【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯7

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯7

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第6回目は、「才能の見出し方」について。


♯帽子屋を始めよう!

愛人であるエティエンヌの財力に頼るだけの生き方では本当の意味で自由は得られない。そう考えた、シャネルは自らの力で生きるために「仕事」を欲しました。そこでシャネルが注目したのは帽子屋を開くこと。そう、実はシャネルの起業のスタートは帽子屋からだったのです。

何故、帽子屋なのか。
…と言われれば、彼女は「帽子製作の技術を持っていたから」と言うシンプルな理由につきますが、それだけではありません。20世紀初頭のフランスの社交界では帽子は必需品。現代のように今日の気分で帽子を被る・被らないを決めるものではなく、“ 帽子は絶対に被るもの ”という当たり前のルールのようなものがありました。

シャネルのドレスは社交界でも注目の的で人気はありましたが、そうは言ってもまだまだコルセット主流の時代でもあったので世間一般で簡単に受け入れられるテイストではなかったのかもしれません。その点、シャネルの帽子においてはシンプルながら、一点豪華な主張やエレガンスさがあってぜひ、私もその帽子が欲しい!と言われることも多かったので帽子屋を始めることにしたのではないでしょうか。シャネルは何をやるにしても、時代の流れ、世間のニーズを瞬時に察知し、それに伴う行動を起こすことに長けていたのでしょう。

♯初めてのお客様は…

帽子屋を始めるにあたっての最初の開業資金をどうしたのかというと、そこはもちろん愛人であるエティエンヌが支援しました。ところが、エティエンヌは最初に帽子屋を開きたいというシャネルの申し入れを大変困惑したそう。その心としては「愛人が仕事をするだなんて、僕が愛人を養う財力がまるでないみたいだ。」という思いで反対したのではないかと言われています。

長い話し合いの末、シャネルの強情さに負け、アパートの片隅をアトリエ兼お店として貸したエティエンヌ。早速シャネルは、エティエンヌのもう一人の愛人でありクルティザンヌ(高級娼婦)のエミリエンヌとその友人をアトリエに招待し、帽子を販売し始めました。

エミリエンヌはシャネルのことは愛人同士という立場でライバルでもありながらも、彼女のセンスを認めていました。そのため、シャネルが帽子店を開くと聞きつけるとすぐさまアトリエに足を運び、シャネルがデザインした帽子で社交界へ出向き、エミリエンヌはより注目を浴びるようになります。エミリエンヌというパトロンがさらなるお客さんを呼び込み、瞬く間にシャネルの帽子店は人気を呼ぶことになっていったのです。

♯女であることも1つのビジネス

例えるものでも、比べることでもありませんが、私自身、シャネルが愛人に資金援助を申し入れた話を知ったときは思わず、「まるで銀座のナンバーワンホステスが、新しいクラブを立ち上げるための資金援助をパトロンにお願いする」ような感覚を覚えました。これが私にとってはとても意外な事実。というのもシャネルは精神的にも強く、何もないところから誰の力も借りずに自分で財力を築いてきた…。と言うイメージがあったからです。

しかしシャネルの時代からすれば、女性が自分の仕事を持つということは、女である部分を利用してのし上がるしか道はなかったのでしょう。そしてその良し悪しは現代の感覚とはまた違うものなのかもしれません。

また、シャネルならきっと必要以上に愛人にすり寄って甘えたりすることなく、一人のビジネスマンとして対等なパートナー関係でエティエンヌに支援を申し出ていたのだろうとシャネルの強い信念を尊敬するからこそ、私はそう考えています。そんな彼女の芯の強さが、エティエンヌの答えを覆したのだとも確信しています。

♯自分を正しく見極める

私はシャネルの史実からビジネスを作る上で大切なことを2つ教わりました。それは「自分のスキルを活かすこと」と「人に求められることを正しく見極めること」です。誰しもが自分の好きなことでビジネスを始めたい!と思っていても、必ずしもそのセンスが伸びるわけではありません。

シャネルでいうならば、歌手を夢見て続けていてもきっと彼女の才能はここまで伸びなかったかもしれないということ。シャネルはそうでありたくても、世間はそれを求めていなかった。その代わりに、彼女に求められたのは新時代を担う女性の新しいファッションスタイルを提案することだったのです。また、彼女は生前こんな言葉を遺しています。

「扉に変わるかもしれないという、勝手な希望を抱いて壁を叩き続けてはいけないわ」

成功する上では自分の都合の良いように事が運ばないかなと勝手に未来に期待を抱くだけではダメ。自分で壁なのか扉なのかを正しく見極めていく知恵を身につけて。と彼女は私たちに自身の経験を通じて、必要なことを伝えてくれているのかもしれません。

あなた自身の才能を見出したいと思ったときは、ぜひ今回ご紹介した事を参考にご自身に当てはめて考えてみてくださいね。

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯8

https://cinq.style/articles/1568

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第8回目となる今回は、シャネルが生前に遺した名言の中から、人生を豊かにする秘訣が詰まった一言を厳選してご紹介します。

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連する投稿


物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


毛玉だらけのニットでガッカリ。毛玉になる原因とお手入れ法を覚えよう!

毛玉だらけのニットでガッカリ。毛玉になる原因とお手入れ法を覚えよう!

寒い冬を乗り越えれる服と言えばニット! 毎日着ている人もいると思います。しかし、ニットって毛玉ができやすいのが難点。どうすれば毛玉にならずに長持ちすることができるのでしょうか? 今回は毛玉になる原因とお手入れ法についてご紹介します。


【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯13

【連載】ココシャネルに学ぶ「時代をつくる女の生き方」♯13

シャネルの生き様を通して、これからの時代を生きる女性を応援するための連載コラム。第13回目は「シャネルが作ったスタイル」について。


「自分の解釈=本人の意図」ではないかも? 理由を知ることの大切さ|MY WORK ヒント#68

「自分の解釈=本人の意図」ではないかも? 理由を知ることの大切さ|MY WORK ヒント#68

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第68回目は、思い込みを捨てて理由を聞く意味について考えます。


上手に両立!人生でもっとも大切なことは「時間とお金のバランス」

上手に両立!人生でもっとも大切なことは「時間とお金のバランス」

あなたは考えてる?時間とお金のバランスの費用対効果について考えるほどに、余裕のある暮らしが生まれていく!


最新の投稿


ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

ポイントはチークとリップ。パープルコスメで透明感増しの大人メイク

流行の兆しを見せつつあるパープル系コスメを使った透明感アップメイクを紹介。大人女子特有の肌のくすみをさりげなくカバーしてくれるカラー、ぜひチェックして。


みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

みんなはどうしてる? ミニ財布を持つ女子のリアルカード事情

持ち物をコンパクトにまとめようと、ミニマルサイズのアイテムが流行する今。中でも注目したいのはどんどん小さく、薄く、進化をし続けている「お財布」について。実際ミニ財布を持ち歩いている人たちは、たくさんあるカードをどのように収納しているのでしょうか? 財布の中身を抜き打ちチェックしてみました。


収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

収入・支出をしっかりとチェック! 働く女子のおすすめ家計簿アプリ

皆さんはお金の管理がキチンとできていますか? 最近は、スマホひとつあれば、お金の管理ができちゃう、便利アプリが続々と登場しています。手書きの家計簿ではできない優秀機能もたくさん。便利なサービスを使って、お金が「貯まる」仕組みに取り掛かっていきましょう!


物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

物を溜めない、散らかさない! 「汚部屋」を作らないルール

毎日少しずつ物が溜まり、気づいた時にはごちゃごちゃした“汚部屋”になってしまっていた……なんて経験はありませんか? 今回は、毎日のちょっとした工夫で綺麗な部屋を保つことのできる、ルールにすべき点をご紹介します。


プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼンの資料作りを頼まれた! 資料作りのコツとポイントは?

プレゼン用の資料を頼まれたとき……いきなりPCを開いて構想を練りながら資料作りに取り掛かっていませんか? 人に見せて説明するための資料は、デザインより文章の内容より、まずは「伝わる」ことが大切です。時間を無駄にすることのないよう、伝わる資料作りについて紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング