いつかきっと。つらい失恋が大きな転機になる理由



涙の数だけ幸せになれる!

ずっと好きだった人と別れることほど、つらい出来事はありません。
長く付き合っていればいるほど、別れを受け入れられず、お互いにズルズルと引きずりがち。

でも一度、区切りがついた以上は、完全に離れ、それぞれがしっかり自分の道を歩み続けなければいけません。

今はすごくつらくても、きちんと乗り越えることで、また一つ、階段を上れるのです。今回は、つらい失恋が大きな転機になる理由をご紹介します。

必要のない人にしがみついているのは苦しい

「別れました」と言いながらも、未だに彼に会いに行ったり、完全に離れることができず、ぐだぐだしている女子たちは意外と多いはず。

なかには「友達として仲良くしているの」と無理やり、自分の気持ちを抑え込む人もいますが、一度深い関係になった以上、正真正銘の友達関係にはなれません。

お互いに別れが訪れたということは、それだけ、今の自分にとって相手は必要のない存在なのです。もしくは、お互いに学びきったからこそ、別々の道を歩むことになっているはずなんです。

すでに終わっている関係にしがみついていると、やはり前には進めません。後退していくだけ、と言っても間違いはないでしょう。元彼にしがみつくのをやめることが、ファーストステップです。

一人の時間が増えて、新しいことにチャレンジしやすくなる

つらい失恋だったけれど、後から振り返ると、とても大きな転機になっている場合があります。

それはおそらく、彼と離れたことで一人の時間が増え、新しいことにもチャレンジできるようになり、自分に自信がついた結果、プラスのエネルギーに引き寄せられて、彼が居る時よりも楽しい状態に入れているから♡

一人の時間が増えた途端に、女友達と群がる人もいますが、あえて一人の時間を楽しむことで、今までとはまた違う角度から毎日を楽しめるように。

資格試験を受けてみたり、英語を勉強してみたり、身体を鍛えてみたり…。最初は小さな変化に思えても、そのうちそれぞれが大きな変化をもたらし、最終的には、元彼以上の最高なパートナーと出会えている可能性もあるのです。

今まで慣れ親しんだ環境から離れ、新天地へ行けば、つらい失恋もどうでもよくなります♡

趣味が増えると、出会いの数も増える

一人の時間を最大限に活かしたいと考えたとき「趣味を増やしてみよう」と考える人が圧倒的に多いでしょう。ただし、ポイントとしては、一つ一つの趣味や習い事を究めることが大事!

あれもこれもと手を出し、自分が多趣味な人であることをアピールする人もいますが、あくまでも一つ一つを深く学び、スキルとして身につけなければ意味がありません。

いろいろと趣味を楽しんでいるうちに、趣味友も増え、講師・インストラクターとの出会いもあり、今までよりもまた人間関係が広がります。もちろん、その中で素敵な人との出会いもあるでしょう♡

つらい失恋をどう活かすかは自分次第♡
最後に泣くのか笑うのか、今の自分がどう過ごすかで、すべてが変わります!

先々まで見通したうえで目の前のことに夢中になれる

彼と一緒にいることがお荷物になっているのに無理して付き合っていると、どうしても、仕事も何もかもうまくいかなくなります。つらくても彼を手放せば、一人になる不安はあるけれど、その分、先々まで見通したうえで行動する癖がつきます。

たとえば、ストレス解消で買い物ばかりしていても、これからもフリーの生活が続くとなると、今のうちに貯金をしておいたほうがいいと、未来から逆算して行動がとれるようになるのです。

未来についてばかり考えていても仕方がないのかもしれませんが、今の時点で独身、なおかつこれからもしばらく一人で過ごす可能性が高いなら、きちんと先まで読む力、ブレーキをかける力も大切です。

つらい失恋を乗り越えたら、新しい自分に出会える

つらい失恋を経験すると、人として成長できます。
他人に対しても今まで以上に優しくなれます。

今はつらくても、きちんと向き合い、行動に移した人は、最後には笑っています♡周りに流されすぎず、きちんと自分の足で大きな山を乗り越えて!