仕事は“椅子取りゲーム”ではない。居場所を自分で見つける工夫をしよう!|MY WORK ヒント#69

仕事は“椅子取りゲーム”ではない。居場所を自分で見つける工夫をしよう!|MY WORK ヒント#69

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第69回目は、自分の居場所を見つける方法です。


「椅子取りゲーム」は、焦りと嫉妬に繋がる

キャリアアップを目指して仕事を変更したい、今の仕事にプラスアルファで副業をしたい。など、女性の働き方の多様性は広がるばかりです。しかし、ひとつ注意したことが良いのは、仕事を「椅子取りゲーム」のように考えることです。

すでにそのポジションは埋まっているから私にはできない、ここのポジションを守らないと私の居場所がなくなる!など、強い向上心があればあるほどこの感覚に陥りやすいのではないでしょうか。

さまざまな考え方がありますが、私の解釈で言えば、「椅子取りゲーム」で仕事をしても焦りと嫉妬しか生まれないと思います。良きライバルとして刺激をもらう存在を見つけることは素晴らしいことですが、ポジション争いに精を出してもまったく発展性がありませんし、さらに言うならば「蹴落としあい」「足の引っ張りあい」に繋がりかねません。

限られた椅子に座るのではなく、自分で作る

私が好きな言葉、「適材適所」を重ねてみましょう。自分の居場所を見つけるために、今の環境や状況、人間関係を蹴落としたり奪い合ったりするのではなく、“自分らしさ”を作れる場所を作ってはいかがでしょうか?という提案です。

椅子取りゲームは椅子に限りがありますが、現実の社会では椅子は無限にあります。自分で椅子を置くのです。言葉を言い換えれば、「企画力」や「独自性」ですが、元々ない場所でも、昔からあったものでも。自分の居場所を作れるか作れないかは、自分次第だと思うのです。

例えば、私はライターの仕事をしていますが、執筆ジャンルのひとつで美容があります。美容資格を取得したところから、美容ライターとして参入しました。しかし、周りを見れば「美容ライター」はものすごくたくさんいます。

モデルのようなビジュアルで化粧品を自らの顔で説明する美容ライター、カラー診断が得意でメイクのレッスンに力を入れる美容ライター、いち早く新作イベントに参加してトレンドを重視する美容ライター。本当に、いろんな特徴を持った方々が活躍しています。

そんな中、自分には何ができるのか?自分らしさって何だろう?と考えたときに、私は元々肌トラブルが多くて吹き出物や痒みが辛かった経験や、化粧品を選ぶときに何を基準で選んだら良いのか知識がなくて分からなかったことを生かした美容記事を書くことを意識しています。

「特別より、共感」が、私にはしっくりきたポイントなのです。

ナンバーワンよりオンリーワン

もしかしたら、周りから見ると「ああ、たくさんいる美容ライターの一人」だと思われているかもしれません。しかし、自分の居場所を見つけて仕事ができているのは事実です。

まとめとして今回の記事でお伝えしたいことは、どの業界でも「ナンバーワン」は存在しないと言うこと。業績がナンバーワンだったとしても、ランキングがナンバーワンだったとしても、それはあくまでも「数字」としてのナンバーワンです。日本で有名だったとしても、違う国からみたら無名かもしれません。

そう、どこの業界なのか、誰が見ているか、何を判断基準にしているかで、「ナンバーワン」基準は大きく左右されます。それと同時に、「数字」でみた時のナンバーワン争いに注目しすぎると、焦りや嫉妬に繋がったり自分にはチャンスがないと諦めてしまったりする原因になります。

改善策としては、「自分の中のナンバーワン」を見つけることができれば、やがて「オンリーワン」となり居場所が自然と見つかっていくと思います。

どの仕事でも、可能性はひとつではありません。あなたの居場所は常にあります。
ぜひ、個々を活かせる考え方にシフトしてみてくださいね!

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第80回目は、会話が上手な人に共通することを考えます。


「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

みなさんは普段、気持ちよく仕事に取り組めていますか? 本当はやりたくないことを「やらなきゃいけない」と無理してはいないでしょうか。ビジネスにおいてはまず、何事も仕事を”知る”ことが大切。気持ちよく仕事に取り組めるよう、知っておきたい心づもりについての話をしましょう。


彼にどう思われるか心配…。そんな時に仕込みたい4つのボディエチケット|真っ赤な濡れオンナ#84

彼にどう思われるか心配…。そんな時に仕込みたい4つのボディエチケット|真っ赤な濡れオンナ#84

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第84回目は、女性が意識したいボディエチケットについてです。


スピリットはいつも高めで。仕事で成功する人が、定期的に占いに通う理由

スピリットはいつも高めで。仕事で成功する人が、定期的に占いに通う理由

仕事で成功する人たちは、「占い」をひとつの指針にしていると耳にしたことがあります。定期的に通い、占いで“答え合わせ”をしているからこそ、仕事が軌道にのるのかもしれません。今回は、成功する人が定期的に占いに通う理由について考えてみたいと思います。


「最近」が数年前!? 同じところで足踏み状態に起きる前進の低下|MY WORK ヒント#79

「最近」が数年前!? 同じところで足踏み状態に起きる前進の低下|MY WORK ヒント#79

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第79回目は、「最近」の期間がどんどん長くなる現象について考えます。


最新の投稿


天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は自分の意志で創りだす!Twitterで仕事を獲得する方法

天職は探すものじゃなくて、自分の手で創りだすもの。今回はTwitterで仕事を獲得する方法をご紹介します。


「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

「否定語」を使わないだけで印象UP! 会話が上手な人の共通点とは|MY WORK ヒント#80

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第80回目は、会話が上手な人に共通することを考えます。


本能だって本当!? 男性が追いかけたくなる女性の決め手は香り!

本能だって本当!? 男性が追いかけたくなる女性の決め手は香り!

男性は、同じような印象の二人がいたら香りがする人の方が記憶に残るよう。気になる彼がいるのに進展がない人は香りをまとってみてはいかがでしょうか?今回は、男性が追いかけたくなる香りについてご紹介します。


「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

「知る」ことが大前提。気持ちよく仕事に向かうための心づもり

みなさんは普段、気持ちよく仕事に取り組めていますか? 本当はやりたくないことを「やらなきゃいけない」と無理してはいないでしょうか。ビジネスにおいてはまず、何事も仕事を”知る”ことが大切。気持ちよく仕事に取り組めるよう、知っておきたい心づもりについての話をしましょう。


芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

芯のあるかっこいい女性に。自分磨きに酔っている人・成長している人の違い

自分磨きをしている「私」をアピールするよりも、自分自身の成長のために、日々の努力を純粋に楽しみましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング