いだろう。

テーラーメイドは、昨年10月にアディダスグループから独立し新たなスタートを切っている。今回の新ドライバーとアパレルを皮切りに、今後の動向にも注目していきたい。