7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第66回目は、一人暮らし経験から学んだことです。


生活する基盤を作る経験

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今回は、少し角度を変えて「一人暮らし経験」から学んだことをお話したいと思います。私は、大学卒業後から約7年間一人暮らしを経験しました。その間、3回の引っ越しをしており、そのうち一回は地元の愛知県から東京都に上京。その間、同棲経験はなく結婚を決めるまでは一人暮らしを崩さないというマイルールの元過ごしてきました。

一人暮らしをしようと思った理由は色々ありますが、最終的に振り返ってみて今思うことは、本当にいろんなことを気づかせてくれた、学ばせてもらえたと心から思っています。もちろん、これらの経験はこの連載のメインテーマである「女性の働き方」にも繋がります。

そこで今回は、「一人暮らし経験」から得た考えをご紹介します。

180度変わった、家族の見方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず一番大きかったことは、父親への接し方が大きく変わったことです。どちらかと言うと私は父親とよく遊ぶ幼少期だったので、感謝や尊敬と言う言葉よりは、いろんなことを教えてくれる存在。

ごく普通の会社員の父親は、地方の田舎ではあるけれど、一軒家を建て自分の土地を持ち、車を所有し、毎日朝早くから出勤し夜遅くに帰る日々を繰り返しながら4人家族を支えてくれました。

この凄みに気づいたのは、恥ずかしながら大学を卒業後の初めて一人暮らしをした時でした。今までは電気を付けっ放し、シャワーを長時間流すなども何も考えていなかった私ですが、物件を借りて家賃を支払い、住宅の保険、光熱費、食費などの「家計のやりくり」に直面した時に、自分の甘さに気づいたのです。

また、実家には自分が買ってこなくてもトイレットペーパーが設置され、冷蔵庫を開ければいつも何か食べ物が入っている、洗面所にタオルを置いておけば洗っておいてある生活も、当然ながら一人暮らしでは自分が用意しなければ何もありません。

実家のスーパーや薬局は歩いて行ける距離にはなく、いつも仕事から帰ってきた父親が母親を車に乗せて買い物に行っていた日々や、自分の時間より家族を支えることに注力していた父親の見方は本当に180度変わりました。

一人で越えなければいけない壁

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もちろん、「絶対一人暮らしをしないといけない」とは思いません。実家暮らしの方も、同棲している方も、ルームシェアをしている方もそれぞれの生き方を尊敬します。

しかし、特に自分がフリーランスだったこともあり、生活の基盤を作る裏側を知るには「一人暮らし経験」が大きな影響がありました。物件を決めるにしても、フリーランスだと審査が通りにくく、「個人事業主さんは、この物件は難しいですね…」と、内覧をさせてもらうまでたどり着けずに電話でお断りをもらうことも。「一生懸命頑張って働いているのに、なぜ認めてもらえないの?」「雇用形態の違い?」「信用を得るにはどうしたら良いの?」など、自分の身分や立場で悔しい想いをすることは、強さを作る基盤になったと今でも思います。

また、体調管理をするために自炊を取り入れることも学びの場でした。実家暮らしの時は、体調を崩したらおかゆを作ってくれたり薬局で薬を買ってくれたりする母親がいましたが、一人暮らしではそうもいきません。風邪薬を買いに行くのも、病院に行くのも、飲み物を買いに行くのも、体調が悪い自分が動かなければ解決できません。長らく休んでいるわけにもいかない!と、気を引き締めることも時として必要なのです。

仕事とは少しズレた話題かもしれませんが、「男性依存」を防ぐにも役立つと思います。彼氏がいないと拠り所がない、本当は別れたいけれど同棲を解消することができない、一人で物件周りの契約をしたことがない……と悩む女性も少なくありません。それらの根本的な理由は、「一人で生きることへの不安」からきていることが多いです。

“いつも誰かがそばにいる”と言う感覚から、まずは一人で立ってみる。これがメンタルを強くする一歩だと思います。

“ありがたさ”を浮き彫りにさせてくれる

もし、実家を離れたことがなくて、今の自分の足りない部分が知りたい、もう一踏ん張りしてみたいと感じるならば「一人暮らし」をぜひ経験してみてはいかがでしょうか。

おそらく、恋愛でパートナーに対しての考え方や、両親へのありがたみ、お金を稼ぐことへの尊さ、社会の立場を与えてくれる喜び……など、さまざまなことに感謝することができると思います。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

身体を許すタイミングって…。初めての夜に確認したい3つのこと|真っ赤な濡れオンナ#98

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第98回目は、彼氏に身体を許すタイミングについてご紹介します。


即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

即レス、固定時間、長文……etc. 仕事がうまくいくメッセージの使い方3つ |MY WORK ヒント#93

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第93回目は、仕事で使うメッセージについてです。


“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

“肌見せ”だけがエロさではない。誘いたい時に着たい大人のファッション3つ|真っ赤な濡れオンナ#97

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第97回目は、露出度を上げずにセクシーさを作る服装を考えます。


「夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる」ウーマンダイアローグ #22

「夢を求め続ける勇気さえあれば、すべての夢は必ず実現できる」ウーマンダイアローグ #22

こんにちは。ライターの渡辺彩季です。 この連載では、「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、ネイルアーティストのYUKAさん。「声に出せば、願いは叶いやすくなる」と言いますが、実際にたくさんのミラクルが起こったそう! ワクワクするお話をたくさん聞かせていただきました。


最新の投稿


夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏の「ニオイ」を解決!はたらく女子が揃えておきたいデオドラントアイテム

夏のお出かけで気になるのはやっぱり汗の「ニオイ」や「不快感」……。外出の予定が多いはたらき女子には、欠かせないであろう便利なデオドラントアイテムたちをご紹介。


どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

どうしたら良いのか分からない…。「ちょっと癖」のある人の対応方法3選|MY WORK ヒント#94

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第94回目は、コミュニケーションのポイントを考えます。


商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議では説得力が不可欠! 知性を感じさせるビジネストーク術

商談や会議などのかしこまった場では「説得力」が必要になります。上司や社長に反論を述べるのは気が引けるかもしれませんが、そんな時は「ヒューリスティック」という心理を利用したビジネストーク術を使うと良いでしょう。知性を感じさせるためのテクニックをご紹介します。


がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

がんばった自分へのご褒美に!はたらく女子が最近買ったお気に入りアイテム

短い睡眠時間が続くこともあれば、仕事のプレッシャーやストレスで疲労困憊……なんてなにかと疲れが溜まりやすい現代人。クタクタになるまで日々頑張っている自分に、定期的にご褒美を用意してあげましょう! Cinq読者さんが最近買った「ご褒美」をピックアップ。


飽き性から抜け出して!誰にも見せずに「コツコツと努力を楽しむ人」になる

飽き性から抜け出して!誰にも見せずに「コツコツと努力を楽しむ人」になる

「続けられることが一つでも増えると幸福度がアップしそう」と分かっていても、なかなか続けられないのが働き女子。でも、もっとよくばりに生きたいなら、継続する力をそろそろ身につけないと♩


RANKING


>>総合人気ランキング