下心ナシの純粋な友情。最高な男友達のつくりかた

下心ナシの純粋な友情。最高な男友達のつくりかた

下心が一切ない純粋な友情を築いてくれる男友達がいたら理想だと思いませんか?彼氏でもなく、女友達ではない男友達。今回は、最高な男友達のつくりかたをご紹介します。


彼氏以上の男の親友。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

彼氏となると、お互いに遠慮がきかなくなり、衝突しやすい関係に。
しかも始まりがあれば、終わりもあって、付き合った相手とそのまま新しいステージにいくとは限りません。

一方、男友達は、良き理解者で、常に一定の距離を保ってくれる存在。でも、いざというときは駆けつけてくれて、相談相手にもなってくれるから、一人でもいると、毎日を前向きに過ごせるように。

今回は、最高な男友達のつくりかたをご紹介します。

男友達とはいえ、価値観が合わないと親友にはなりにくい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男友達とはいえ、彼氏と同様に、価値観が合わないと友情関係にはなりにくい傾向があります。たとえば本が好きかどうか。新聞を読む人かどうか。

仕事に対してどれだけモチベーションのある人なのかどうか。自分とリンクする部分が多いからこそ、彼も信頼してくれるのです。下心だけで寄ってくる男は、男友達とはいえません。

最高な男友達は、恋愛感情を一切持ち込まず、ほどよく女性として接してくれるから、居心地がいいのです。価値観の合わない人を無理やり男友達にしても疲れるだけ。何事にも「相性」の良し悪しは存在するようです。

ボーダーラインを越えてこない人

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

男友達と言いながら、恋心を寄せている男性もいます。しかし、完全にボーダーラインを超えている状態。きっと二人で過ごしているときも、やたらとボディタッチが多くなったり、身体を寄せてきたりと、アプローチが激しくなるはず。

本当の男友達は、ボーダーラインを越えてきません。女性側がはっきりと線を引いているからこそではありますが、ラインを守ってくれるからこそ、異性の友達として信頼できるのです。

どうすれば、ラインを超えさせないように対策をとれるのか。それは、こちらも女性らしさを一切出さないこと。彼に会いに行くときも着飾らず、一人で過ごしているときのカジュアルな服装で問題ありません。やたらとファッションやメイクに力を入れちゃうから、相手も変な意識をすることに…。

彼女や奥さんがいる男性とは、対等に付き合いやすい

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

すでに彼女がいる、あるいは奥さんがいる男性の場合、彼らも女性側にボーダーラインを越えられないように、はっきりと線を引きます。

二人で話していても、きちんと彼女や奥さんのことを思っているんだ、と女友達にアピールすることで、お互いに友達として純粋に付き合えるように。彼女がいない男性と、下心ナシの友情を築き上げるのは、なかなか難しいかもしれません。

もちろん、パートナーがいても、浮気をする人はいますが、彼女や奥さんがいる男友達とは対等に付き合いやすい傾向があります。

男の親友がいると、心強い!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

女同士だからこそ理解できることもあれば、相手が異性だからこそ理解してもらえる悩みもあります。男の親友がいることで、かなり心強い状態に。彼氏とのご縁も大切にしつつ、男友達との友情も大切に育んで♡

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


男心 友人

関連する投稿


彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

彼のセクシー声が大きくて困惑…。どんな反応するのが正解なの?|真っ赤な濡れオンナ#75

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第75回目は、男性の喘ぎ声が大きい時の対処方法についてです。


このオンナは抱けない…男が欲情しない女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#73

このオンナは抱けない…男が欲情しない女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#73

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第73回目は、セックスの対象外になる女性についてです。


初めてや久しぶりのセックスに痛み…。どうやって馴染ませるのが良いの?|真っ赤な濡れオンナ#67

初めてや久しぶりのセックスに痛み…。どうやって馴染ませるのが良いの?|真っ赤な濡れオンナ#67

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第67回目は、セックスで痛みを感じる時の対処方法です。


セクシーだけが武器じゃない。男が硬くなる「母性」を育てよう|真っ赤な濡れオンナ#66

セクシーだけが武器じゃない。男が硬くなる「母性」を育てよう|真っ赤な濡れオンナ#66

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第66回目は、色気以外を武器にする方法です。


こっちが疲れる!自慢が多い女友達と疲れない範囲でほどよく付き合うコツ

こっちが疲れる!自慢が多い女友達と疲れない範囲でほどよく付き合うコツ

友達と言いながらも、本当は会いたくないと思ってしまう自分がいる。自慢が多い人の話をずっと聞くのは、正直面倒くさい。今回は、自慢が多い女友達と疲れない範囲で、ほどよく付き合うコツをご紹介します。


最新の投稿


「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」印象を回避する! 信頼できる人の会話術

「バカっぽい」と思われてしまう人の喋り方と、信頼できる人の話し方は、一体なにが違っているのでしょうか。実は、デキる印象はちょっとしたコツで作られるもの。今回は、信頼できる人の会話術についてご紹介します。


自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

自宅勤務は楽じゃない!誤解されがちなフリーランスという働き方

フリーランスって自由だし楽しそう…いえいえ、実はそんなことないんです!たしかに自宅で働けるのは楽な部分もありますが、自由と引き換えにストイックに過ごさなければいけないときも。誤解されがちなフリーランスという働き方について、今回はご紹介します。


継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

継続することに意味がある! …けれど、継続だけでは意味がない|MY WORK ヒント#72

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第72回目は、「継続は力なり」の意味を振り下げてみたいと思います。


心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

心機一転! 今年こそ目標を達成するための習慣化のコツ

今年の目標として決意したことは、順調に進んでいますか? もしかすると、もう既に諦めてしまっているなんて人もいるかも知れません。ですが、1月はもう終盤でも、今年はまだ始まったばかり。「今年こそは」と意気込んでいる人に向けて、習慣が身に着くためのポイントをまとめてご紹介します。


メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

メイク悩みを解決! 顔色が悪い人がハリ・ツヤをプラスして健康肌を作るには

大人特有のメイク悩みを解決するため、さまざまな美容テクニックを紹介。今回は、血色が悪く顔のくすみや乾燥が気になっている方のために、ハリとツヤを与えて明るいヘルシー肌をつくるためのプチテクです。


RANKING


>>総合人気ランキング