あなたはあなたのままで。他人と比較して落ち込んでしまうときの対処法



あの人は、何でももっていてかっこいい…。

バリバリに働いていて、理解してくれる彼氏や家族もいて…。
他人の近況をチェックしては、自分に足りないものを探して、落ち込んでいませんか?
どんなに周りから幸せそうに見える人でも、人には言えない悩みをたくさん抱えているもの。

ないものねだりになると、精神的にさらにつらくなることに…。
今あるものに注目すると、少しは楽かもしれません。

今回は、他人と比較して落ち込んでしまう人が今すぐにやめるべきことをご紹介いたします。

SNSをチェックする時間を減らす

他人と比較して落ち込む最初のきっかけは、おそらくSNSのはずです。
気分転換で見ようとしていたはずなのに、タイミング悪く、そこには友人の結婚報告。たくさんのいいね!をもらっている彼女の姿を見て、思わず落ち込んでしまいませんか?

結婚や出産は、どんなに本人が望んでもタイミングが必要になります。今、この時期というタイミングを迎えないと、どうしても次のステップへと踏めません。

しかし、落ち込む必要はなく、むしろ、自分は自分のペースで日々を過ごしていればいい話。どうしても、他人の近況を見るたびに、心が揺れ動いてしまうなら、SNSをチェックする時間を減らしましょう。

1日に○回、とあらかじめ、見る回数を決めておくのもいいかも!?

揺るがない目標や夢をもつ

タイミングやご縁が重ならずに、今は独身で過ごしているなら、それは、もしかしたら意味があって、そうなっているのかもしれません。

前から憧れていた仕事に就きたいと思っているなら、転職に向けて準備をしなさい、ということかもしれません。たしかに、結婚している友人たちの姿をみると、本当にこのままでいいのかと疑ってしまうかもしれませんが、自分は自分で、今の状況になっているなら、とことん結果を出してやろう、という意気込みも必要です。

そのためには、今の時点から揺るがない目標や夢をもつことが大切。
たとえ周りは「叶わない」と思うようなことでも、少しの可能性があれば追いかけてみるのです。

きっと夢中になっているうちに、素敵な異性との出会いもあり、気がついたら、アッという間に結婚や出産と、諦めかけていたステージもクリアできていることでしょう♡

良き理解者たちと良好な関係を築く

他人と比較して落ち込んでしまったとき「あなたは、あなたのままでいいよ」と、優しく諭してくれる応援団は、いますか?学生時代に濃密な時間を過ごしてきた仲間、あるいは高校時代から親友として、ほどよい距離でいてくれる彼女…。

あなたにも良き理解者たちがいるはずです。普段から、彼ら・彼女たちと友好な関係を築いておくことで、いざというときも、気分転換に付き合ってもらえるのです。

しんどい、と弱音を吐いても「あなたらしくないよ!」と、明るく笑いながら肩を叩いてもらったら、いつまでも落ち込んでいる場合ではなくなります。

応援団たちと定期的に会い、弱音を吐き出す時間をつくることも、一つのストレス発散法になるでしょう♡

他人と比較しても、何も生まれない

他人と比較しすぎても、そこには嫉妬しか生まれてきません。プラスの感情というよりも、マイナスなものが発生します。

人と比較することは成長するきっかけにもなりますが、そのことがきっかけで、ペースが乱れるくらいなら、やめるべき。

どうしても、他人が羨ましく思ってしまったときは、今、自分がもっているものに注目して、一度、自分自身にリセットをかけましょう♡