勉強には「繰り返し」が必要! 心理学・脳科学から見た正しい勉強法

勉強には「繰り返し」が必要! 心理学・脳科学から見た正しい勉強法

エビングハウスの「忘却曲線」という言葉を聞いたことがあるでしょうか? これはドイツの心理学者、ヘルマン・エビングハウスが行った記憶に関する実験で分かった結果を表したグラフの名前です。人に記憶を定着させるためには、どのような勉強法がベストなのか、実験結果から確認していきましょう。


「勉強したのに覚えられない……」効率的な勉強方法って?

新しい資格とりたいと思った時、テストで良い点数を取るために勉強をしている時、あなたはどのような勉強方法をとっていますか?

短期間で集中して詰め込むタイプと、長期的に学びを繰り返すタイプ、それぞれ分かれていると思います。また書いて覚える人と、見て覚える人、耳で聞いて覚える人とその勉強方法もさまざま。

今回は、心理学で人の記憶に関しての調査をしたヘルマン・エビングハウスの調査結果と、そして脳科学的にみた記憶のメカニズムの両方を照らし合わせた、ベストな勉強方法について考えてみましょう。

自分に取ってのベストな勉強方法で、記憶の定着率を上げてみて。

人の「記憶」に関する調査をしたエビングハウス

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

ドイツの心理学者、エビングハウスのが記憶に関する実験を行った結果を見てみると、人は情報を記憶しても、20分後には約42%、1時間後には約56%、9時間で約64%、6日後には約76%の記憶を失うそうです。

つまり、短期間で集中して勉強をしてもあまり身になることはなく、「一夜漬け」の状態で、学びをやめた時点でその記憶はなくなるということです。そして、その実験では、立て続けに物事を覚えようとするよりも、感覚を開けて覚えた方が、効率よく脳に記憶されるという証明がされています。

脳が学んだ情報を忘れそうになったタイミングで、同じ情報を入れることによって、記憶の定着ができるというものです。

脳科学的に見ても、「繰り返す」ことは大事

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

また、脳科学的に見ても、記憶のメカニズムというのは「短期記憶」と「長期記憶」の2種類に分かれているといわれています。記憶を、短期記憶にするか長期記憶にするかを振り分けているのが、脳にある「海馬」という部分。捨てるべき記憶と、前頭葉や側頭葉などに保存しておく記憶をそれぞれに分けて判断をしているのだそうです。

この「海馬」が記憶を振り分ける時に判断するポイントが、「強い印象に残ったもの」「何度も情報を取り入れた反復性」そして、思い出や時間などで残る「エピソード記憶」の3つ。

私たちの頭の中にあるのは、海馬がこの3つの何かに属すると判断した記憶たちだというのです。テキストを眺めながら強い印象を抱くことはなかなか難しいでしょうし、全てに特別なエピソードを準備するわけにはいきません。勉強に関しては、一番繰り返しが効果的なことがわかります。

繰り返しにベストなタイミングをしっかりと計算して!

勉強には「繰り返し」が大切だということがわかりました。では、どのタイミングで繰り返せばいいのでしょうか?

きっとそれは人それぞれに違っているはずです。けれど、エビングハウスの記憶に関する調査をみてみると、最初の勉強から、つぎに繰り返す期間は6日ほどがベストなのでしょう。
1回目の勉強→(6日後)振り返り→(1ヶ月後手前)振り返り、と繰り返すことで、しっかりと学んだ情報の記憶が定着され、自分の身になるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

学びの方法は自己流でも、記憶を定着させるためのメカニズムが分かっていれば、どのあたりから勉強を始めるべきか、どういったスケジュールを取ればいいかがわかるはずです。

大人になると、新しい「学び」は徐々に減ってくるかもしれません。
それと同時に、学生の時に学んだ勉強のことは忘れていくもの。けれど、記憶や学びは失うだけでは自己の成長に繋がりません。脳の活性化のためにも、自分にとってベストな勉強法を知り、知識を増やしていきましょう。ぜひ、自分にとって効率の良い勉強法を見つけてみてください。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


キャリア 勉強

関連する投稿


【診断チェック付き】あなたはどのタイプ? タイプ別コミュニケーション法

【診断チェック付き】あなたはどのタイプ? タイプ別コミュニケーション法

皆さんは対話する相手によってコミュニケーションを変えていますか? 実は、万人に通用するコミュニケーションを見つけるのは難しいもの。ソーシャルスタイル理論をもとに作られた『タイプ別コミュニケーション法』を取り入れて、人それぞれのコミュニケーションを取っていきましょう。


誘いに応じるだけじゃだめ。時間を選別してストレスフリーに過ごすコツ

誘いに応じるだけじゃだめ。時間を選別してストレスフリーに過ごすコツ

忙しい私たちにとって、自由に過ごせる時間はとても貴重なもの。貴重だからこそ、時間の使い方を今一度見直す必要があるのかもしれません。毎度のごとく友達と遊ぶ予定を優先して、休日なのにすごく疲れてしまった……なんていう経験はありませんか?今回は、貴重なフリー時間を自分らしくマネジメントする方法をご紹介いたします。


目的に合わせてスマホを活用して! 勉強がはかどるオススメアプリ4選

目的に合わせてスマホを活用して! 勉強がはかどるオススメアプリ4選

「勉強しよう」と思って参考書とノートを手にしても、なかなか頭に入りづらかったり、理解ができなかったり、非効率になってしまう時がありますよね。そこで今回は、気軽に取り入れられて学びに活用できるオススメの勉強アプリをご紹介。目的に合わせて活用してみてくださいね。


恋と仕事、どっち取る?忙しウーマンの恋愛プラン

恋と仕事、どっち取る?忙しウーマンの恋愛プラン

忙しく動き回る働き女子は恋愛する暇なんてあるの?恋よりも仕事を優先しがちなアラサー女性におすすめする恋と仕事を両立する心構え


仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

仕事と家庭どちらも譲れない。両立を目指すなら"28歳"がターニングポイント

28歳はキャリアを伸ばしていくタイミングでもありますが、結婚・出産の適齢期でもあります。仕事も家庭もどちらも譲れない人は、28歳で一度立ち止まり、どう両立していけば良いのか、これからのことをプラニングしてみましょう。


最新の投稿


「一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられるようになりました」#これってハラスメントですか?!

「一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられるようになりました」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は一度の失言で、ずっと嫌な態度をとられている場合です。


礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

礼儀・礼節を重んじるコミュニケーションマナーと「ABCD」の法則

仕事でもプライベートでも充実している女性に共通するもの、皆さんはそれがなにかわかりますか? 実はそれはコミュニケーション力の高さ。礼儀正しく、美しい言葉づかいをすることです。今回はコミュニケーションマナーと、仕事で必要な「ABCD」について伝えていきます。


結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら仕事はどうする? 「価値観の違い」で後悔しないパートナー選び

結婚したら、仕事はどうする? 結婚はふたりにとって、とても大切なライフイベント。結婚した後に、価値観のズレを感じることは多々あります。「パートナー選びを間違ったな」なんて後悔しないよう、あらかじめ注意しておきたいことを紹介します。


行動に移して結果を待つ♡出会いがない日々から一歩抜け出す方法

行動に移して結果を待つ♡出会いがない日々から一歩抜け出す方法

社会人になって出会いがなくなった……。既婚者が年々増える現状に焦りを感じていませんか?ガツガツと行動する必要はないけれど、そろそろほんの少しがんばってみるのもありかもしれません♩


「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

「会議で発言するのが苦手…」を克服!自分の意見を発信できるようになるには

会議に参加したものの、発言するのが苦手で何も意見が言えなかったという人も多いのではないでしょうか? けれど会議では積極的に発言した人が目立ち、次々に責任感のあるプロジェクトを任されていきます。せっかく考えがあるなら言葉にしないと損。今回は苦手な要因別に、自己発言が出来るようになるコツをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング