【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯6

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯6

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第6回目は、「自分の望みに忠実に生きる」について。


誰もやらないことをやる

シャネルが取り入れることは時代の先を常に見据えたものでした。なかでも、群を抜いてその才能を発揮したのがファッション。例えば、フランスでは19世紀当時は女性が男性の服を着るということは、ほとんどありませんでした。

多くの女性は、当時もコルセットで体をギュウギュウに締めつけ、煌びやかなドレスに身をまとい、たおやかな仕草であることが、いわゆる当時の女性としての普通の振る舞いでした。上流貴族の高貴な遊びである乗馬でも、女性はズボンの上からドレスを履いて足を見せることはありません。馬にまたがるなんて、もってのほか、鞍の上で上品に横座りするものでした。

でもシャネルはそれが無意味だと感じたのでしょう。男性用の服を自分のサイズに仕立ててヒラリと馬にまたがるのです。それは周りに注目を浴びたいとか、誰よりも先をいきたいとか、そういった考えではなく、恐らくは当時にはびこる“服は豪華に着飾る”こと自体、シャネルにとって必要なものではなかったのではないでしょうか。

それに乗馬を純粋に楽しむなら、動きやすい男性服を着て馬にまたがるのが、むしろ自然な在り方。誰が何を思うかより、自分がどう在りたいかを大切にするのがシャネルなのです。

控えめな美しさは、賛否両論。瞬く間に注目の的に。

男装したシャネルを見たまわりの人々は驚き、途端に「なんて女なんだ!」と、噂の的に。そしてそれは乗馬服だけでなく、彼女が自分で仕立てるドレスへの評価も全く同じものでした。

いわゆるコルセットをつけ、流行のデザイン、シルエット、生地、身につける小物の豪華さなどは一切無視。決して華麗とはいえない、質素で地味。だけれど、それが良くも悪くも周りの目からは「斬新だ」、「控えめな装いが逆に美しい」と賞賛されることもあれば「地味でつまらない」と評価を受けることもあったそう。良くも悪くも、彼女の身につける服・行動全てが社交界で何よりも旬な話題となっていくのです。

服装から「自由」を切り開く

シャネルはエティエンヌのもとで豊かな暮らしをしていても、心のどこかで不自由な気持ちがあったのかもしれません。頼るあてが、お金持ちの愛人に変わったというだけで結局は自分の力で、自分の生活を安定させているわけではないから。

与えられた環境を活かし、自分が望む「自由」を実現させたい。そう考えた時にシャネルの身近にあったのがファッションでした。縛られた目に見えないルールを破り、自分が良いと思う服を着る。ただ、それだけのことですがそれが彼女にとって、そのとき唯一表現できる自由だったのではないでしょうか。

あなたにとっての自由とは何?

自由という言葉は、自分が自分であることに理由をつけることでもあります。何をやっても許される状況が自由というわけではなく、自分の力で自分の考えを実現化させていくことが「自由」の正しい在り方。そのために必要な、あなたらしい強い軸を持ってください。

シャネルは、自分らしい装いを貫くことで表現の自由を手に入れました。そして、それが周りにとって大きな影響を与えたのです。彼女をはじめとし、数々の女性がなんとなく倣っていたあらゆる慣習に疑問を持ち始めていきます。

あなたは、世の中に伝えたい自分自身の思いがありますか?
そして、それをどう表現していきますか?

ぜひ、あなたが思い描く望む未来へ、忠実に生きるための強い軸を見つけてくださいね。






この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

感情をフラットにする「俯瞰力」の鍛え方

どうしようもない怒り。深い悲しみに飲まれる。やってくる感情の大きな波に取り込まれそうになった時の抑止力にもなる「俯瞰するチカラ」。今回は、その俯瞰力の鍛え方についてご紹介します。


デキる人が実践している上手な時間の使い方

デキる人が実践している上手な時間の使い方

何かを始めたい。時間を有効活用して自分の時間を作りたい。そう思う方は多いでしょう。そこで今回はデキる人が実践&心掛けていることをご紹介。時間はお金で買えません。つまりお金よりも重要なのが時間。その貴重な財産を有効に使ってみましょう。


働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

働く女性のモチベーションになる3つの要素とやる気を維持する方法

仕事に対するモチベーションは、働く女性にとってなくてはならないもの。生き生きと働くことができれば、プライベートもより充実しますよね。しかし全員がやる気いっぱいで働いているわけではなく、なぜ働いているかわからなくなることも。そこで今回は、働く女性のモチベーションとなる3つの要素と、やる気を維持する方法をご紹介します。


【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

【仕事と育児】育休後、職場復帰に向けて悩むこととその改善について

働く女性の悩みで多く挙げられるのは、仕事と生活の両立。なかでも、結婚・出産に関しては、仕事との兼ね合いもあり、いつのタイミングがベストなのか……と頭を悩ませるものです。今回は出産後、職場復帰に向けて悩むことについてをまとめてみました。


「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

「女性」「若い」だけでなめられる。仕事でなめられないようにする対処法は

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけでなめてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


最新の投稿


シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

シミやくすみ悩みなら「飲む医薬品」がおすすめ!選び方3つのポイント♡

お肌の透明感やシミ、毛穴が気になる・・・毎日のスキンケアをもっとアップデートさせたいなら、内側からお肌をケアする「飲む医薬品」がおすすめです♡ エステに通うのは難しい、でもスキンケアをしっかりしたい!そんな方は必見です!


入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

入社すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された!すぐに転職すべき?

業績不振などを理由に「給与カット」「ボーナスカット」というのは実はよくある話。長年働いた会社であれば今までの信頼関係もあり、耐える事ができる局面ですが、入社後すぐに「給与カット」「ボーナスカット」された場合はどうするべきなのでしょうか?


「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

「社内副業」って何?目的やメリットデメリットを解説!

社内で別の仕事をする「社内副業」って知っていますか?今までは副業を禁止する企業がほとんどでしたが、現在では副業を解禁する企業が増えています。さらには、自社内で副業を認める「社内副業」まで登場しました。このよう働き方の変化には、どのような背景があるのでしょうか。


それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

それ「社内ストーカー」かも!最近増えてる会社内での付きまといや監視とは?

最近「社内ストーカー」という行為が増えているそうです。社内での付きまといや、監視、待ち伏せなど、は珍しい事例ではないようです。今回は近年増える社内ストーカーの実態や、被害にあった時のどうすればいいのかをご紹介します。


あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

あの二人怪しい…社内不倫している人のあるある行動

不倫は職場で起こりやすいと良く聞きますが、同僚は意外と気づいている事が多いです。今回は「社内不倫している人のあるある行動」を紹介します。こんな2人を見かけたらあなたならどうする?


RANKING


>>総合人気ランキング