「女性」「若い」だけで舐められる。仕事で舐められないようにする対処法とは?

「女性」「若い」だけで舐められる。仕事で舐められないようにする対処法とは?

上司や取引先などで、年上の男性とのやり取りをしていると「女性だから」「若いから」という理由だけで舐めてかかってくる人がいます。どう対処したら良いのでしょうか?


「あれ?もしかして私、舐められてる……?」

仕事での人間関係の悩みは尽きないもの。
その中でも、働く女性によくある悩みの一つとして、上司や取引先の男性から「舐められる」という声が挙がってきます。政府が、女性の管理職を30%増やそうと動いてる現状から、女性起業家として活躍する人たちも増えてはいますが、世の中には、まだまだこうした女性のキャリア進出を理解しきれていない人がたくさん居るのです。

特に、自分をよく知らない社外の男性、団塊世代と呼ばれるような年上の世代には「女性」という性を理由に上目線で話しかけたり、舐めてかかってくる人も多いもの。

自分が知らないような知識をあえて語り「これ知ってる?」と聞き、素直に知らないと答えると「知らないの!? よくそれで仕事ができてるね」と嫌味を言ってくる人もいれば、一生懸命仕事に関する話をしているのに関わらず、「〇〇ちゃんがお店を開いたら行くのに」なんて、セクハラじみた発言をする人も。

もちろん、全ての年上男性がそうだとは言いませんが、これは実際にある話。どうすれば、女性は舐められないようになるのでしょうか? その対策について考えてきます。

強くて余裕がある女性を演出するには

年齢が若い・服装が若い・童顔といった、幼い印象は舐められやすい傾向にあります。
その対策として、よく女性が行うのが、大人っぽく見えるようなメイクや服装にするという方法です。しかし、好きなスタイルを封印したところで、正直「大人っぽさ」を演出するには限界もあります。
逆に大人っぽさを押し出すことによって、女性性が逆の方向に強調されてしまうことも。予想と違う展開に持っていかれないよう、メイク・服装ではない3つの対策法を知っておきましょう。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

声を低く、ゆっくりと話す

声は、人に印象づける大きな要素です。声の高い人は、若々しく可愛らしいイメージがあり、声の低い女性はしっかりしていて、気が強い印象に。声は自分の顔と同じように、その人のイメージを形成するもの。高すぎない声の高さで、落ち着いて話すことによって、大人らしい声が作られます。

また、普段とは違う話し方を意識することで、印象を変えることが出来ます。小さい声でごにょごにょと話すのではなく、はっきりとした話し方で会話をしましょう。

魅力的な声は武器になる。声にも女性らしさや色っぽさを意識して

https://cinq.style/articles/4

「声」を意識したことはありますか? 会話するときに「声」はあなたを印象づけるためのとっても大切な要素。小さい努力で、あなたの印象・魅力がぐんとあがります。印象は自分自身ではなく周りが積み上げていくもの。相手と会話の内容を意識して、印象のコントロールを。

コミュニケーション力

ビジネススキルとして身に着けておきたいコミュニケーション力は、高くて損することがありません。
会話がぎこちないと、上手く喋れないことを良いように、どんどん上目線での態度をとってきます。時間はかかるかもしれませんが、コミュニケーション力を向上させ、相手に負けないトーク力を身につけることが一番効果的です。舐められた時にもできる、大人な対処法を身につけておきましょう。

またこれは一つのテクニックでもありますが、説明をする時に“数字”をうまく使うとデキる印象がつきやすいです。「前年比と比べて○%増加」などと、説明に数字を加えておくことで知的な女性に。

背筋を伸ばし、毅然とした態度で接する

低姿勢での対応をし続けると、相手は要望を聞いてもらいやすいと勘違いを起こします。特に、モラハラやセクハラを起こすような年上男性には、何を言われても動じない、毅然とした態度を貫くべきです。その場合に、笑顔と愛嬌は必要ありません。「この人をいじっても、つまらない」と思わせることが大切です。

また、美しい姿勢をキープすることも大切です。姿勢が悪いと、弱く頼りないイメージを持たれます。姿勢を良くするだけで、堂々としていて自信のある人物に見せることができます。ビシッとした立ち姿は、同じ女性として格好良い。ぜひ姿勢も意識していきましょう。

ミス・ユニバース直伝、美しい歩き方をつくるウォーキングレッスン

https://cinq.style/articles/13

普段歩くときにあなたは姿勢を気にしていますか? 前かがみになっていませんか? よくばり女子のみなさまにミス・ユニバース直伝、美しく歩くためのウォーキングレッスンを紹介します。

たとえ舐められたとしても、戦わず割り切る

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もし舐められたとしても、気にしないことが一番です。
性や年齢は変えられないもの。一切自分には非がないのです。変えられない性別、変えられない年齢で競おうとすると疲労が進むだけ。世の中には、仕事の出来・容姿・性格など、何でもマウントをとり、自分の価値を高めようとする人が居るものなのです。いくら対策をしても、隙を狙ってくるだけ。

今回紹介した対策は、舐められる回数は減らすための手段として捉えてください。もしまた、舐めてくる人がいたとしても、気にしないことが自分を守る武器になります。
「女性」「若い人」という括りだけで舐められる時代は近い将来なくなると信じ、今の仕事に誇りをもって続けてほしいです。

「色気がない」と言われたら"勝ち"だと思え! お仕事ウーマンへの教え

https://cinq.style/articles/573

「お前には色気がないなあ」と言われて、イラッとした経験のある女性も多いのでは?

この記事のライター

ごく普通の会社員。
自分自身が「気になる」と思ったことについて情報を発信中。

関連する投稿


お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第85回目は、印象が変わる大人のネガティブ対応について考えます。


人材業界16年目のキャリアアドバイザーが教える転職活動前の事前準備

人材業界16年目のキャリアアドバイザーが教える転職活動前の事前準備

転職したいけど、どうしようかな…と漠然と考えている方や、すでに転職活動をはじめているけれどなかなかうまくいかないなと悩んでいる人に、キャリアアドバイザーが改めて、転職活動に取り組む前に必要な「事前準備」についてお教えします。


信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

信頼関係を作る心理学「ラポールの形成」を取り入れた会話術

仕事でもプライベートでも、人との繋がりは必要不可欠。「人間関係」というものは、自然と形成されていくものです。とはいえ、コミュニケーションは十人十色。中でも「この人は合わないな」と思う人との出会いは誰しもが経験したことがはずです。今回は心理学で用いられる信頼関係(ラポール)を作るための要素を学びましょう。


何でもマウントだと捉える、勘違いマウンティング女子の実態と対処法

何でもマウントだと捉える、勘違いマウンティング女子の実態と対処法

「マウンティング」という言葉が流行っているが故に、なんでもマウンティングだと捉えてしまう「勘違いマウンティング女子」が急増?! なぜ何でもかんでもマウンティングだと捉えてしまうのか……! その実態と対処法についてご紹介します。


「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

「質問内容=本音」が詰まっているかも。注意深く聞いてみて|MY WORK ヒント#84

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第84回目は、相手の本音を探るヒントについてです。


最新の投稿


病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

病院・銀行は開いてる? ゴールデンウィーク前に確認しておきたいこと

もうすぐやってくるゴールデンウィーク! 今年は10連休で、旅行など楽しみな予定を入れている人も多いはず。しかし、気を付けたいのが病院や銀行がお休みという点です。この2つがお休みだとしても「できること」と「できないこと」があります。連休中に困らないためにも確認しておきましょう。


ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

ストレスの根本的解消に!脳内物質「セロトニン」を増やす方法

今年は空前の10連休のゴールデンウィークですが、その後ストレスが原因で“五月病”になることがあります。これは、辛いばかりでなく、うつ病などの心の病になる危険性もありますので、早めの対処が必要です。そこで、セロトニン神経を強くしてストセロトニン神経を強くしてストレスに強くなる方法をご紹介します。


肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

肩、背中、腰まわりに効く! イスヨガ簡単リフレッシュ3

毎日のデスクワークで気づいたら身体がバキバキ……! 慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている働き女子も多いのではないでしょうか?そんなお疲れのあなたに、イスがひとつあれば簡単にできる「イスヨガ」をヨガ&ボディメイクインストラクターのReiが紹介! 肩、背中、腰まわりの巡りを良くし、凝りや疲れを解消して。


お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

お断り、謝罪…。ネガティブなお知らせの対応で変わる大人の印象|MY WORK ヒント#85

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第85回目は、印象が変わる大人のネガティブ対応について考えます。


心の調子に合わせたバスタイムの過ごし方で、元気でいられる時間を長くする

心の調子に合わせたバスタイムの過ごし方で、元気でいられる時間を長くする

忙しいとお風呂も慌ただしく済ませがち……。たまには、なにもかも忘れて、ゆっくりバスタイムを満喫しませんか?


RANKING


>>総合人気ランキング