危ないアンケートモニターに注意!安全なサイトの見分け方を解説



アンケートモニターは手軽にできるスマホ副業ですが、最近はアンケートモニターで詐欺被害に遭う、情報が盗まれる、という怖い話を聞くようになってしまいました。

とても簡単にお金を稼ぐことができるのですが、その反面、犯罪の被害者になってしまう可能性があることを頭の片隅に置いておく必要があります。

アンケートモニターは危ない?詐欺や情報漏洩に注意

ハッカー 情報漏洩

危険なアンケートモニターとはどのようなことが行われるのでしょうか?

まずは「アンケートに参加するには参加費用が必要」と言われたり、必要な商品だと言われて数十万という金額を提示されます。「すぐに元が取れる」と仕組みも解説され、納得して払ってしまい、結局報酬は支払われず、払ったお金も返ってこない。という事も。

また、アンケートモニターを行うには必ずサイトへ個人情報登録が必要になります。「市場調査なので~」と、年収、趣味など結構細かい個人情報を共有することになります。

実際アンケートモニターサイトのサーバーへの不正アクセスによりおよそ77万人の個人情報が漏洩した事例もありました。

SNSで追ってみると、情報流出後かなりの迷惑メールが届いている、という事例もあり、本当に迷惑で恐ろしい話です。

危ないアンケートモニターの特徴

怪しいアンケートモニター

高額な初期費用がかかる

「最初に登録料がかかる」や「初期費用がかかる」と言われたら気を付けた方が良いでしょう。案件の内容や規約をよく確認してお仕事の仕組みを理解した上で参加するのが基本です。

広告で謝礼が高すぎる場合も注意

そして報酬が明らかに高いところも危険で、1日数分で10万円稼げる、などと謳っているところは危険ですのでやめましょう。アンケートモニター大体の報酬をあらかじめ把握しておくことが大切です。

報酬を受け取るまでの期間が長い

報酬を受け取るまでに時間がかかるところも危険です。出金申請をしても何ヶ月も連絡が取れなかったり、サイトにアクセスできなくなったりしたらもうアウトです。

アンケートモニターの大体の最低出金額は500円から1000円くらいのところが多いのですが、これが大幅に平均額より高い5000円から8000円などと言っているところも明らかに危険です。

できるだけ出金させないようにしているか、申請がなければ払わなくていいので合法的に悪徳商売を行うつもりでこのような暴挙に出ているわけで、これもきちんと事前に確認しておきましょう。

登録すると迷惑メールが増えた

登録した途端迷惑メールが増えた、というのも危険で、個人情報の管理ができていないサイトである可能性が高いです。これは登録してから気付くのは遅いので口コミやアプリの評価で確認しましょう。

SNSで悪い口コミが多い

また、ネットの書き込みは情報が早いです。SNSでサイトを調べてみると危険なサイトはすでに悪評が出回っている可能性もあります。

SNSの情報は全てが本当とは限りませんが、ちょっと立ち止まれるきっかけになります。何かを始める時は口コミを調べるクセを付けましょう。

安心できるアンケートモニターの特徴

アンケートミニター

会員数と企業情報が明確になっている

まずは会員数を確認しましょう。確認方法は「(会社名) 会員数」で検索するとすぐに出てきます。

アプリの口コミ数や会社設立から15年以上たっているかといった、運営実績の長さも重要で、長く運営が続いているところほど実績もあり、危険性は下がります。

さらに上場している企業であればなおさら安心ですが、上場企業の中には海外会社などもあるので、きちんと会社名で検索して確認しましょう。

プライバシーマークがあるか

アンケートモニターサイトは膨大な数の個人情報を扱うことになりますのでPマーク(プライバシーマーク)を取得しているサイトでないと危険です。

Pマークとは?
高レベルの個人情報保護マネジメントシステムを用いていることを認定された企業にのみ付与されるマークで、しかもPマークは国内に活動拠点を持つ事業者のみが取得できるので外資系や海外拠点の企業はもらえません。

外資系の企業でもきちんと日本のサイトを日本の企業が作成している場合は取得していますが「海外のサイトは怖い」という人はこのPマークがあるかで確認すると良いでしょう。

JMRAの正会員であるか?

JMRA(一般社団法人 日本マーケティング・リサーチ協会)であるかも重要なポイントです。

JMRAとは?
第三者機関に、個人情報を守りマーケティング・リサーチを適切に行なっているかどうかを認定された企業が入れる団体です。

市場調査というのは表向きで、裏の顔はただの詐欺会社という事は素人では分かりません。この協会に所属しているという事は、市場調査を目的で活動をしているリサーチ会社という事を第三者機関からも認められたという安全な会社です。

サイトがSSL化(暗号化通信)されているか?

暗号化通信に対応していることも見ておきましょう。SSL化ともいいインターネット上の通信を暗号化する技術で、訪問者とサーバー間の通信が暗号化されるため情報が盗まれたり改ざんされるのを防ぐことができます。

SSL化の確認方法はサイトのURL左側に鍵マークがついていればOKです。この鍵マークをクリックするとサイトの所有者や認証局確認することができます。またこのSSL化をしているサイトはアドレスが「http」ではなく、secureのsが追加され、「https」になっています。アンケートモニターサイトに限らず特にカード情報を入力する時、個人情報を入力する時にはURLを必ず確認しましょう。

ネットの危険は身近です!正しい知識を身に付けて!

ネット 危険 安全

アンケートモニターの詐欺事件や情報漏洩は確かに実在します。それはほんの一部の悪い人が人の弱みにつけ込んで生まれた犯罪です。そのせいでアンケートモニターは危険と思ってしまい避けてしまうことはとても残念なことです。

きちんと調べることで簡単に、安全なアンケートモニターサイトは探し出すことができますし、ほとんどのサイトが実は安全です。

スマホでできるお小遣い稼ぎ、と私たちは安易に考えがちですが、サイトは企業から調査を依頼されて、アンケートを作成、その市場調査には参加者が不可欠であり、参加することで市場調査が成り立つわけです。とても社会の役に立つ取り組みですので、安全な会社でぜひ楽しくモニターのお仕事をしてみてください!