「意志あるところに道はあり」 ウーマンダイアローグ#1

「意志あるところに道はあり」 ウーマンダイアローグ#1

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはダンサーの井田彩花(いだあやか)さん! キラキラ輝く彼女のルーツを辿ってみました♡


今回のゲスト♡ 井田彩花さん

1994年7月30日生まれ。
群馬県出身。
子役を経て、現在はダンサー、タレントに。
フリーランスで芸能活動を行っている。
TV番組、MV、ライブ、CMなど多方面で活躍中。

インタビューする人♡ 渡辺彩季

京都府出身、東京在住のフリーライター。
女性をターゲットにしたメディアを中心に美容、ファッション、ライフスタイルなどの幅広い記事を執筆中。
美容が大好きで、コスメコンシェルジュ、全米ヨガアライアンス、アロマテラピー検定1級などの資格を取得。

ウーマンダイアローグ#1 【ダンサー/井田彩花さん】

渡辺:はじまりました!ウーマンダイアローグ!記念すべき第1回目のゲストは、フリーランスで芸能活動をしている井田彩花さんです!

井田:こんにちは!井田彩花です。第1回目のゲストだなんて、とてもうれしいです!よろしくおねがいいたします!

渡辺:今日は自分が仕事をしている上で、伝えたいことをおもいきり話しちゃってくださいね。早速ですが、現在の仕事内容について聞いてもいいですか?

井田:はい!私は、ダンサー兼タレントをしています。映像や舞台、去年からNHKのシンデレラネットワークという番組にも出演中です!

渡辺:最近CMにもたくさん出演してますよね!いろんなところでお見かけしますよ。

井田:ありがとうございます。今月オンエアされているもので4本くらいあります。

渡辺:…すごーい!!

井田:芸能活動のほかにもダンスの講師をしています♪

渡辺:ものすごく多忙ですね!

井田:でも好きなことばかりしているので、幸せです♡

HAPPYオーラが全開の彩花さん ここまで、どんなストーリーがあったのでしょうか?

渡辺:芸能界を目指したのはいつ頃ですか? なにかきっかけはありましたか?

井田:アニーというミュージカルの存在を知り、10歳のときに叔母と観劇したのがきっかけでした。 ステージでキラキラした衣装を着て踊っていた、タップキッズという役に憧れて「私も演じてみたい」と思いました。

渡辺:私も小学生の頃にアニーを観に行きました! アニーといったら、すごく有名なミュージカルですよね。劇団とかに入ってなくてもオーディションを受けられるのですか?

井田:一般でも応募が可能でした。しかし、最初にオーディションの存在を知ったときは既に募集の締め切りが過ぎていて…残念でしたが、その年は受けることができませんでした。次の年のオーディションに向けてタップダンスの練習量を増やしたり、歌も個人レッスンをさせてもらったり…特訓しました!

渡辺:夢に向かっての行動力がすごい! 下積み時代は大変でしたか?

井田:それが、とてもたのしくて仕方なかったので、全然下積みと感じたことはありませんでした。その後、11歳のときにはじめてアニーのオーディションを受けることができました! 最終審査までいって、「もしかしていけるのかな?」と手ごたえを感じていたのですが…残念ながら不合格でした。さらに12歳のときも受けたのですが、今度は二次審査で落ちてしまって…でもまたレッスンを増やして次のオーディションも申し込みました(笑)。本当に悔しくて悔しくて…。「東京までレッスンに通わせてほしい!」と母にお願いして、群馬から東京まで毎週末レッスンに通わせてもらいました。まだ小学生でしたが、新幹線でレッスンに通うのが習慣になっていましたね。

渡辺:まだ小学生なのに毎週1人で新幹線!? 諦めずにまっすぐ努力し続けたのですね。

井田:そしたら、13歳のときに念願叶い、2007年度のキャストに合格することができました!

渡辺:夢見た舞台に立つ日がついに…ですね!

井田:その後2009年度にも合格することができて…クリスマスコンサートなどを含めると、17歳までアニーの舞台に携わることができました。

夢だった、アニーのミュージカルに出演 次のステップに進むことに

渡辺:アニーのミュージカルに出演されたということは、かなりの実績になりましたよね! その後のオーディションでも強みになったのではないでしょうか?

井田:それが、全くそんなことはなくて…(泣)。子役は高校生くらいで、一度大きな壁にぶち当たります。それまでのキャリアが通用しなくなって、みんな悩むんです。アニーに出演した子役にとってもひとつの分岐点でしたね。次の目標が見つからないって…。そこで芸能の仕事を断念した人もたくさんいました。

渡辺:彩花さんは、なにか目標を見つけることができましたか?

井田:私は、ちょうどその頃にジャズファンクというジャンルのダンスに出会って「おもしろいな!」とピンときました。そして、高校の夏休みや冬休みにK-POPなどのメディア・放送系のダンスを学びに韓国に留学したんです。ダンスと合わせて、韓国語も話せるようになりました。日本でも独学で読み書きを勉強したり、韓国語の先生に発音などを習ったりしていましたね。

渡辺:好奇心旺盛! ちなみに留学中は、1日何時間くらいダンスをされていたのですか?

井田:もう朝から夜までです(笑)。子どもの頃からダンスが好きだったので、朝10時から夜10時まで練習するのが当たり前のことでした。

渡辺:え?え?…ということは、12時間!? めちゃくちゃ体力ありますね!

井田:小さい頃は、どちらかといえば体が弱かったのですが、ダンスをしているうちに気付いたら体力がついていました。

渡辺:たのしくて夢中になれるだけじゃなくて、メリットがたくさんあるのですね♪

体力に自信あり! マインドの部分は?

井田:高校卒業と同時にダンサーとしての仕事がはじまりました! ダンサーのなかではすごく年齢が若かったのですが。最初に仕事が一緒になったお姉さんがすごくよくしてくださいました。今でも憧れの存在で、私の恩人です。

渡辺:どんな方だったのですか?…気になります!

井田:言葉にして教えるとかではなく、背中で伝えてくださる方でした。叱ったりせずに、いつも見守っていてくれて…。私が振り付けを覚えたてで不安だったときも一緒にそばにいてくださいました。関係を例えるなら、親鳥とヒヨコみたいな感じですかね(笑)。

渡辺:彩花さんが今も活動を続けているのは、すてきな先輩から恩恵を受けたからなのですね!

井田:自分も年を重ねたときに同じような立ち振る舞いができる女性でありたいです。

渡辺:芸のスキルはもちろん、人格も磨いていらっしゃる…。感謝の気持ちを忘れずに仕事に取り組んでいらっしゃるのですね! 彩花さんがキラキラされている理由が少し分かったような気がします。

自分の魅力を引き出す方法についても語ってくれました

渡辺:表現をしていく上で、心掛けていることはありますか?

井田:好きなものを好きと素直に言うこと! あくまで私の場合なのですが…好きなのに好きと言えなかったら踊りとか演技に表情が出にくくなります。我慢せずにポジティブな気持ちをストレートに伝えるように心掛けています。普段の考えや性格はすごく表現に密接して影響していると思います。

渡辺:好きと言うことですね!(…恥ずかしがり屋の私にはハードルが高いかも汗)

井田:表情はもちろん、ちょっとした指の動きやステップの最初の一歩にもすごく性格が出ます。

渡辺:言われてみれば、ふとした仕草に心が出てしまいますもんね。……それでは、逆に悲しみや怒りなどネガティブな感情はどうするのですか?

井田:寝て忘れます!(キッパリ)。周りに言ったり当たり散らしたりするのは嫌なので…ひとまず寝ます! 忘れます! その日はすぐに就寝するようにします。

渡辺:メンタルコントロールも一流ですね(笑)。

気分を落とさないためにも…コンディションは大切!

井田:仕事がすごく好きなので、ベストコンディションでいられないのはストレスですね。過去に美少女戦士セーラームーンのミュージカルに出たときに上海公演があったのですが、現地に着いたら空気がすごく乾燥していて喉を痛めてしまったんです……。それから、かなり気を遣うようになりました。

渡辺:それは演者にとっては苦い経験ですね…。今は、日頃どんなケアをされていますか?

井田:まず、手洗いうがいは基本です。あとは人とたくさん話したあとはマスクで保湿したり、喉に違和感があればスロートコートというハーブティーを飲みます。マヌカハニーを入れて…もっとひどいときはプロポリスに変えます! たばこの煙も影響が出るので、なるべく禁煙のお店を選ぶように心掛けています。

渡辺:いくら練習を積み重ねても、本番で結果を残さなければ先がない世界。常にプレッシャーや緊張感を持って、仕事に向き合っているのですね。

“一体感”って最高!!!!! みんながニコニコしているのが、とにかくうれしい

渡辺:仕事をしていて実感することは、なんですか?

井田:ただただ、たのしいに尽きます。私が100%のパフォーマンスができて楽しくしていると、観客の皆さんもスタッフさんも喜んでくださるんです!

渡辺:HAPPYが伝線するのですね!…一体感!

井田:はい!一体感!! みなさん真剣に仕事に取り組んでいるので、時には楽屋の空気がピリッとしてしまうこともあるんですけど…そういう空気をホワッとできたらいいなと思って、ホロスコープしませんか?とか話しかけたりします(笑)。いい舞台にするために気が張っている方にもリラックスしてくださったらいいなと思って(笑)。みんながニコニコしているのが、私はうれしいです!

渡辺:いきなり、ホロスコープ!?(笑)。それはたしかに和みそうですね。彩花さんと一緒に仕事ができたら、たのしそう!

彩花さんの今後の目標は…?

井田:ダンスは生涯続けていきたいです! これは絶対。主軸です! 今後はダンサーをやりつつ、仕事の幅を広げていこうと考えています。タレント業も続けていきたいし、大好きなファッションも仕事にしたいです。あと……実は、彩季さんみたいにメディアで記事を書くことにも興味があります。これまでの経験をアウトプットできたらおもしろそう♪ やりたいと思ったことには、どんどんチャレンジしていきたいです♡

インタビューを終えて…

井田彩花さんと対談させていただきました。

かつては観客として、舞台に立つ人に憧れた彩花さんですが、今は舞台に立つ側になり、すっかりと夢を見せる存在になっていますね。
とはいえ、舞台に立つことが夢の達成ではなく、舞台に立たれてからも、年齢の壁をきっかけに自分のキャリアについて悩むことも多かったと言います。

けれど、「意思あるところに道あり」。
叶うと信じて次々と自分の可能性を広げ、努力を続けることができれば、自然と結果もついてくるということを、彩花さんは教えてくれています。

本人は「好きなことだから辛くない」とおっしゃっていたのですが、絶対に人の何倍も苦労を重ねてきたはずです。

事務所に所属せず、マネージャーもいない…それでも仕事が途切れないのは、彼女に実力があるからこそ。
天才じゃなくても、まっすぐに頑張り続ける才能があれば、いつか夢は掴めるのかもしれないですね。
現に大勢のなかにいた観客の女の子が、今はスターになっています!
まるでドラマのような展開は、お話を聞いているだけも希望を感じてワクワクしました。

仕事をしているなかで、それぞれの目標があると思います。
それを達成するのは、きっと簡単なことではないでしょう。
…でも、みんなが彩花さんくらいの強い思いを持って取り組めば、なんだって叶うような気がします♡

2018年秋、ミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」に出演

井田彩花さんが、2018年秋にミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」に出演されます!
ステージで輝く彩花さんを見たいという方は、要チェックですよ♡

◆ミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」
日程:2018年9月24日(月・祝)〜10月8日(月・祝)
会場:舞浜アンフィシアター
出演:百田夏菜子 玉井詩織 高城れに 佐々木彩夏(ももいろクローバーZ) 妃海風 シルビア・グラブ 井田彩花 伊藤彩夏 大澤えりな 草野未歩 KUJINKO 小石川茉莉愛 佐藤マリン 滝澤梨吏華 二橋南 MIO 八尋由貴 結木春衣 吉田 藍 大澤信児 加藤貴彦 sho-ta Anna

ミュージカル「ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?」の詳細はコチラ♡

ドゥ・ユ・ワナ・ダンス?

http://www.parco-play.com/web/program/doyouwannadance/

「幕が上がる」から3年・・・。百田夏菜子、玉井詩織、高城れに、佐々木彩夏がふたたび本広克行とタッグを組み、舞台に挑む!ももいろクローバーZの楽曲を物語に織り込みながら創作するジュークボックスミュー...

この記事のライター

京都出身、東京在住。
ファッションや美容が大好きなおしゃれミーハーです♡

関連する投稿


「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第80回目は、男性のアソコを見たときの模範解答についてです。


「高い自己裁量で自分の働き方をデザインする」株式会社イトーキ #オフィス改革

「高い自己裁量で自分の働き方をデザインする」株式会社イトーキ #オフィス改革

「自己裁量を最大化し、生産性を高めること」を軸とし、業務に合わせて最適な場所を選ぶことができるという株式会社イトーキのワークスタイル。一般的なオフィスと比べて、自由度の高いオフィスにいることは一体どのようなメリットがあるのでしょうか? 実際に働いている社員さんに直接話を伺いました。


「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはPA Communicationの齊山陽子(さいやまようこ)さん。お互いファッションの仕事をしているので、会話が盛り上がり……おしゃれの楽しさを再認識することができました♪


「人の笑顔は幸を呼ぶ」 ウーマンダイアローグ#特別編

「人の笑顔は幸を呼ぶ」 ウーマンダイアローグ#特別編

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、ネイルサロン『ダッシングディバ』の藤田真由美さん。ネイリストから管理職になり、「笑顔が見られたとき」にやりがいを感じることは変わらないと語ってくださいました。


転職したから、やりたかったことができる環境ができた #自分らしくはたらく 【会社員/古田悠美】

転職したから、やりたかったことができる環境ができた #自分らしくはたらく 【会社員/古田悠美】

就活セミナーをきっかけに、これまでには興味のなかったWEB関係の仕事に興味を持った、古田悠美さん。けれど、自分が思っていた仕事とは少し違っていたようで……? 転職をきっかけに「やりがいがある」と自信を持っていえる環境ができたという話を伺いました。


最新の投稿


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

人生を左右する、好きな人への告白! 「どうやったら、一番相手に想いが届くのか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 今回は、社会人男性に“グッとくる告白”について聞いてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング