「依存」から抜け出して自立した女性になる、たった一つの方法

「依存」から抜け出して自立した女性になる、たった一つの方法

彼氏が居ないと不安になったり、誰かと常に連絡がとれていないと不安になったり……。何かに依存してしまう人は多く見られます。では、依存から抜け出して自立した女性になるためにはどうすれば良いのでしょうか?


満たされることのない孤独を埋めるために

彼氏がいないと自分に自信がなくなって毎日がつまらなく感じる、常に誰かと連絡がとれていないと不安、スケジュール帳が埋まっていないと気が済まない……など。一人になることが怖くて、誰かに依存している女性をよく見かけます。どこかで常に孤独感を感じていて、それを埋めたくて必死になっている人たちです。

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「誰かが居ないと不安になる」。
これをずっと続けているのは、自分にとっても苦しいことです。
例えば、愛情がないままに異性と体だけの関係を続けることになったときを想像してみてください。一時的には満たされていると感じて幸福感に包まれるかもしれません。ですが、その関係が長く続けば続くほど「体目的のために一緒にいるの?」「体がないと、自分とは一緒に居てくれないの」と、最初はお互い承知の上で始まったはずの関係にも、自分の存在意義を求めるようになって苦しむようになります。そしてさらには、そこから抜け出せない自分に対しても嫌気が差し、負のループが続くのです。
関係が険悪になってしまったら、次は依存する相手を変えて、また同じことの繰り返し。結局、誰かと連絡を取り合って継続的な関係を保っていても、孤独感は埋められていない証拠。

常に、心が満たされることはないのです。

自分の輪郭を失っていくことに気づく

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「本来であれば、人には自分には揺るぎがない“芯”があったはずなのに……。」

恋愛だけに限らず、人との出会いがあればあるほど、比較する対象も増えます。
「あの子は結婚してるのに……」「あんなに素敵な彼氏があの子にはできたのに、どうして自分にはできないの?」と嫉妬をしたり、自分が劣っていると感じてしまったり……。
その負の感情を誤魔化したいからとさらに依存は加速していきます。常に愚痴を吐き出すことのできる友達、上部だけの彼氏。


依存体質の方は常に判断材料が他人軸であることが、根底にあるのです。
本当の自分を失っていることに気づいた人こそ、依存から抜け出して自立した女性になる必要があります。自分の存在意義を他人に求め始めると、自分にあった本来の自信が薄れてしまったり、意志決定ができなくなったりと、さらに芯のない自分が生まれてしまうからです。
芯のない女性に、心からの魅力を感じる異性や友人がいるのでしょうか。

依存から脱却をするために必要なたった一つのこと

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

依存体質から抜け出し、自立した女性になるためには必要なことはたった一つ。
自己肯定してあげることにあります。
自己肯定とは、自分を受けとめ、認めてあげることです。

自分のことを褒めることが上手な人は、人に依存することが少ないです。それはなぜかというと、自分の“価値”を知っているから。先ほどの例に出した、体だけの関係の人が居た場合にも、自分自信を認めてあげて、肯定ができる人の場合には「こんな人と関係を続けていても、自分がもったいない」とはっきりと見切りをつけることができるのです。もちろん、誰かの判断ではなく、自分の意志として。

自分の評価を他人に求めなくなることで、依存体質から抜け出すことができるようになるのです。自分を認めて、小さなことでもいいから、認めてあげる。それが自己肯定感をあげるポイントです。

自分の機嫌は自分でとる。 幸せマインドを作る「トップダウン思考」を身につけて

https://cinq.style/articles/1258

平凡を「退屈」だと感じるか「幸せ」だと感じるかは自分次第。幸せを感知するためのマインドを自分で作り、幸福度の高い毎日を過ごしましょう。

自己肯定が上手くなると、自然と変わる

依存型の人の特徴は、評価が他人軸にあること。つまりは「人に認められたい」「誰かに頼られていたい」「信用されていたい」といった欲求も持っているのです。自分の満たされるポイントが、特別、重要な存在であると認識されていることを感じられることなのです。

自己肯定が上手になると、こういった「誰かに頼られていると、安心する」という欲求も自然と満たすことができるようになります。

自分が辛い時に、相手の幸せを願うことができる人は少ないかもしれませんが、自分が幸せな時は、誰かにその幸せを伝えたり、逆に悩んでいる人の手助けになりたいと思える心の余裕が生まれますよね。自己肯定ができるようになると、物事の判断が自分軸になり、今まで満たされていなかった心が、自分で満たせるようになります。
そして、人に対して認めてあげる、肯定してあげることも上手くなるので、他人から感謝をされたり、認められたりすることが自然と増えるのです。これによって、自分の承認欲求も満たされることになります。今まで感じることのできなかった、自分が存在する意味、を頭で考える必要もなくなります。

自分を大切にする

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

自分を大切にして、他人も大切にする。これによって、嬉しいループが続きます。満たされないことに不満を持ってばかりいるのではなく、自分で自分を幸せにしてあげることで、他人を幸せにしてあげられる強さが身についてくるのです。
自分を見失っていると気づいたときはぜひ、この自己肯定をあげることに力を入れてみてください。いつのまにか、依存してばかりの自分から卒業できているはず。

「ブレない生き方をしたい」他人に振り回されない"自分軸"を持つということ。

https://cinq.style/articles/876

浮くのが怖いから他人の意見が気になる。不安からか、いつも周囲に振りまわされてばかり。やりたいことを全力で頑張っている女性は憧れる。そんな人っていったい、私と何が違うのだろう?

この記事のライター

UNI

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連するキーワード


マインド メンタル

関連する投稿


いつかは必ず夜が明ける。無性に泣きたくなった夜の乗り越え方

いつかは必ず夜が明ける。無性に泣きたくなった夜の乗り越え方

昼間は友だちと楽しくおしゃべりしていたはずなのに……。急に自分だけが、ひとりぼっちのような気がしてきて、涙がポロリ。今回は、無性に泣きたくなった夜の乗り越え方をご紹介します。


ストレスを溜め込まない! 毎日の習慣を変えて不安定な心を安定させるには

ストレスを溜め込まない! 毎日の習慣を変えて不安定な心を安定させるには

日々のストレスが蓄積されて、パンク寸前になっていませんか? 忙しいのはいいことですが、余裕がなくなってしまうと体力的にも精神的にも限界がきてしまいますよ。 今回は、メンタルを上手にコントロールできている人の毎日の習慣について考えてみました。


ポイントはアウェアネス(気づき)とアクセプタンス(受容)。マインドフルネスの取り入れ方

ポイントはアウェアネス(気づき)とアクセプタンス(受容)。マインドフルネスの取り入れ方

最近、話題のマインドフルネス。一体どんなものなのかご存知ですか? 取り入れることで、自分のストレスやマインドをきちんとコントロールできるようになるかもしれません。そんなマインドフルネスについて、AEAJのプレスセミナーにて精神科医で臨済宗建長寺派 林香寺 住職の川野 泰周さんにお話を伺いましたのでご紹介します。


【お悩み別】自意識過剰で疲れる……。ネガティブ感情から抜け出すには?

【お悩み別】自意識過剰で疲れる……。ネガティブ感情から抜け出すには?

人付き合いが多くなると、何かが起こったわけではないのに、悪いことばかり考えてしまい心のバランスが取れなくなってしまうことはありませんか? もしかしたら、自意識過剰になっているのかも知れません。ネガティブな感情から抜け出すにはどうすればいいのでしょうか?


ここまでやりきる!仕事で成果を出す人が必ず大切にしていること。

ここまでやりきる!仕事で成果を出す人が必ず大切にしていること。

与えられた仕事をやり抜く。周りからの期待に応える。簡単なようでいて、とても難しいことです。でも、これを必ず達成する人と達成できない人は如実に努力の差が分かれているのかもしれません。そこで今回は、成果を出す人が常に意識している大切なことをご紹介します。


最新の投稿


一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

一つずつ持っておきたい! ヒールで印象を変える、パンプス選び

軽やかな足元で出かけたくなる季節が到来。オールシーズン使えるパンプスも、そろそろ新調しておきたいものです。今回は、パンプスで足元印象を変える、ヒールの種類をご紹介。一つずつ持っておきたくなる?! 働く女性の強い味方です。


直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

直すではなく「戻す」が正解。メイクしたての肌を取り戻す化粧直しの新習慣

夕方になると気になる化粧崩れ。仕事帰りに友達と会う予定やデートの約束をしてたら大変! 予定に間に合うようにと慌てて化粧直しをしても、ヨレていれば厚化粧になったりムラができたり。朝のメイクしたてのようなメイクに戻すためにはどうすればいいの? そんな日々忙しく働く女性の強い味方になってくれる、優秀コスメをご紹介。


専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

専業主婦になるのはいけないこと? 働く女性との対立問題

働く女性が増えた一方で、専業主婦を「悪」と決めつけてしまう風潮が問題になっています。専業主婦になるのはいけないことなのでしょうか?


パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

パリジェンヌ実践!保湿と洗浄力をアップさせるクレンジングレシピ

いつも使っているミルククレンジング。なんとなく洗浄力に物足りなさを感じることはありませんか? そんなあなたにパリジェンヌが実践しているといわれている、とっても簡単な保湿と洗浄力アップさせるレシピをご紹介します。


伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

伝え方次第で結果が変わるかも!? 社会人男性にグッとくる告白聞いてみた

人生を左右する、好きな人への告白! 「どうやったら、一番相手に想いが届くのか?」と悩んでいる方も多いのではないでしょうか? 今回は、社会人男性に“グッとくる告白”について聞いてみました。


RANKING


>>総合人気ランキング