えっ、まさかの無視?! 職場で「挨拶」のできない人がマジでヤバい理由。

えっ、まさかの無視?! 職場で「挨拶」のできない人がマジでヤバい理由。

ビジネスマナーの基本中の基本、あいさつ。それができていない社会人が多すぎる?! 職場でのあいさつができないって、結構ヤバいです。今回はそんなヤバい人との対処法も合わせてご紹介します。


挨拶をしない人って・・・?

ビジネスマナーの基本中の基本である、挨拶。
そんな当たり前とも思えることができていない社会人が実は今、増えつつあります。挨拶は禁止、と決まっている会社であればもちろん不要かもしれませんが、同じ空間で同じ時間を過ごす職場。どうせなら気持ちよく過ごしたいものですよね。挨拶する、しない人にはこんなパターンがあります。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分から挨拶をできる人

自分から積極的に人に声をかけるのが苦ではないタイプ。学校や職場でも、パッと人を引き付ける能力があるムードメーカータイプの人が1人いると、雰囲気がパッと明るくなります。大きな声でなくても大丈夫。相手に聞こえる程度の声量で、挨拶ができる人は自分自身も明るく元気な1日を過ごせます。

挨拶をされば返せる人

日本人に多いのがこちらのタイプ。自分から積極的に声かけはしないけれど、声をかけられれば返すことはできるといった受け身型です。朝に弱い人は、ぼーっとしていることも多いのでつい自分から視野を狭めてしまいがち。声をかけられハッと気がつく人も多いでしょう。されれば返す、はもちろんですが、自分から積極的にはいけない草食系な姿が現代の日本を表しています。

人を選んで挨拶する人

普段から自分がよく接する人には声をかけられるけれど、それ以外の人には声をかけることができない、といった人見知りタイプも増えています。人を選んでしまうという行為は、集団生活をする上ではマイナスな印象を与えてしまう恐れもあることを知っておきましょう。人見知りで、仲の良い人にしか話しかけられないという人はコミュニケーションを一度見直してみるべきかも?

されても返さない人

人とのコミュニケーションを自ら断ってしまうタイプは、周囲から「面倒くさい」「関わりづらい」などと思われている可能性が。人見知りからくるものなのか、ただ単に面倒くさがりなのか、自分が誰かと話す必要がないと思っているのか…。理由はそれぞれでしょうが、基本的に仕事というものはひとりきりでこなせるものではありません。自分自身の殻に閉じこもるのでなく、一歩踏み出す努力を。

挨拶ができない人の心理

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

そもそも挨拶が必要ないものだと思っている

そもそも、人に挨拶をすることがムダだと思っている場合があります。挨拶をしたところで、何かが進むわけではない、会社のコミュニケーションは業務には含まれていない、と仕事と自分自身(プライベート)を区別しすぎている可能性が。

返ってこないかもしれない、といった不安

自分が普段積極的に話しかけるタイプでも、話しかけられるタイプでもない、という人には「自分が声をかけたということに対して、何もレスポンスがなかったらどうしよう」という不安があるものです。挨拶ひとつでそんな大げさな、なんて言いたくもなりますが、自分から声をかけるといったハードルが高く思えている可能性があります。はじめてみると、意外と低いと気づくハードルは、積極的に飛び越える姿勢を。小さい成功体験を積み上げることが、自分の自信へと繋がるはずです。

自分は人と違うといった高すぎるプライド

人とコミュニケーションを断ってしまう人に多いのが理由がこれ。「自分は人とはちょっと違う」といった自身過剰なものです。人には上下がない、というようには言われていますが、年齢や性別、年収や見かけだけで人はつい相手を区別してしまう生き物。とはいえ、プライドは、仕事の上で成り立つもの。挨拶は業務の一環ではないことだからこそ、しっかりとこなしていくことで印象もアップします。仕事を円滑に進めるためにも、持つ必要のないプライドについては見直してみて。

恥ずかしい

挨拶をしたつもりが聞こえていない、恥ずかしくて大きな声を出すことができないという場合もあります。そんな人に知っておいてほしいことが「中途半端が一番恥ずかしいことだよ」ということ。聞こえているか聞こえていないかわからない声で自分を判断されたり、何度も聞かれるよりは、一度で聞こえた方が随分と楽になります。大丈夫、挨拶をされて悪い気分になる人はいませんから。

聞こえてない

相手から挨拶をされれば返すけど…。というタイプが一番多い日本では、聞こえていないパターンが実はとても多いもの。移動中のイヤフォンは当たり前になりつつありますが、職場の人と顔を合わせる場では、そっと耳を開けておきましょう。聞こえていなかった、というのは挨拶をしない理由にはなりますが、声をかけたにも関わらずスルーされた、という事実は人を傷つけるきっかけにもなります。自分の不注意で、他人を傷つけていたなんて、ちょっと嫌ですよね。

人の好き嫌いがありすぎる

好き嫌いがありすぎて、挨拶をしない。このパターンもよく耳にします。そりゃあ好きな人だけ付き合っていけるのならいいですが、学校でもどこでも、嫌いな人はひとりやふたり、存在していたことでしょう。いい大人なんですから、挨拶くらいは我慢しましょう。無理に好きになれといっているのではありません。好き嫌いで判断するといった行為は自分を小さく、子どもに見せるだけだということを知っておいて。

なぜ挨拶できない人がヤバいのか?

さて、ではどうして挨拶ができない人が「ヤバい」と判断されるのかを知っていきましょう。学生時代の成績表にも必ず、コミュニケーションの部分を成績に表す項目がありましたよね。どうして、こういった小さなコミュニケーションが、ひとつの評価に繋がるのか。その理由はとても分かりやすいものなのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分の機嫌が第一な自己中さん

人とのコミュニケーションが円滑にいかない人には、「自己中心的な人」というイメージがつきやすいものです。学生の時から、学校という場で集団生活を送ってきたはず。その中ではさまざまな人間模様が繰り広げられ、私たちは嫌でも処世術というものを学んできました。人とうまくやり過ごす力を無意識に伸ばしながらも、個人の持つ個性を伸ばしてきたのです。集団生活に溶け込むことができない、といった人には自分と周囲を調和する力というものが欠けていると思われてしまうのです。職場は、ひとつのチームとして動くもの、その中で円滑なコミュニケーションがとれないことは、業務の妨げになる可能性もあるのです。

そもそも集団生活に向いてない

集団生活を向いていない、という人はそれなりに存在します。秀でた個性を持って職人や、クリエイターなど、自分自身が活躍する場を選ぶ人も多いでしょう。そもそも集団生活には向いていない、これに気づく瞬間はあらゆるところであったはずです。それでも、集団生活をする職場を選んだという事実があるのであれば、自分自身を客観視して開き直るのではなく、自分自身の選択と向き合いましょう。

自分に自信がなさすぎる

自分に自信がなさすぎるから、人に声をかけるのが億劫になる。そんな人ももちろん多いことでしょう。とはいえ、職場では新しい出会いというものがつきもの。つい内側にこもりたくなる性格の持ち主も、外に視線を広げる努力は忘れないで。自信の無さというものは、態度や外見にも表れるようになります。自分を無理に大きく見せる必要はありませんが、多少の演出があなたをよく盛り上げてくれることだってあります。自信がなさそうな人より、自信がある人に人はついていきたいと思うし、任せたいとも思います。

仕事でコミュニケーションがとれない危険性

挨拶はビジネスの基本。いえ、ビジネスではなく社会性の問題でもあります。挨拶ができないことで相手に不快感を与えているという事実に気づかないことが、すでにコミュニケーション能力の欠如とも考えられます。そんな基本を知らないことが、いつか大きな伝達ミスや抜けになることも…。仕事の基本である、人に伝える能力や話す能力が欠けているということは、仕事の信頼度にも関わってきます。機械で置き換えられる仕事が今後もどんどん増えていきます。その中で必要なことこそが、コミュニケーションと信頼関係なのです。自分を苦しめることにならないよう、基本はしっかりと押さえていきましょう。

"挨拶は新人から"の認識は間違い。上司が見直すべき職場の習慣

https://cinq.style/articles/1427

ビジネスマナーの基本である「挨拶」。新人・後輩から挨拶をするべきって思っていませんか?その考えがある人は、上司と部下の関係は良くないかも。今一度、挨拶の習慣を見直して。

対処法

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

挨拶などの小さな積み重ねが私たちの信頼関係を築き上げます。信頼関係や、気遣いというものは人間社会にとって必ず必要になるもの。とはいえ、もちろん今後も挨拶のできない人と出会う場面はたくさんあることでしょう。今度はそんな挨拶のできない人に出会った場合の対処法です。

名前を入れて挨拶する

普段そんなに直接的に人とコミュニケーションをとることがないからこそ、名前を呼ぶという行為が相手に安心感を与えます。誰に話しているのかがわかるように「〇〇さん、おはようございます」と声をかけることで、身近に接することのできる人という印象をつけましょう。お互いの名前を呼ぶ回数を増やすと、コミュニケーションはずっととりやすくなります。

割り切って付き合う

何度挨拶をしても返事が返ってこない人とは、完全に割り切って付き合う他ありません。とはいえコミュニケーションを断つという方法を自分から選ぶ必要はありません。自分がどう思われるかを演出するのは相手次第。あなたは変わらず声かけを継続して。返事が返ってくるから挨拶をしているわけではない、と割り切ることも大切です。きっと誰かには届いているはずだから。

挨拶すること自体に価値がある、と感じて

誰とも話さない日が続くと、声を出すという行為が難しく思えることもあります。だからこそ、発声練習を兼ねて気持ちの良い声掛けを継続していきましょう。挨拶で、人の不調に気付くこともあります。周囲をしっかり見ながら、自分のためだと思い、挨拶は積極的にしていきましょう。当たり前をこなせない人が増えているからこそ、日常に溢れている小さな声かけをできる人に、人は集まるものなのです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

私にはナシですか?人を選んで挨拶する人の心理

https://cinq.style/articles/1135

職場の人間関係ってすごく大変。でもなぜか、人を選んで挨拶する人も…。今回は、人を選んで挨拶する人の心理をご紹介します。

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


ワークライフ 挨拶 印象

関連する投稿


「顔が疲れてるね」…なんて言われたくない! 退社する前にやっておきたいケア方法

「顔が疲れてるね」…なんて言われたくない! 退社する前にやっておきたいケア方法

仕事終わりに女子会やデートの予定が控えているとき、メイク直しのために鏡に向かって「えっ…!」と思ったことはありませんか? せっかくの予定をお疲れ顔で向かうのはちょっと…。と悩むあなたに、退勤前にやっておきたいケア方法をお教えします♡


"挨拶は新人から"の認識は間違い。上司が見直すべき職場の習慣

"挨拶は新人から"の認識は間違い。上司が見直すべき職場の習慣

ビジネスマナーの基本である「挨拶」。新人・後輩から挨拶をするべきって思っていませんか?その考えがある人は、上司と部下の関係は良くないかも。今一度、挨拶の習慣を見直して。


いまからでも間に合う! ルックスコンプレックスを乗り越える方法

いまからでも間に合う! ルックスコンプレックスを乗り越える方法

ルックスコンプレックスは、どんなに美人だといわれている人でも持ち合わせているもの。 誰にだって、共通して自分だけが気になってしまうコンプレックスがあるのです。 しかしそのコンプレックスを払拭して強みに変える方法があります。 その方法をご紹介いたします。


私にはナシですか?人を選んで挨拶する人の心理

私にはナシですか?人を選んで挨拶する人の心理

職場の人間関係ってすごく大変。でもなぜか、人を選んで挨拶する人も…。今回は、人を選んで挨拶する人の心理をご紹介します。


名刺交換をした後、何をする?人脈作りで意識したいこと|MY WORK ヒント#35

名刺交換をした後、何をする?人脈作りで意識したいこと|MY WORK ヒント#35

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第35回目は、名刺交換から人脈に繋げる方法についてです。


最新の投稿


秋冬は配色コーデに挑戦!2018年オススメのカラーコーディネイト

秋冬は配色コーデに挑戦!2018年オススメのカラーコーディネイト

一年の中で最もオシャレが楽しくなる季節がやってきましたね。秋冬のコーディネイトといえば、アイテムもさることながら、カラーコーディネイトにも力を入れたいところです。そこで今回は2018年にオススメの秋冬カラーコーディネイトの組み合わせについてご紹介します。


ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

ここまでやりきる!成果を出す人が必ず大切にしていること。

与えられた仕事をやり抜く。周りからの期待に応える。簡単なようでいて、とても難しいことです。でも、これを必ず達成する人と達成できない人は如実に努力の差が分かれているのかもしれません。そこで今回は、成果を出す人が常に意識している大切なことをご紹介します。


悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

悩んだことは「自分ノート」に書き出して!ストレスを抱え込まないための習慣

ストレスフリーでいたいけど、完全にフリーにすることは難しい。だけど、ストレスと向き合って対策を考えることはできる。悩んだことは「自分ノート」に書き出す習慣をとって。ストレスを抱え込まない方法をご紹介します。


マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

マンネリ解消裏技! ネクタイひとつで夜のバリエーション…♡|真っ赤な濡れオンナ#63

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第63回目は、ネクタイでできる刺激についてです。


働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

働く女子の強い味方! 歩き疲れない「fitfit」の人気シューズ

ヒールは欲しいけれど、たくさん歩くから機能性も重視したい。働く女子の靴事情はとっても難しいものです。今回は、外反母趾にもやさしい『fitfit』からオススメシューズをご紹介。『DoCLASSE』のアイテムと組み合わせたコーデも合わせてチェックして。


RANKING


>>総合人気ランキング