"挨拶は新人から"の認識は間違い。上司が見直すべき職場の習慣

"挨拶は新人から"の認識は間違い。上司が見直すべき職場の習慣

ビジネスマナーの基本である「挨拶」。新人・後輩から挨拶をするべきって思っていませんか?その考えがある人は、上司と部下の関係は良くないかも。今一度、挨拶の習慣を見直して。


挨拶は新人からするのが当たり前?

ビジネスマナーの基本である挨拶。元気でさわやかなあいさつをされると、モヤモヤしていた気分が晴れるくらいにパワーがありますよね。

ただこの挨拶、先輩から後輩どちらから先に行うのべきものだと思いますか?

多くの人が「新人からするべき」という認識をもっているかと思います。特に、年代が上がるにつれて、それが当たり前だと認識している人も多いことでしょう。間違っているわけではありませんが、一概に正解だとは言えない部分もあります。挨拶について見直してみましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

年功序列が絶対であった学生時代

「挨拶は新人から」の考えはどこから出てくるのだろうと深堀りしていくと、上下関係がはっきりしてくる、中高生時代にいきつきます。

運動部に所属していた人はわかるかも知れませんが、部活の先輩は「神」のような存在。人の話によると、厳しいとことろでは「1年は奴隷、2年は平民、3年は天皇、4年は神」なんて位置づけもあったりするほど。先輩の意見は絶対で、もし反抗でもしようものなら連帯責任。ただただ、荷物持ちやパシリをこなし、時が過ぎるのを待つのみ。「いまどき、そんな部活あるの?」と疑いたくもなりますが、まだまだこれって、運動部ではよくあるのだそう。

大人になると1歳の差なんて大したことないのに、学生の頃はとても大きく感じていたものです。

……話が少しそれましたが、そんな学生時代を経験すると、社会に出てもその認識を持ったまま、人格が形成されてしまいます。新人の頃は、ハキハキとあいさつをして、上司から可愛がられていたはずなのに、その人が上司の立場になってみるとどうでしょう?
「上司とすれ違ったのに、なぜ挨拶をしないんだ?」と、怒るようになり、会社でもその文化が浸透していきます。公務員でなければ、年功序列でもありませんし、なによりも上司と部下の距離ができてしまい、良い関係とは言えませんよね。

@chiekogrande

挨拶は立場関係なく、気が付いたらするべき

上司と部下の距離をつくらない、良い関係を保ちたいのであれば、挨拶は立場関係なく自ら挨拶していくべきです。

部下からすると、上司が挨拶してくれることは、嬉しいもの。会社全体の雰囲気も明るくなります。部下がハキハキと挨拶してくれたら可愛がりたくなるのと同じように、部下も挨拶されたら慕ってくれるように。自分のことを気にしてくれていることがすぐにわかるので、仕事にも一層気合いが入りますし、部下たちも見習って、自ら挨拶をしていこうと、注意をしなくても自然と身についていくものです。

挨拶をされた側は、自分を気にかけてくれていることがわかるので、上司の立場である人こそ率先して行うことで、いい関係が築けるのです。

また、挨拶がきっかけでコミュニケーションがより活発になることもあります。「おはようございます」を毎日繰り返していくと、相談事などができるきっかけを作ってあげていることになります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

えっ、まさかの無視?! 職場で「挨拶」のできない人がマジでヤバい理由。

https://cinq.style/articles/597

ビジネスマナーの基本中の基本、あいさつ。それができていない社会人が多すぎる?! 職場でのあいさつができないって、結構ヤバいです。今回はそんなヤバい人との対処法も合わせてご紹介します。

上司も挨拶の習慣を見直して

もし今まで「挨拶は新人からするべき」と思っていたのであれば、その概念は捨てて、今日から挨拶を実践していきましょう。最初は周りに驚かれるかも知れませんが、徐々に活発な明るい職場へと変わっていきます。挨拶はコミュニケーションの基本。立場関係なく、みんなが率先して行う儀礼です。ぜひこの機会に基本を見直してくださいね。

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第85回目は、印象が変わる大人のネガティブ対応について考えます。


春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

春の香りをまとって!働く女性にぴったりの華やかフレグランス

草花が色めき外出がいっそう楽しく感じるこの季節。洋服を選ぶのにも、ドキドキとワクワクを感じる機会が増えてくるでしょう。そんな衣替えの季節には、洋服だけでなく香りも変えるのがオススメ。働く女性にもオススメな好感度アップの春フレグランスをチェックして。


第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

第一印象は一瞬で決まる! 好印象な「見た目」の作り方

人の第一印象は一瞬で決まるといわれています。この第一印象は時に厄介なもので、「この人は頼りにならなさそう」や「この人はやる気がなさそう」などネガティブな印象を与えてしまうと、それを覆すのは至難の技。そうならないためにも、好印象な「見た目」とはどんなものなのか? 知っておきましょう。


信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


何でもマウントだと捉える、勘違いマウンティング女子の実態と対処法

何でもマウントだと捉える、勘違いマウンティング女子の実態と対処法

「マウンティング」という言葉が流行っているが故に、なんでもマウンティングだと捉えてしまう「勘違いマウンティング女子」が急増?! なぜ何でもかんでもマウンティングだと捉えてしまうのか……! その実態と対処法についてご紹介します。


最新の投稿


女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

女性のためのキャリアプランの立て方。悩みを幸せに変えるには?

社会で活躍する女性が増え、キラキラ輝くロールモデルに憧れを抱く女性も多いのではないでしょうか。とはいえ、どうすれば憧れのあの人のように仕事とプライベートを両立できるのか、悩むこともありますよね。そんなときに考えたいのが「キャリアプラン」です。今回は、女性のキャリアプランの立て方と立てるタイミングをご紹介します。


仕事のミスを繰り返さない! ミスを振り返り学習する“振り返り術”

仕事のミスを繰り返さない! ミスを振り返り学習する“振り返り術”

仕事でのミスは誰にだってあること。けれど、一度おこしたミスを繰り返すか、繰り返さずに次回から回避できるかがビジネスパーソンには重要になります。同じミスを繰り返してばっかり……という方は、ミスを繰り返さないように「振り返り」を大切にしていきましょう。


病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

もうすぐやってくるゴールデンウィーク! 今年は10連休で、旅行など楽しみな予定を入れている人も多いはず。しかし、気を付けたいのが病院や銀行がお休みという点です。この2つがお休みだとしても「できること」と「できないこと」があります。連休中に困らないためにも確認しておきましょう。


ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

今年は空前の10連休のゴールデンウィークですが、その後ストレスが原因で“五月病”になることがあります。これは、辛いばかりでなく、うつ病などの心の病になる危険性もありますので、早めの対処が必要です。そこで、セロトニン神経を強くしてストセロトニン神経を強くしてストレスに強くなる方法をご紹介します。


肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

毎日のデスクワークで気づいたら身体がバキバキ……! 慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている働き女子も多いのではないでしょうか?そんなお疲れのあなたに、イスがひとつあれば簡単にできる「イスヨガ」をヨガ&ボディメイクインストラクターのReiが紹介! 肩、背中、腰まわりの巡りを良くし、凝りや疲れを解消して。


RANKING


>>総合人気ランキング