同じ速さだったはずなのに。彼を超えてしまったときに気をつけること



同じスピードで歩き、同じ方向をみていたはずなのに…。

学生時代から付き合っていた彼。
学生のときは、ただ楽しく過ごすだけでよかった。

でも、月日が経ち、お互いが別々の方向へ歩み出したとき、少しずつズレが生じてきます。
いつの間にか彼を通り過ぎ、大きく成長してしまっているなら、新しいステージに向けて、関係を解消するタイミングが来ているのかもしれません。

今回は、彼を超えてしまったときに気をつけることをご紹介いたします。

尊敬できる部分はありますか?

付き合ってすぐの頃を思い出してみてください。
一緒に過ごしていても「彼のこんなところが好き」「こんな風にしてくれるなんて」と、ふとしたタイミングで尊敬をしていたものです。

ところが年月が過ぎ、彼よりも成長してしまった場合、精神的にもおそらく彼よりも上でしょうから、尊敬できる部分がなくなってくるのです。

むしろ「なぜこんなことをするの?」「彼のこんなところが嫌い」と、マイナスな部分しか目に入ってこなくなります。

少しでも違和感を覚えているなら、それは、新しいステージへいきなさい、と言われているようなもの♡

デートを避けているなら、かなり危険な状態

彼よりも成長スピードが速くなり、精神的な部分でも仕事でも、上に来てしまった場合、まず彼と一緒に過ごすことが苦痛に感じます。

一緒にいても「早く一人になりたい」と思うのです。皆さんお気づきだと思いますが、ここまでの状態に入っているなら、今すぐにでも別れるべきでしょう。

どんなにお互いに話し合う姿勢があっても、自分の気持ちが冷めきっている以上、おそらく一度、できた溝は埋められません。

だからといって、成長した自分を責める必要もないのです。どちらかといえば、彼女のスピードに追いつけなかった彼も、本人が思っているほど、努力はしていなかったのでしょう。

デートを避けているなら、いっそのこと、新しい恋を始めたほうが自分らしく過ごせるはず。

仕事の話を隠しているなら無理している証拠

学生のときは何でも話せていたはずなのに、最近は彼氏に仕事の話ができなくなった…。なぜなら、仕事で成功した話をすると、口では「よかったね」と言いながらも、本音は喜んでいないのが分かるから!

でも冷静に考えてみると、彼女の成功したエピソードを受け止められない原因は、彼の器の小ささや未熟な部分といっていいはず。

仕事の話を受け流すような彼と結婚しても、おそらく苦労するだけです。

彼から「最近、どう?」と言われても「絶対に言いたくない」と思っているなら、関係性はもう終わりを迎えている可能性が高いのです。

精神的に幼い彼を今すぐには変えられない

彼よりも超えてしまったということは、あなたの成長スピードも速かったし、言い方を変えれば、彼は現状を変えようという意思がないのかもしれません。

今は付き合うタイミングではない、と考える方もいらっしゃると思いますが、精神的に幼い彼は、よほど衝撃的なことが起こらない限り、基本的には何年経とうとも、ずっとそのままでしょう。

そんな彼との復縁を望むくらいなら、一人でいたほうが気楽かもしれません。彼を超えてしまった以上は、後ろへと引きずられないように、早めに今後の方針を決めておくべきかも…。

彼から学びきったら次のステージへ!

彼を超えてしまった。その事実を変えることはできません。
マイナスに捉える必要はなく、もう彼から学べるものはないのでしょう。いつまでもズルズルと関係を続けるよりも早めに断ち切り、次のステージに向けての準備を始めましょう。