7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

7年の一人暮らし経験を経て学んだ生活することの基盤と考え方|MY WORK ヒント#66

ライター&コラムニストとして活動しているharakoです。この連載では、「女性の働き方」のヒントになるような内容をお送りしています。第66回目は、一人暮らし経験から学んだことです。


生活する基盤を作る経験

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

今回は、少し角度を変えて「一人暮らし経験」から学んだことをお話したいと思います。私は、大学卒業後から約7年間一人暮らしを経験しました。その間、3回の引っ越しをしており、そのうち一回は地元の愛知県から東京都に上京。その間、同棲経験はなく結婚を決めるまでは一人暮らしを崩さないというマイルールの元過ごしてきました。

一人暮らしをしようと思った理由は色々ありますが、最終的に振り返ってみて今思うことは、本当にいろんなことを気づかせてくれた、学ばせてもらえたと心から思っています。もちろん、これらの経験はこの連載のメインテーマである「女性の働き方」にも繋がります。

そこで今回は、「一人暮らし経験」から得た考えをご紹介します。

180度変わった、家族の見方

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

まず一番大きかったことは、父親への接し方が大きく変わったことです。どちらかと言うと私は父親とよく遊ぶ幼少期だったので、感謝や尊敬と言う言葉よりは、いろんなことを教えてくれる存在。

ごく普通の会社員の父親は、地方の田舎ではあるけれど、一軒家を建て自分の土地を持ち、車を所有し、毎日朝早くから出勤し夜遅くに帰る日々を繰り返しながら4人家族を支えてくれました。

この凄みに気づいたのは、恥ずかしながら大学を卒業後の初めて一人暮らしをした時でした。今までは電気を付けっ放し、シャワーを長時間流すなども何も考えていなかった私ですが、物件を借りて家賃を支払い、住宅の保険、光熱費、食費などの「家計のやりくり」に直面した時に、自分の甘さに気づいたのです。

また、実家には自分が買ってこなくてもトイレットペーパーが設置され、冷蔵庫を開ければいつも何か食べ物が入っている、洗面所にタオルを置いておけば洗っておいてある生活も、当然ながら一人暮らしでは自分が用意しなければ何もありません。

実家のスーパーや薬局は歩いて行ける距離にはなく、いつも仕事から帰ってきた父親が母親を車に乗せて買い物に行っていた日々や、自分の時間より家族を支えることに注力していた父親の見方は本当に180度変わりました。

一人で越えなければいけない壁

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

もちろん、「絶対一人暮らしをしないといけない」とは思いません。実家暮らしの方も、同棲している方も、ルームシェアをしている方もそれぞれの生き方を尊敬します。

しかし、特に自分がフリーランスだったこともあり、生活の基盤を作る裏側を知るには「一人暮らし経験」が大きな影響がありました。物件を決めるにしても、フリーランスだと審査が通りにくく、「個人事業主さんは、この物件は難しいですね…」と、内覧をさせてもらうまでたどり着けずに電話でお断りをもらうことも。「一生懸命頑張って働いているのに、なぜ認めてもらえないの?」「雇用形態の違い?」「信用を得るにはどうしたら良いの?」など、自分の身分や立場で悔しい想いをすることは、強さを作る基盤になったと今でも思います。

また、体調管理をするために自炊を取り入れることも学びの場でした。実家暮らしの時は、体調を崩したらおかゆを作ってくれたり薬局で薬を買ってくれたりする母親がいましたが、一人暮らしではそうもいきません。風邪薬を買いに行くのも、病院に行くのも、飲み物を買いに行くのも、体調が悪い自分が動かなければ解決できません。長らく休んでいるわけにもいかない!と、気を引き締めることも時として必要なのです。

仕事とは少しズレた話題かもしれませんが、「男性依存」を防ぐにも役立つと思います。彼氏がいないと拠り所がない、本当は別れたいけれど同棲を解消することができない、一人で物件周りの契約をしたことがない……と悩む女性も少なくありません。それらの根本的な理由は、「一人で生きることへの不安」からきていることが多いです。

“いつも誰かがそばにいる”と言う感覚から、まずは一人で立ってみる。これがメンタルを強くする一歩だと思います。

“ありがたさ”を浮き彫りにさせてくれる

もし、実家を離れたことがなくて、今の自分の足りない部分が知りたい、もう一踏ん張りしてみたいと感じるならば「一人暮らし」をぜひ経験してみてはいかがでしょうか。

おそらく、恋愛でパートナーに対しての考え方や、両親へのありがたみ、お金を稼ぐことへの尊さ、社会の立場を与えてくれる喜び……など、さまざまなことに感謝することができると思います。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

この記事のライター

美容取得ののち、美容ライターとして執筆業をスタート。現在では、女性向けコラムを多ジャンルで連載中!

関連する投稿


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

「髪型だけじゃなく人生までデザインできるクリエイター集団になろう」ウーマンダイアローグ #28

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは動画クリエイターのchii hairさん。家族の転勤で引越しが多いなか“どこからでも仕事ができる”というメリットに惹かれ、セルフヘアアレンジメントの動画を作成することを決めたそうです。


「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

「母親の心は、子供たちの教室」ウーマンダイアローグ #27

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは、育児コンシェルジュの坂本ひろみさん。発達心理を学んだ経験を活かして知育に特化した託児サービスを展開されています。


後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

後輩が羨む憧れの存在。「オフィスの華」と呼ばれる女性の特徴

20代後半に差しかかると、仕事にも随分慣れが生まれて自分のポジションが確立してくる時期。後輩や同性からも憧れられるような「オフィスの華」になるのか、厄介なお局キャラになってしまうのか分かれ道となるタイミングでもあります。今回は、オフィスの華と呼ばれる女性の特徴をチェックしていきましょう。


「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

「心に愛がある女性は、常に成功する」ウーマンダイアローグ #26

こんにちは、ライターの渡辺彩季です。 この連載では「多様な女性の働き方」をテーマに私とゲストで対談をさせていただきます。 今回のゲストは株式会社ランクアップ マナラ化粧品の瀧澤朋美さん。仕事と子育てを上手に両立して働き続けていらっしゃる素敵な女性です。入社のきっかけは『ホットクレンジングゲル』との出合いだったそう。


最新の投稿


嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

嫉妬する・嫉妬される。職場の同僚女性に対して生まれる悔しさと解決法

見た目、仕事、収入……。なにかと、誰かと自分を比べてしまう私たちは、身近な存在である“職場の同僚”に対してさまざまな感情を持ちやすいもの。中でも厄介な感情である『嫉妬』をもってしまったとき、逆にもたれてしまった時はどういう心構えで解消すればいいのでしょう? それぞれの目線で考えます。


【ルナソル秋コレクション】囲み目なのに上品!ピンクパープルで作る華やか顔

【ルナソル秋コレクション】囲み目なのに上品!ピンクパープルで作る華やか顔

ルナソルの2019年秋コレクションは、鮮やかな発色が光を解き放つようにきらめくアイシャドウ「アイカラーレーション」と、マットな質感にグロスを重ねることで、2パターンの印象を自由自在に変えられる「ドレスフォーリップス」を要チェック。注目の2アイテムを取り入れた上品な大人顔を作って。


焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

焦らしプレイで興奮…。タイミングをずらして興奮する3つのポイント|真っ赤な濡れオンナ#101

官能エッセイスト、紫深(sisin)です。この連載では、女性が性に対してメンタルブロックを外し、ラブタイムを楽しめるようになるためのコラムをお送りします。第101回目は、ペンネームMAKOさんから頂いたリクエスト「焦らしテク」についてです。


親しき中にも礼儀あり!旅行を楽しめる人とお茶だけで十分な友人の違いは?

親しき中にも礼儀あり!旅行を楽しめる人とお茶だけで十分な友人の違いは?

一緒に旅行に行きたいと思える人とそうではない人がいる……。せっかく時間をかけて旅にでるなら、安心できるメンバーで出かけたいですよね♡


神は細部に宿ります! 仕事運を上げる大人のLINE術

神は細部に宿ります! 仕事運を上げる大人のLINE術

仕事運を上げるためには、細部にまでこだわることが大切。今回は、仕事運を上げる大人のLINE術をご紹介します。


RANKING


>>総合人気ランキング