「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第57回目は、好きなことを仕事にする注意点についてです。


“無償の愛”を注ぎ始めると、悪循環……!?

ライフスタイルを仕事に。「好き」を仕事にするメリット・デメリットとは?|MY WORK ヒント#12

https://cinq.style/articles/431

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第12回目は、趣味や自分の好きなことを仕事にする上で、メリット・デメリットを考えたいと思います。

「好きなことを仕事にする」というワード。とても共感できる反面、経験したからこそ分かる苦悩もあると感じています。上記の記事(#12)でも触れましたが、「好きなことを仕事にする」のは、一長一短。

方向性が間違ってくると、改善しなければならないことでもやり続けてしまったり、利益にならなくても良いからやりたい!と無償の愛を注ぎ続けてしまったり……。よくも悪くも、自分でブレーキがきかなくなると、“ただの趣味”状態になりかねないところが気をつけたいポイントだと思います。

しかし、まったく興味のないことや、好きになれない仕事を続けることは苦しいもの。それこそ、生活のためにただ働いているという感覚は、自分を消費していくだけなので、改善したいですよね。

そこで、私が分岐点になると思う、「好きを仕事にする」の方向性についてご紹介したいと思います!

愛は盲目…。時には、冷静な判断が必要

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「好きなことを仕事にする」のは、とても良いことだと思います。しかし、その“好き”に、ビジネスライクな視点はありますか?という疑問です。例えば、私の経験だと、好きだからこそ頭の中はそれでいっぱい。

大学で吹奏楽を学んでいた私は、「楽器に触れていることが幸せ」とさえ思っていました(笑)。それでもいつか仕事になったらいいな……と淡い妄想だけは強く持っていたのです。

このような感覚の“好き”が何を引き起こすかというと、ビジネスライクな視点を失い、利益が出なくてもOK。交通費とスタジオ代を合わせたら、ぶっちゃけこの金額では赤字じゃん!と思う時でも、「こんな機会を与えてもらったことは本当に光栄だ」と一生懸命レッスンをしたこともあります。

しかし、仕事はボランティアではありません。フリーランスだと、時には先行投資と考えてノーギャラで仕事を掴み、徐々に広げていくことも多々ありますが、これには期間があります。一生、そのまま利益の少ない状態でも良いのか?本当は、割りにあっていないと感じているのではないか?

見たくない現実かもしれませんが、ただの趣味になっている可能性があるなら、方向性をグッと切り替えてビジネスライクに裁くことも必要な要素だと思います。

趣味の“好き”から、やりがいの“好き”へ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そこで私のオススメは、趣味の“好き”から、求められるやりがいの“好き”に方向を向けること。仕事が楽しいことに越したことはありませんし、ワクワクしながら取り組むことできっと良いものが生まれることでしょう。

しかし、ビジネスライクな視点を忘れてしまうのは危険。それなら、ニーズありきの仕事を実行するのはどうですか?という提案です。世の中が必要としていること、自分に任されていること、能力を褒めてもらったことなどを膨らましてみる。そこに、自分の価値観を重ね合うことができれば、さらに発展性がある仕事に繋がると思います。

私は、楽器の仕事はできなかったけれど、「音楽の知識 × 書く能力」が掛け合わさり、音楽の記事を書く仕事に繋がりました。演奏を聴きに来てもらって集客して収益を上げること、楽器を習いたい人にレッスンをして指導料を得ることではなく、「楽器の知識」を文章に置き換えることで対価が得られた。これは、自分がまったく予想していなかったことです。

趣味の“ただ好き”に偏っているわけではなく、どんな記事を書いたら読み手は興味を持ってくれるのか?自分だけではなく、はじめて読んだ相手も分かりやすく解説しているか?というビジネスライクな視点は常に忘れないように心がけています。これが、過去の自分と比べると大きく成長した点です。

「小さくても良いから、好きなものに囲まれてお店を出したい」「カウンターだけのカフェを出したい」など、いつかやってみたい夢はありませんか?

ぜひ、ビジネスライクに切り込むことを、意識してみてはいかがでしょう。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第81回目は、男性が好きなコスプレのバリエーションについてです。


すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

すぐに結果が出ないと辞めてしまう。「飽き性」を回避するためのコツ|MY WORK ヒント#76

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第76回目は、何か始めてもすぐに飽きてしまう性格の人への提案です。


「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

「小さ〜い」は禁句…。 男性のアソコを見た時の模範解答は?|真っ赤な濡れオンナ#80

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第80回目は、男性のアソコを見たときの模範解答についてです。


メタ認知をあげるには? 自分を客観視して的確に行動する3つのTips|MY WORK ヒント#75

メタ認知をあげるには? 自分を客観視して的確に行動する3つのTips|MY WORK ヒント#75

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第75回目は、客観的に自分を見つめて軌道修正する方法を考えます。


「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

「服装は生き方である」 ウーマンダイアローグ#14

こんにちは!ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストはPA Communicationの齊山陽子(さいやまようこ)さん。お互いファッションの仕事をしているので、会話が盛り上がり……おしゃれの楽しさを再認識することができました♪


最新の投稿


男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

男はコスプレ好き!? 彼女には言えない本当は着てほしい服装3つ|真っ赤な濡れオンナ#81

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第81回目は、男性が好きなコスプレのバリエーションについてです。


お風呂でデトックス!誰でもできる簡単&バスソルトの作り方

お風呂でデトックス!誰でもできる簡単&バスソルトの作り方

季節の変わり目は、体調管理が大変。 だからこそ、自宅でのホームケアを大切にするのが大人の女性。 花粉の季節でもあるので、体をしっかりと温めつつデトックス効果も期待できる、バスソルトのレシピをご紹介します。


マットがトレンド! 『ロレアル パリ ルージュシグネチャー』の透け感リップ

マットがトレンド! 『ロレアル パリ ルージュシグネチャー』の透け感リップ

マットリップがオシャレさんを中心に大流行! ロレアル パリからも、透け感マットが唇が一本で叶っちゃう「ルージュシグネチャー」が発売されることに。新作発表会の様子と、気になる新作を一足お早めにお届け♡


“ハレ”の機会を作ろう! 手軽にオペラ鑑賞を楽しむMETライブビューイング

“ハレ”の機会を作ろう! 手軽にオペラ鑑賞を楽しむMETライブビューイング

「オペラ」と聞くと、敷居が高いイメージがありませんか? そんなイメージをグッと引き下げる、オペラの新しい楽しみ方ができたと話題になっています。オシャレして出かける“ハレ”の機会は自分で作ってみるのも楽しいかも。オトナ女子が気軽に楽しめる、METライブビューイングの様子をレポートします。


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


RANKING


>>総合人気ランキング