「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

「好きなことを仕事にする」より「能力を発揮できる仕事」のススメ|MY WORK ヒント#57

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第57回目は、好きなことを仕事にする注意点についてです。


“無償の愛”を注ぎ始めると、悪循環……!?

ライフスタイルを仕事に。「好き」を仕事にするメリット・デメリットとは?|MY WORK ヒント#12

https://cinq.style/articles/431

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第12回目は、趣味や自分の好きなことを仕事にする上で、メリット・デメリットを考えたいと思います。

「好きなことを仕事にする」というワード。とても共感できる反面、経験したからこそ分かる苦悩もあると感じています。上記の記事(#12)でも触れましたが、「好きなことを仕事にする」のは、一長一短。

方向性が間違ってくると、改善しなければならないことでもやり続けてしまったり、利益にならなくても良いからやりたい!と無償の愛を注ぎ続けてしまったり……。よくも悪くも、自分でブレーキがきかなくなると、“ただの趣味”状態になりかねないところが気をつけたいポイントだと思います。

しかし、まったく興味のないことや、好きになれない仕事を続けることは苦しいもの。それこそ、生活のためにただ働いているという感覚は、自分を消費していくだけなので、改善したいですよね。

そこで、私が分岐点になると思う、「好きを仕事にする」の方向性についてご紹介したいと思います!

愛は盲目…。時には、冷静な判断が必要

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「好きなことを仕事にする」のは、とても良いことだと思います。しかし、その“好き”に、ビジネスライクな視点はありますか?という疑問です。例えば、私の経験だと、好きだからこそ頭の中はそれでいっぱい。

大学で吹奏楽を学んでいた私は、「楽器に触れていることが幸せ」とさえ思っていました(笑)。それでもいつか仕事になったらいいな……と淡い妄想だけは強く持っていたのです。

このような感覚の“好き”が何を引き起こすかというと、ビジネスライクな視点を失い、利益が出なくてもOK。交通費とスタジオ代を合わせたら、ぶっちゃけこの金額では赤字じゃん!と思う時でも、「こんな機会を与えてもらったことは本当に光栄だ」と一生懸命レッスンをしたこともあります。

しかし、仕事はボランティアではありません。フリーランスだと、時には先行投資と考えてノーギャラで仕事を掴み、徐々に広げていくことも多々ありますが、これには期間があります。一生、そのまま利益の少ない状態でも良いのか?本当は、割りにあっていないと感じているのではないか?

見たくない現実かもしれませんが、ただの趣味になっている可能性があるなら、方向性をグッと切り替えてビジネスライクに裁くことも必要な要素だと思います。

趣味の“好き”から、やりがいの“好き”へ

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そこで私のオススメは、趣味の“好き”から、求められるやりがいの“好き”に方向を向けること。仕事が楽しいことに越したことはありませんし、ワクワクしながら取り組むことできっと良いものが生まれることでしょう。

しかし、ビジネスライクな視点を忘れてしまうのは危険。それなら、ニーズありきの仕事を実行するのはどうですか?という提案です。世の中が必要としていること、自分に任されていること、能力を褒めてもらったことなどを膨らましてみる。そこに、自分の価値観を重ね合うことができれば、さらに発展性がある仕事に繋がると思います。

私は、楽器の仕事はできなかったけれど、「音楽の知識 × 書く能力」が掛け合わさり、音楽の記事を書く仕事に繋がりました。演奏を聴きに来てもらって集客して収益を上げること、楽器を習いたい人にレッスンをして指導料を得ることではなく、「楽器の知識」を文章に置き換えることで対価が得られた。これは、自分がまったく予想していなかったことです。

趣味の“ただ好き”に偏っているわけではなく、どんな記事を書いたら読み手は興味を持ってくれるのか?自分だけではなく、はじめて読んだ相手も分かりやすく解説しているか?というビジネスライクな視点は常に忘れないように心がけています。これが、過去の自分と比べると大きく成長した点です。

「小さくても良いから、好きなものに囲まれてお店を出したい」「カウンターだけのカフェを出したい」など、いつかやってみたい夢はありませんか?

ぜひ、ビジネスライクに切り込むことを、意識してみてはいかがでしょう。

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

「もう限界…。」働く女性が仕事を辞めたいと考える本音と理由は?

転職を考える理由は人それぞれ。「キャリアアップのため」と言いたいところではあるけれど、本当は「今の仕事が辛いから」なんて頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。今回はそんな働く女性が仕事を辞めたいと思う“本音”について見ていきましょう。


できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

できることを続ける。仕事が続かない人が長く働ける居場所を見つける方法

何をやっても続かない。そんな自分に泣きたくなる夜もあるのでは?そろそろ、長く働ける居場所を見つけられるように準備をはじめてまいりましょう。


【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

【スキルアップ】自己分析より適性診断!自分の能力を可視化する診断ツール

職業選択をする時に、「自分の適正を知りたい」と思う人は多いはずです。自分の性格を可視化して、向いている・向いていない仕事を割り振るのに参考になるからです。今回は、人気のある診断ツールを紹介。自分をもっと深く知りたいと思う人は、ぜひチェックしてみてください。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


最新の投稿


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

悩みのタネは一体なに? 働く女性が陥りやすい「仕事での悩み」

気にしすぎ? ただの心配性? いえいえ、そんなことありません。毎日一生懸命頑張っている人には不安と悩みがつきものなんです。働く女性がつい陥りやすい、職場や仕事を通じてのお悩みについて考えましょう。


30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

30歳になって後悔しないために!働く女子が20代のうちにやっておくべきこと

気付けばあっという間に30歳目前! 30歳は精神的な“自立”、つまり人生の基礎を確立する時。そのためには20代の過ごし方が重要だといえます。そこで今回は、将来後悔しないために20代の働く女子がやっておくべきことについてご紹介します。


増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

増税まであと少し!消費税が10%になるまえに買っておくと良い物って?

2019年10月から消費税が8%から10%に上がります。今のうちに買いだめや大きなものの購入を済ませようとしている人も多いのではないでしょうか? 中には、消費税が10%にならないものもあります。どんなものが10%にならないのか、今のうちに買っておくべきものは一体なんなのか? しっかり知っておきましょう。


働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

働く女性が無意識に陥りがちなバイアス(思考の偏り)って?

いつの間にかできてしまった思い込みや偏見、思考の偏りを「バイアス」と言いますが、実はこの“バイアス”こそが自分の成長や、行動の妨げになっているかもしれません。働く女性が気づかないうちに陥りがちな、バイアスについて今回は紹介していきたいと思います。


RANKING


>>総合人気ランキング