経営者が実践!思考をポジティブにキープする方法



経営者が実践する、ポジティブマインドの作り方

未来に不安を感じないようにするためには?

先が見えないものに不安を感じるのは、誰もが経験すること。
特に職場事情や家庭事情など、さまざまなことが原因となり、先の見えない未来のことに不安を感じてしまいますよね。
しかし、経営者はその不安をポジティブに置き換えます。
もちろん経営者だって、誰でも不安は少なからずあります。だけど「なりたい未来」をイメージし、言葉にし、それをパワーにしていくのです。言ったからこそ、実現する。という強い思いです。
そして、『ここ(描く未来)に行き着くためには、どうしたらいいのか?』を考えます。

失敗したってOK

日本人は、「失敗は恥じ」というような風習が根付いているのですが、失敗したってOK。最終的には、自分が描いた未来に到達すればいいのですから。

だから、描く未来にたどり着くためには、どのようにしたらいいか? を具体的に考えます。
10年後、5年後、3年後、1年後。自分はどうなっていたいのか? を、日にちや状況など全て、具体的に考え、それに向かって行動を開始します。

軸だけはぶれないようにし、失敗したら、軌道修正すればいいだけ。
あとは日々、仮説を立てて検証するの繰り返しです。
またドリームマップをつくると、イメージしやすくなるので、雑誌の切り抜きなどを切りはりして、できたものを目に付くところに貼っておくのも◎。

占いも参考にしている

占いは統計学。
もちろんスピリチュアルな占いもありますが、占星術や九星気学など、莫大な量の情報を集められた中から、独自の解釈で生まれる言葉を使って伝えられるのが占いです。だから、全て間違っているわけではなく、参考にすべき部分だけ参考にしているのです。

例えば、2020年は運気が悪かったけれども、翌年は運気が上昇するとなれば、「来年はよくなるから、いま踏ん張っておこう」とか、その逆であれば、来年は何に注意すべきなのか? に着目して、『先回りする対策を今年中に打っておこう!』と、考えることができます。
だから経営者や政界の方々、芸能人の方々なども占いを参考にして、対策をしている人が多くいらっしゃいます。人生もリスクヘッジが必要ということですね。

大事なのは、やるかやらないか

筆者も昔、多くの経営者の方に教えていただきましたが、経営者において大切なのは『やるかやらないか』。それは経営者の人でなくても同じだと考えています。
だって、人生は1度きり。やるかやらないかで、未来は大きく変わるハズです。やって後悔するなら仕方ない。でもやらないで後悔するのは、お門違い。
ただし注意したいのは、未来をイメージした時に、イメージが浮かぶことには未来があるけれど、それを想像できないものには手を出さないこと。イメージできないものはやってもうまくいきません。

そんな風にして、メンタルをポジティブに運ぶようにしています。
時代が一気に変わってきている年ですが、どんどんチャレンジしていくことで、ご自身の未来を切り開いていってくださいね。