彼との結婚が想像できないのに付き合っている。これって、おかしいこと?



結婚が想像できないのに、付き合っているっておかしい?

彼のことは好き。彼と過ごす時間も好き。だけど今はまだ、二人の未来が想像できない。
彼からは「そろそろいいんじゃない?」と言われても、適当にごまかしている自分が少しずつ許せなくなってきた……。

彼との結婚が想像できないのに付き合っているのは、そもそもおかしいこと?今回は、彼との結婚を想像できない人が考えておきたいことをご紹介します。

好きな気持ちがあるなら問題なし

彼との結婚を想像できないのは、なぜでしょう?まずは自分自身に「ナゼ」と、たくさん質問をしてみてください。

もしかしたら、彼に問題があるのではなく、もうしばらく仕事をがんばっていたいだけなのかもしれません。二人の間に何も問題がなければ「もう少し仕事に集中させてほしい」とお願いすれば、彼は待ってくれるでしょう。

彼への想いが消えていない。消えるどころか、いつも心のどこかでは彼を思っているなら、何も問題はありません。ただ、いつまでも彼を待たしておくわけにもいかない。自分の中で締め切りをつくり、それまでには仕事を軌道にのせられるようにがんばって♡

惰性で付き合っているなら別れるべし

彼に対する気持ちが冷めている場合。これはかなり大問題です。なぜなら「惰性」でなんとなく付き合っている状態だから。彼もあなたも、もしかしたら新しいパートナーを求めているのに、今すぐに見つかる気配がないから「とりあえず」付き合っているだけかもしれません。

だからお互いに結婚をしようともしないし、同棲すらしない状況なのかも……。あきらかに、どちらかの気持ちが冷めていて、これ以上の発展が望めないなら、一度区切りをつけた方がよさそうです。

惰性で付き合っているのは、きっと彼にもバレています。喧嘩続きで、まともにデートさえも楽しめない状況なら、たとえ多少つらい思いをしても、一度関係を断つように!

結婚にこだわる必要はない

彼に対してというよりも、結婚生活に魅力を感じられない場合もあります。仕事も趣味も楽しみたい。だけど奥さんやママになる自分は想像できない。でも彼には側にいてほしい。そんなときは彼と話し合い、結婚以外の選択肢をとるのもあり。

今は事実婚を選ぶカップルも昔に比べれば多くなってきています。結婚制度に魅力を感じない、と訴える人もよく見かけます。

あくまでも、自分のやりたいことを優先させて、残りの時間を彼とシェアしたいなら、結婚以外の方法を彼に提案し、一緒に検討してもらいましょう。お互いが自立した存在で、なおさら結婚にこだわらなくてもいいはず……。

「2人にとって一番」な決断を

彼との結婚が想像できないのに付き合っている状態は、決しておかしいことではありません。ただ彼に気持ちがないなら、また別の問題。

あくまでもずっと彼の側にいてほしいなら、あとは二人で話し合い、お互いに納得できる道を探るだけでいいのです。ゆっくり話し合いつつ、二人が一緒にいられる道を見つけましょう♡