セクハラ、痴漢、性的暴行に苦しむ女性たちの声が集まった #Me too(私も)



痴漢、セクハラ、暴行・・・なくならない性犯罪

満員電車での痴漢、職場でのセクハラ、外を歩いている時など、女性にはいつも危険が伴います。免罪が問題になり、取り上げられることが増えた今でも、実際にはなくなっていないのが性犯罪。それをきっかけに生涯トラウマとして抱えてしまう女性も少なくはありません。

女性であれば誰しもがあったことのある性的いやがらせ

これは、私の知り合いが実際に体験した話を元に文字に起こしたものです。身近なところで、こんな経験があったことが悲劇でなりません。

通勤中の満員電車の間、ずっとおしりを触られていたことがありました。最初はバッグか何かが当たっているのかな? と思う程度だったんですが、それが段々エスカレートしてきて、お尻を掴まれた時に「痴漢だ!」と気づいたんです。今までは痴漢に遭った経験がなかったので「もし痴漢に遭ってもすぐに声を出せるだろう」「絶対捕まえてやる」と考えていたのですが、急にきたその行為にあまりにもびっくりしてしまって、声を出すことができずに耐えていました。今思い出しても、本当に悔しいです。

月が綺麗だった夜の帰り道、ある時私は男性に話しかけられました。
「すみませんが、連絡先を教えてくれませんか?」って。またつまらないナンパだ、と思って「彼氏がいるので無理です、ごめんなさい」と軽く答えたその日から、ストーカーが始まりました。私が家に着くまで、歩いている間ずっと人の気配がするんです。時には、電柱の後ろで待ち伏せされている時もありました。がっと引っ張られ、建物の後ろに連れて行かれたあとに、胸を触られたこともありました。今は家を引越したので、その人に会うことはなくなりましたが、その時は怖くて誰にも話せなかったし、声も出せなかったです。

大勢でみんなでお酒を飲んだときに、急にその場に居た人に告白をされました。もちろん冗談だと思って断ったら、その人の態度が急変しました。いきなり別室に連れていかれて、無理やり暴行をされたんです。お酒が入ったから大丈夫だと思っていたのかわかりませんが、本当に最悪で、今はお酒を飲むこともなくなりました。これがトラウマなのかなと思います。

性的犯罪は、すごく身近なところにあるのです。もちろん、私も実際に痴漢にあった経験があります。大ごとにしたくない、事情聴取されるのが怖い、そうして何もなかったかのように日々を過ごしてきましが、その記憶はすごく鮮明なまま残っています。

「#Metoo (私も)」に集められた被害女性の声

今、Twitter(ツイッター)を中心に広がっているのが『#Metoo(私も)』というハッシュタグです。性的犯罪を受けた世界中の女性たちが、このハッシュタグを使って、自分の経験談をツイートしています。レイプや性的嫌がらせなどの被害を勇気を出して公表する動きが進んでいるのです。

そのハッシュタグには、軽く人に話すことのできないような悲惨な話も広がっています。時には、そんな被害の声すらも「同意の上だった」と受け流されることもあります。「誘ったお前が悪い」と言われることすらも、なくはないのが現実なのです。

被害にあった女性の経験を拾い集め、今こそもっと性的犯罪に対する取り組みを強化すべきなのではないでしょうか。

女性たちの声をもっと聞いて。全ての男性に知っていてほしい現実がそこには広がっています。