婚期を逃さないために! 婚活で大切にしたい時間と引き際の話



婚活におけるDog yearについて

婚活者にとって、時間は超大事です。よく、婚活者の年齢は「Dog year ドッグイヤー」とたとえられます。犬が1年ごとに約4歳もの歳をとってしまうように、婚活者においても、たった1歳年齢を重ねるだけで、とりまく状況が大きく変わってしまうからです。

歳を重ねるごとに、相手に求める条件は上がりがちなのと同様に、自分が相手から求められる要素も上がっていきます。
さらに、自分に好意を寄せてくれる男性の層やタイプが、1歳年齢を重ねるだけで大きく変わってしまうという事が目に見えてわかってしまうのが、まさに現代婚活市場なのです。

結婚に近い女性とは……!?

ちなみに、結婚に近い女性とは……

やっぱり、素敵な彼と交際している女性でしょうか?
それとも、彼と何年も同棲をしている女性でしょうか?

多くの婚活者を見ていると、とてもそうとは言えません。

なぜならば、女性が結婚したいと思うような素敵な男性であればあるほど、なかなか結婚を決断しないことも多いからです。

また、恋愛の寿命は2年~4年ほどと言われていますから、長期間において交際や同棲をしていたとしても、いざ恋愛感情がなくなってしまったときに、あっけなく終わってしまうというケースも往々にしてあります。

ましてや、交際相手が、現在進行形で結婚願望のない男性であれば、どんな大恋愛であったとしても、結婚の話をすれば静かに終わりを迎えることも。

実は、「彼氏がいない…」と行動している女性の方が、これから結婚を前提とした彼氏と出会える可能性があり、結婚に近いのです。
前述したDog yearを意識して、積極的に婚活を進めることで、一歩先を行っているように思えた友人達より、先に結婚することもできるのですね。

結婚したい女性が意識すべき、引き際

もし、あなたが「結婚してくれない彼のために、数年を費やして別れるのは嫌だ!」と考えるのであれば、彼が結婚を考えているかどうかは交際中に確認しておくべき。
既に彼と1年以上交際している場合や、とくに30代以上の女性であれば、聞くことは全く不自然ではありません。

もし適当にはぐらかされたり、その反応が薄い場合は、残念ながら、それが答え。
どんなに耳触りのいい言葉を並べられても、結婚をしてくれないという事実だけが答えなのです。

また、結婚適齢期の男女が数年交際しているにも関わらず、結婚について女性から聞けないという関係性も考えもの。
そのご縁が結婚に繋がる可能性はほぼありません。

これらのようなケースは、まさに引き際であり、あなたが結婚を望むのであれば、お別れも考えるときなのかもしれません。
勇気を持って引くことで、新しい良縁がやってきますし、彼が変わってくれることも。

結婚を決めるべき正念場を逃さない

前述したように、時間を意識し、引き際を見極めることは大切です。
しかし、逆に、いざ結婚が目の前に迫ったときに「この男性は私に合わないかも」と、他に良い男性がいると考えてしまうこともあるようです。
そんな時には、状況を冷静に見極め、ときには粘り、結婚に進むことも大切です。

禅の言葉に「八九成 -はっくじょう-」という言葉があります。
十を完成とした場合に八・九分通りの出来、つまり、未完成であるということが、
禅の世界では十分に完成しているという誉め言葉にあたります。

完成したものは、あとは落ち目があるだけ。
それよりは一、二分の余力を残したかたちに最高の価値があるという考えです。

このように、
「男性も、八九成が最善。あとは自分がフォローしたり、男性を育てていくのだ!」
と考えることが出来れば、結婚へのハードルも下がりますし、結婚後の生活も上手くいきやすくなります。

読者の皆様が、目の前の時間とチャンスを大切にすることで、納得のできる結婚ができますように!