仕事で「電話」は時間ロス!?  電話で話し合うことのデメリット3つ|MY WORK ヒント#56

仕事で「電話」は時間ロス!? 電話で話し合うことのデメリット3つ|MY WORK ヒント#56

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第56回目は、仕事で「電話」をするデメリットについて考えます。


毎回、電話で会話しないと仕事が進まない?

直接会って仕事を進めることができない場合、「電話」VS「メッセージ」と分かれると思いますが、皆さんはどちらが好きですか?

ちなみに、私は基本的に電話はまったくしませんし、かかってきても出ません。Skypeや電話で話す必要がある時には、事前に時間を決めて“打ち合わせ感覚”で電話を使うことはありますが、小さな仕事のやりとりで電話を使うことはまずないです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

なぜなら、電話は仕事を進めることに向かないと思うからです。大切な友人や恋人、家族の声を聴いて安心するから、なんでもない用事でも電話を使うのは共感できます。しかし、仕事で電話を使うと何かと不便なことも多く、時間ばかり取られてしまうことも……。

そこで、仕事で電話を使わない方が良い理由を、ご紹介します。

デメリット1. 内容を見返すことができない

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

最大のデメリットは、要件を見返すことに向いていないということです。仕事を始めたばかりの時、クライアントによって仕事の進め方がバラバラなことに悪戦苦闘したことを覚えています。

特に、社内で委託フローが決まっていない場合だったり、オンライン仕事に慣れていなかったりすると、電話で仕事の話をしようとするケースが多いです。しかし、突然の電話対応は、電話対応専門でない限り難しいです。歩いている途中、電車に乗っている途中、作業をしている途中かもしれませんよね。

まだ目の前にメモするアイテムが揃っていたら良いですが、突然の電話に出ている場合は、必ずしもそうではないので話を聞いて記憶する必要があります。一時期、スマホに電話を自動的に録音するアプリを入れていたことがあるのですが、結局、話を一から聞き直さないといけないので二度手間に……。

後から、「言った」「言わない」でもめることを避けるため、やはりテキストで送ってもらう方が落ち着いて見返すことができると思います。

デメリット2. 双方の時間を要する

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そして、次は双方の時間を奪う時こと。自分の仕事が止まってしまうこともそうですが、相手の時間も同じです。同じ時間、同じ日にちが必要なのです。

例えば、どうしても声で送りたい場合は、ボイスメッセージや短い動画の方が良いと思います。相手は、メッセージ感覚で音声を聴くことができるので、その場で電話に出るのではなく、空いている隙間時間で確認することができます。

突然電話をかけてくるより、負担が減りますし、着信履歴だけが残っていたら「どんな要件だったんだろう…」と疑問が残りますが、ボイスメッセージや短い動画であれば折り返しの電話を掛け直す必要もありません。

1秒も無駄にしたくない。SNSの時間を減らして生産性ある毎日を♡

https://cinq.style/articles/952

SNSをダラダラ眺めている、その時間。実は、すごくもったいない!今回は、SNSの時間を減らして生産性ある毎日を過ごす方法をご紹介します。

デメリット3. 最終的にはテキストが必要

そしてそして、どれだけ電話で仕事の話をしたとしても、最終的にはテキストにする必要があります。まとまった話を企画書にしてデータ化したり、単価に関しても最終的には請求書という書類を作成したり。

そう、必ずテキストなしには仕事がまとまらないのです。大概、電話を必要とする場合は、「ニュアンスを伝えるのが難しい」「相手の反応を感じたい」という部分が大きいです。または、頭の中で整理できていない計画や気持ちを話しながら解決したい時。

確かに、「文字だけ」で仕事を進めるのは難しいです。しかし、テキスト化できないということは、頭の中が整理できていない状態でもあるので、それはちゃんと言葉で説明できるようになるまで温度を均一にすることが先決ではないでしょうか?お互いの時間を使いながら話を進めるのは、双方のデメリットだと思います。

以上、電話を仕事で使うデメリット3つでした。ぜひ、スムーズな打ち合わせを!

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

「このメールは何を伝えたいのかわからない……」他人から送られてきたメールの意味が理解出来ず、イラっとした経験はありませんか? しかし、そんなわかづらいメールを自分でも送っている可能性があります。相手に伝わるメールのポイントを作り方を知っておきましょう。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

はたらく女子の意外な盲点がわかる! お仕事服での失敗エピソード

社会人1年目、働く女子のお悩みといえばお仕事服の許される・許されない境界線。ばっちり決まったと思っていたコーディネートが実は失敗だったときは、とても恥ずかしいものです。アイテム選びで失敗しないためにはどうすれば良い? 今回は先輩OLさんのお仕事服での失敗談をまとめてみました。


【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

【最終回】コツコツ続けるのが苦手…。 短期的な目標を味方につけて、習慣化する方法|MY WORK ヒント#100

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第100回目は、小さな習慣を味方につけて継続力を作るヒントを考えます。


最新の投稿


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

どうか長く続いていきますように。温かいご縁を紡いでいく3つの習慣

出会いと別れを繰り返すことは分かっているけれど、できれば、ひとつひとつのご縁を大切にしながら生きていたいですよね。今回は、温かいご縁を紡いでいく3つの習慣をご紹介します。


意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

意味のわからないメールでイラッ! 相手に伝わるメールの作り方

「このメールは何を伝えたいのかわからない……」他人から送られてきたメールの意味が理解出来ず、イラっとした経験はありませんか? しかし、そんなわかづらいメールを自分でも送っている可能性があります。相手に伝わるメールのポイントを作り方を知っておきましょう。


なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

なめらかツヤ感、メリハリフォルム。誰もが見惚れる美脚の作り方

女性として生まれたからには、コスメという魔法のアイテムを使って、顔のケアと同じようにボディのケアも入念に行い、頭のてっぺんから足先までキレイに仕上げておきたいところ。ボディまで磨かれた女性こそが真の美人といえると思います。 今回は、SNSで特に多く質問が寄せられた「脚」について紹介します。


便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

便利すぎてビックリ!働く女性にぴったりの最新・文具アイテム

「使い勝手が悪い…」「こんな機能のあるアイテムが欲しい」。暮らしの中で「もっと」を求めてしまうことってよくありますよね。今回はCinq取材陣が、文具の最先端をいく『第30回 国際 文具・紙製品展 ISOT(イソット)』で発見した、最新の高機能アイテムをご紹介! これがあればあなたの生活が少し楽になるかも?!


RANKING


>>総合人気ランキング