可愛い“だけ”の女子から卒業したい!色気のある女性の特徴って?

可愛い“だけ”の女子から卒業したい!色気のある女性の特徴って?

可愛さよりも、大人になったら色気がほしい……。どうすれば、色っぽい女性になれるの?今回は、色気のある女性の特徴をご紹介します。


色気のある、大人な女性になりたい

ファッションやメイクをがんばっても、なかなか身につかない「色気」。
色気のある女性たちは、まさに雰囲気美人で、佇んでいる姿をみるだけで惚れ惚れしちゃう独特なオーラがあります。

本人に秘訣を聞いても「何もがんばっていないよ!」と笑われるだけ。どうすれば、色気のある女性になれるのか、不思議でたまらないはず。

今回は、色気のある女性の特徴をご紹介します。

痩せすぎていない

かつては「モデルさん」といえば、ガリガリのイメージでした。しかし最近はどうでしょう?本格的に鍛えはじめるモデルさんもいるほど「痩せていればいい」というルールでは、なくなりつつあります。

それは一般人でも同じで、とくに男性陣は「痩せている人が可愛い」と全員が思っているわけではありません。どんな女性をスタイルのいい人として定義するかは、人それぞれですが、色気のある女性たちは、どちらかというとふっくらしている部分はあって、なおかつ見えている部分がキュッと引き締まっているイメージ。

すべてガリガリの状態ではないからこそ、男性陣も彼女とハグをしたときに、たまらないほど癒されるのです。ほどよくお肉もあって、だけどスタイルもいい。最近はどうやら、そんな女性たちを「色気がある」と判断する場合が多いようです。

女子力が高い

色気のある女性は、やはり努力家です。本人は努力していないつもりでも、周りから見たら人の何倍も努力しています。たとえば、彼女の近くにいると、いつもいい匂いがする。それはきっと、毎日ボディクリームやハンドクリームでお手入れをしているから。

誰にも知られない努力ですが、気づく人は気づきます。本人が「私、これだけ美容をがんばっているのよ」と言わなくても、立ち姿で普段、どれだけ美容に対してがんばっているのかは分かるもの。

仕事や趣味をがんばれても、美容となるとどうでしょう?正直「面倒くさい」と感じる女性も多いのではないでしょうか?

色気のある女性を目指しているとも言いながらも、お風呂はカバの水浴びのように洗い流し、出てきた後もお手入れをせず、そのまま眠る……。本気で色気を求めるのであれば、美容の時間を多めに♡

語らずとも恋愛経験豊富なのが分かる

色気のある女性=絶世の美女、とは限りません。なかには「雰囲気美人」の女性もいます。顔立ちというよりも、その人の雰囲気が独特で男性陣は目がハート状態に。彼女から直接、話を聞かなくても、今までどれだけモテてきたかは、立ち姿で分かります。

細かい部分までお手入れが届いていたり、ちょっとした仕草が色っぽかったりと、些細な言動ですぐに分かります。男性陣も全員が鈍感な人ではありません。むしろ仕事がデキる男性ほど、色気のある彼女が恋愛経験を積んできたかに気づきます。

今の時点で恋愛経験が少ないなら、やはり「美容」に力を入れ、外見からも磨きあげることが重要です。憧れの女性像を常に頭の中でイメージしながら過ごすだけでもオーラが変わりはじめます。

可愛い“だけ”の女子を卒業し、色気のある大人に

今や「可愛い」だけで世渡りするのは難しい時代です。そして、可愛いは永遠に続く価値でもありません。

内側から香る色気や、オーラで、魅力のある人になりましょう。つい疲れを感じて、美容こそ力を抜いてしまいそうになることもありますが、年を重ねてからの美しさを存分に楽しめる年齢がやってきたのです。一番差が出る年齢だからこそ、自己投資を諦めないで♡

目指すは、同性から憧れられる「色気」。品よく色っぽい仕草ポイント

https://cinq.style/articles/1031

ヘルシーな色気を手に入れたい。そう思ったときに意識すべき3つのことをご紹介!

この記事のライター

webライター・コラムニスト。2013年よりwebライターとして活動開始。月間300記事以上を執筆し実績多数。

関連するキーワード


色気

関連する投稿


恋愛をするから男は学ぶ。彼女に言われて改善するセックスエチケットって?|真っ赤な濡れオンナ#78

恋愛をするから男は学ぶ。彼女に言われて改善するセックスエチケットって?|真っ赤な濡れオンナ#78

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第78回目は、彼女が注意することで育つ、男性のエチケットについてです。


パンスト破っちゃう…オフィスワーク女性が取り入れたいテクニック|真っ赤な濡れオンナ#74

パンスト破っちゃう…オフィスワーク女性が取り入れたいテクニック|真っ赤な濡れオンナ#74

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第74回目は、パンストを使ったマンネリ解消テクニックです。


このオンナは抱けない…男が欲情しない女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#73

このオンナは抱けない…男が欲情しない女性の特徴|真っ赤な濡れオンナ#73

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第73回目は、セックスの対象外になる女性についてです。


喘ぎ声が出ないのが悩み。セクシーな声って絶対必要なの…?|真っ赤な濡れオンナ#71

喘ぎ声が出ないのが悩み。セクシーな声って絶対必要なの…?|真っ赤な濡れオンナ#71

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第71回目は、ペンネームまりさんから頂いた「喘ぎ声」についてです。


「肌が吸い付く」感覚ってなに? 相性が良い相手の選び方|真っ赤な濡れオンナ#69

「肌が吸い付く」感覚ってなに? 相性が良い相手の選び方|真っ赤な濡れオンナ#69

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第69回目は、「肌が吸い付く」感覚があるのはなぜ?というKさんからの質問を考えます。


最新の投稿


転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

転職活動をはじめてから退職するまでに知っておきたい知識まとめ

アラサーになると「転職をしようかな?」と自分のキャリアについて考える時間が増えていきます。今の仕事をこのままするべきか、挑戦してみたいことを思い切ってやるべきか。もし、転職活動をするのであれば、失敗はしたくないものです。では、転職に興味がでて来たときには、どんなことに気を付ければ良いのでしょうか?


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング