書き出すだけで、あら不思議♡暮らしを豊かにする手帳管理術



手帳で人生は変わる♡

仕事やプライベートの予定を管理するための手帳。
うまく使いこなせている自信はありますか?

なんとなく予定を書いているだけで、手ごたえを掴めていない人も多いのでは?
手帳にしっかりと書き出すことで、願いも叶いやすくなるとか♡

今回は、暮らしを豊かにする手帳管理術をご紹介いたします。

運命の手帳を探す!

まずは運命の手帳を探すことから♡
いわば夢を叶えてくれる王子様を探すつもりで、お気に入りの手帳をみつけましょう。

「コレだ」というものに出会えたら、一年が終わっても、同じものを購入し、手帳を日々の暮らしに定着させます。

ずっと同じ手帳を使い続けているだけでも愛着がわいて、いろいろなことを書き込みたくなります。実際にお店へ足を運び、自分にとって使いやすいものを選びましょう。

赤と青でON/OFFを管理する

筆者の場合は、フリーのライターですのでONとOFFの境界線がまったくありません。自分の中でOFFとするかどうかで「お休みの日」も増えたり減ったりするのです。

それでも、全体のバランスを把握するために、予定を書き込むときは「赤」と「青」の2色に限定して、書き込んでいます。

仕事に関することはすべて赤(打ち合わせなども)、美容院やネイル、母とのお出かけなどは青で書き込み、パッとみただけで、どれくらい仕事をしているのか把握できるように工夫をしています。

必ずしも赤と青である必要はありませんが、わざわざ数えなくても、自分がどれだけ活動的に過ごしているのかどうか分かるようにしておくといいかも♡

「体調」も手帳で管理

女性にとって体調管理ほど難しいものはありません。
多くの女性が「生理」前後の不調に悩まされているでしょう。

生理前は動けなくなるほどつらい人もいれば、生理後になるとお腹が下ってしまう人もいたりと、それぞれ大変な思いをしているはず。

手帳に書き出せば、すべてをコントロールできる、と言いたいところですが、残念ながらそう簡単には統制できません。

ただし、日々の体調不良を書き出しておくことで、同じ症状があらわれても「今は生理前だから」「今はストレスがすごいんだ」と、体調を完全に崩す一歩手前で防げる可能性もあるのです。

小さな異変も見逃さないように、手帳には細かく体調の良し悪しを記入しましょう。

キレイに書かなくていい!

手帳管理術というと、キレイに書かなければいけないイメージもありますが、大切なのは、自分さえ分かっていればいいということ。

漏れなく仕事ができていて、きちんとやるべきことをやれているなら、ぐちゃぐちゃに書き込んでもいいのです。

むしろ、あれこれと書き出すことで気持ちが落ち着くときだってたくさんあります。あまり見た目にこだわりすぎていると、かえって手帳が使いづらくなってしまいます。あくまでも、周りの目は気にせず、自由に使いこなしましょう♡

手帳で運命が変わる♡

いかがでしたか?

手帳を味方につけることで習慣が変わり、運命も人生も変わります。
書き出すことで、きっと自分のやりたいことも明確になるのでしょう♡

最初は周りの手帳術を参考にしながら、最終的には自分流にカスタマイズしてみてください♡