勉強には「繰り返し」が必要! 心理学・脳科学から見た正しい勉強法

勉強には「繰り返し」が必要! 心理学・脳科学から見た正しい勉強法

エビングハウスの「忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これはドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが行った記憶に関する実験で分かった結果を表したグラフの名前です。人に記憶を定着させるためには、どのような勉強法がベストなのか、実験結果から確認していきましょう。


「勉強したのに覚えられない……」効率的な勉強方法って?

新しい資格とりたいと思った時、テストで良い点数を取るために勉強をしている時、あなたはどのような勉強方法をとっていますか?

短期間で集中して詰め込むタイプと、長期的に学びを繰り返すタイプ、それぞれ分かれていると思います。また書いて覚える人と、見て覚える人、耳で聞いて覚える人とその勉強方法もさまざま。

今回は、心理学で人の記憶に関しての調査をしたヘルマン・エビングハウスの調査結果と、そして脳科学的にみた記憶のメカニズムの両方を照らし合わせた、ベストな勉強方法について考えてみましょう。

自分に取ってのベストな勉強方法で、記憶の定着率を上げてみて。

人の「記憶」に関する調査をしたエビングハウス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ドイツの心理学者、エビングハウスのが記憶に関する実験を行った結果を見てみると、人は情報を記憶しても、20分後には約42%、1時間後には約56%、9時間で約64%、6日後には約76%の記憶を失うそうです。

つまり、短期間で集中して勉強をしてもあまり身になることはなく、「一夜漬け」の状態で、学びをやめた時点でその記憶はなくなるということです。そして、その実験では、立て続けに物事を覚えようとするよりも、感覚を開けて覚えた方が、効率よく脳に記憶されるという証明がされています。

脳が学んだ情報を忘れそうになったタイミングで、同じ情報を入れることによって、記憶の定着ができるというものです。

脳科学的に見ても、「繰り返す」ことは大事

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

また、脳科学的に見ても、記憶のメカニズムというのは「短期記憶」と「長期記憶」の2種類に分かれているといわれています。記憶を、短期記憶にするか長期記憶にするかを振り分けているのが、脳にある「海馬」という部分。捨てるべき記憶と、前頭葉や側頭葉などに保存しておく記憶をそれぞれに分けて判断をしているのだそうです。

この「海馬」が記憶を振り分ける時に判断するポイントが、「強い印象に残ったもの」「何度も情報を取り入れた反復性」そして、思い出や時間などで残る「エピソード記憶」の3つ。

私たちの頭の中にあるのは、海馬がこの3つの何かに属すると判断した記憶たちだというのです。テキストを眺めながら強い印象を抱くことはなかなか難しいでしょうし、全てに特別なエピソードを準備するわけにはいきません。勉強に関しては、一番繰り返しが効果的なことがわかります。

繰り返しにベストなタイミングをしっかりと計算して!

勉強には「繰り返し」が大切だということがわかりました。では、どのタイミングで繰り返せばいいのでしょうか?

きっとそれは人それぞれに違っているはずです。けれど、エビングハウスの記憶に関する調査をみてみると、最初の勉強から、つぎに繰り返す期間は6日ほどがベストなのでしょう。
1回目の勉強→(6日後)振り返り→(1ヶ月後手前)振り返り、と繰り返すことで、しっかりと学んだ情報の記憶が定着され、自分の身になるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

学びの方法は自己流でも、記憶を定着させるためのメカニズムが分かっていれば、どのあたりから勉強を始めるべきか、どういったスケジュールを取ればいいかがわかるはずです。

大人になると、新しい「学び」は徐々に減ってくるかもしれません。
それと同時に、学生の時に学んだ勉強のことは忘れていくもの。けれど、記憶や学びは失うだけでは自己の成長に繋がりません。脳の活性化のためにも、自分にとってベストな勉強法を知り、知識を増やしていきましょう。ぜひ、自分にとって効率の良い勉強法を見つけてみてください。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


キャリア 勉強

関連する投稿


変われない理由を心理学が解明。自分を変えたい!がスグに叶う3つの方法

変われない理由を心理学が解明。自分を変えたい!がスグに叶う3つの方法

新しく始めたいと思うことや、自分を変えたいと思うことがあっても、なかなか変わることができないのが人間です。今回は、“人間が変わることができないメカニズム”から、変わるためのもっとも簡単な3つの方法を紹介。ぜひ参考にしてみてくださいね。


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


無理せずタスクを全て完了させる! マルチタスクをうまくこなすコツ

無理せずタスクを全て完了させる! マルチタスクをうまくこなすコツ

打ち合わせやメールの返信、資料作りなど、同時にやらなくてはいけないことが重なっているときは一体どうすればいい? 今回は、無理せず仕事を終わらせるための「マルチタスクをこなすコツ」をご紹介します。


「自分らしく働きたい!」好きを仕事にするために知っておきたい5つのこと

「自分らしく働きたい!」好きを仕事にするために知っておきたい5つのこと

副業を認める企業も増え、自由な働き方ができるようになった今「好きなことを仕事にしたい」と思う人はどれくらいいるのでしょうか? しかし、“なんとなく”で行動に移そうとすると、思ったよりもハードルが高く、挫折してしまうこともあります。好きを仕事にするために知っておきたい5つのことをまとめました。


【転職コラム】一次面接通過! 最終面接に挑む前に備えておきたいこと

【転職コラム】一次面接通過! 最終面接に挑む前に備えておきたいこと

これまで数回にわたって、面接で「言いたいことを伝えるちょっとしたコツ」を伝えてきましたが、最終面接までいくことが決まったら、一体どうすればいいのか? 最終面接を受ける前に知っておいてほしいこと、そして最終面接に備えて準備しておきたいことを、キャリアアドバイザーが紹介します。


最新の投稿


「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

「良かれと思ってやったのに……」親切な人とおせっかいな人の差とは?

親切でやっていたことが実はおせっかいだと相手が感じとってしまうこともあります。自分は良かれと思っていたのが、迷惑だと思われるのは少し悲しいですが、そもそもおせっかいと親切の差とはの何なのでしょうか?


だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

だらだら残業には卒業!深夜残業には優先順位をつけてメリハリある生活を

家に帰ってもやることがないから、ついつい仕事をしちゃう……というだらだら残業をしてしまう人はいませんか? せっかくある自分の時間を無駄にしてしまうのはもったいないから、メリハリをつけた習慣を作りましょう。


仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

仕事の合間も、美味しい紅茶で一息。ティーパックでも苦くならないコツは?

オフィスでも美味しい紅茶を飲みたい! というよくばり女子のためにカンタンに美味しい紅茶をいれる3STEPをお教えします! とっても簡単なのですぐに実行できちゃいますよ♪


このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

このまま続ける?それとも転職?ハラスメントに合った時の対処法

小さな会社も大きな会社も会社の規模に関わらず、さまざまなハラスメントが横行している世の中。あなたはハラスメントに対して、どのように考えていますか? 実際に複数のハラスメントを経験して来た、元会社員の筆者が提案するハラスメントに合った時の対処法をご紹介します。


「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

「頑張って」は逆効果?大切な人が疲れてしまったときにしてあげたいこと

家族や恋人……自分ではなく大切な人が、いつもより元気をなくしてしまったら、どんな言葉をかけてあげればいいか迷いませんか?今回は、大切な人が疲れてしまったときに自分がしてあげられることをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング