対等なパートナー関係が理想!高め合える恋人関係の築き方

対等なパートナー関係が理想!高め合える恋人関係の築き方

好きな人と愛し愛される関係は素晴らしいもの。だけど愛情表現の仕方は、人によって違いがあります。お互いがお互いに同じくらいの温度感で関係を続けられるのが理想だけど…それを実現させるにはどうすれば良いのでしょうか?


♯対等なパートナー関係とは

寝ても冷めても彼のことばかり考えてしまうほど好きになってしまうと、一転して彼から“重い女”と思われてしまう。かといって、自分の心が揺さぶられるほどの気持ちにはならない相手と付き合っても、なんだかつまらない。

だから、私たちが本当に求めているのは、お互いに同じ熱量で相手のことを思いやれる対等な関係なのですよね。とはいえ好きという感情は目に見える物質ではありません。実際に二人の気持ちが同じ熱量かどうかを図ることはできませんし…。ではどう対等に愛し愛されていると実感をすることができるのでしょうか。

それは、あなた自身が彼と付き合っていて「しんどいなぁ…」という思いを一切感じないことが1つの判断基準となります。例えば、彼よりあなたの彼を思う気持ちの方が強ければ、彼の一挙一動が気になって本当に愛されているか不安で“しんどい”。反対に自分よりも彼の方が必要以上に強い愛情だと、その気持ちに応えられなくて“しんどい”。理想の恋は風のように軽やかで、しんどいなんて微塵にも感じない関係のことを指します。

♯高め合える関係の築き方

強く想いすぎない

ドライな言い方にはなってしまいますが、相手を強く想いすぎないことが大切です。なぜなら、相手に対する気持ちが強くなり過ぎてしまうと好きという感情は途端に「執着」になってしまうから。好きで好きで仕方なくて、彼がいないと生きていけない!というドラマチックな感情を抱くのもまた、恋の醍醐味ではありますが、それってどこか恋に恋しているような感覚になっていないでしょうか?

相手を心から愛しているというより、「こんなに夢中になれるほど人を好きになれるなんて…ドラマみたい♡」と夢見心地気分になればなるほど、想いはどんどん一方的に加速していきます。そして、それが相手への執着になり、結果として彼との間の愛情バランスがズレていく原因にもなってしまうので、気持ちを入れ込み過ぎているなと実感したときは、少し冷静になる時間を作りましょう。

長所と短所を認め合う

対等なパートナー関係を築く上で私自身が大切にしていることなのですが、お互いの人間性において良い部分・悪い部分を認め合える関係でいようと意識することも大切なのではないでしょうか。恋人とは家族や友達とは違う密な関係を築ける、自分と最も近い関係にあたる人です。

家族には言えないことも、恋人には言えたりしますよね。だからこそ、恋人との間は優しい言葉だけでなくときに厳しい言葉でお互いを叱咤激励しあうことも必要です。つい好きな人のよくない部分を発見すると見ないふりをして蓋をしてしまいがちですが、彼の短所は短所としてしっかり受け止め、しかるべきタイミングで指摘していくことも忘れないでください。

もちろんそれだけでなく相手の良い部分を発見したら素直に認め、それをちゃんと相手に伝えていきましょう!

信じる心を持つ

好きな人と愛し愛される理想の関係になるために、個人的に最も大切な要素が「信じる心」だと実感しています。信じる心とは、彼に愛されていると信じる気持ち。そして、自分は愛されるに値する価値のある人間だと信じる気持ち。

彼に対してだけでなく、自分自身に対しての信頼感も忘れないでください。自分を信頼できないと「こんな私だから、彼に愛想をつかされてしまうかもしれない」という不安ばかりに目がいってしまい彼の愛をアナタが信じられなくなってしまいます。

また、もし今の彼とお別れすることになったとしても、アナタ自身が自分をしっかり信頼することができていれば「私が悪いわけじゃなくて、なるべくしてなった別れだったんだ」と、別れるキッカケを冷静に受け止めることができます。この自分に対する信頼があることで、必要以上に彼に依存しすぎることなく、恋愛をニュートラルな気持ちで楽しむことができます。これがお互いにとって理想的なパートナー関係を作る3つのポイント!

♯今日からできる習慣を

今回ご紹介した、良好なパートナー関係を構築するための3つのポイントは、恋人だけでなく家族や友人関係、職場の同僚に対しても同じことが言えます。ぜひ、特定の誰かとのコミュニケーションに悩んでいる方も今回のポイントを参考にしてみてくださいね。

また、何より大切なのは誰に何を評価されても動じない、自分への信頼感。多くの人は自分に自信がないから不安になるし、相手へ執着してしまいます。そんな自分から脱却したいときは、まず自分のことを一番に信頼してあげる習慣をつけましょう。「私なら絶対に大丈夫だよ!」と、自分に語りかけるだけでも効果がるのでぜひ、試してみて!

この記事のライター

Stylist&Writer/Illustrator/anan 総研メンバー
時短でオシャレを楽しめる技をご紹介します!

関連するキーワード


恋愛 カップル 角侑子

関連する投稿


一緒に乗り越えたい♡ コロナで愛情が深まるカップルの特徴

一緒に乗り越えたい♡ コロナで愛情が深まるカップルの特徴

コロナで絆が深まる人もいれば、別れる人も……。できれば一緒に困難を乗り越えて、さらに絆を深めたいですよね♩


こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

こんな男は絶対NG! 結婚相手にする前に見極めたい、ダメな男の特徴

この人、なんだかいいひとかも…? なんて判断するにはまだ早いかも。その彼と付き合う前に、結婚を考える前に、まずはチェックするところがあるはずです。ダメンズに引っかかる前に、注意すべき点をお教えします。


駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

駆け引きのつもりが地雷に!正しい恋の駆け引きトリセツ

恋に駆け引きはつきもの。そうは言っても、実は男性はそれを良しと思わない傾向があるかも…?正しい恋の駆け引きはどのタイミングで使うべき?


恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

恋愛が恨みに変わって裁判沙汰?! 働く女子の恋愛失敗&報復エピソード

大人の恋愛は、純粋な感情があれば上手くいくわけではありません。中には大きなトラブルに発展して、裁判沙汰になってしまうことも…?! 婚活女子を狙った巧妙な手口もあるようです。今回は、弁護士 齋藤健博さんの元にきた相談の中から、印象に残っている恋愛にまつわる恐ろしいエピソードを教えてもらいました…!


恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

恋も仕事も友情も結局はここ。結びつきを強くする「信頼」の築き方

好きな人を大事にしたい気持ちが強くなると、関係性が窮屈になりがち。でも、実は本当にすべきなのは期待や心配をかけるより相手を「信頼する」ことです。今回は、人を信頼する大切さについてご紹介。


最新の投稿


用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

用途に合わせて使い分け!まだ手に入れてない人に贈るエコバックの選び方

レジ袋有料化に伴って、買い物の際に必要不可欠なアイテムとなった「エコバッグ」。手に入れようと探してみても、意外と機能性の幅が広く、どれを使えばいいのか悩んでいる人も多いのでは? そこで今回は、用途別にどんなエコバックを使えばいいのかご紹介します。


コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

コロナで半日休業…だけど働いていたら打刻修正を求められた #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナの影響で半日休業になった社員さんから、こんな相談が届きました。


遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遠隔でも問題なし!テレワークの進め方【フュービック 岩井さんの場合】

遽テレワークを導入した企業も多く、慣れない作業環境でなかなか仕事がはかどらないとお困りの方もいるのでは? どうすれば在宅でうまく仕事をこなせるのか、同じようにテレワークを導入している働く女性に「テレワーク導入のヒント」を教えてもらいました!今回はフュービック 岩井 恵莉子さんです。


【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

【仕事と妊活】 看護師さんからみた「妊活」需要の変化とコロナ渦中の妊活

不妊の可能性に悩み、検査や治療に取り組んでいるカップルは4組に1組いるといわれています。中でも難しいのが仕事と妊活の両立。株式会社ファミワンの協力のもと、「妊活」需要の変化について考えていきます。


仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

仕事が決まらない…転職活動が思うように進まない時の対処法と考え方

転職活動を始めたはいいものの、思うように進まない…なんて悩みに直面した方も多いのではないでしょうか? 自分が思ったように物事が進まないと、ついやる気も失せてしまいます。けれど、転職活動がうまくいかないときにも必ず理由があるもの。キャリアアドバイザーが転職活動が思うように進まない時の対処をお教えします。


RANKING


>>総合人気ランキング