本格的な寒さを向かえる前に! 特殊なハチミツを味方にするメリット



ハチミツの持つパワーとは?

ハチミツにはさまざまな効果が期待できるといわれています。

・菌を増やさない抗菌作用
・ハチミツに含まれるブドウ糖が腸内細菌のエサになるため、毎朝スッキリ
・角質をマイルドに除去してくれる、ソフトピーリング効果
・喉の保湿効果
・歯垢や歯石を防ぐ効果
・血行促進し、傷を早く治してくれる効果(ドイツやイタリアで使用される医療用のハチミツに限る)

※これらはあくまで個人差があります。
また効果が期待できるというもので、効果を保証するものではありません。
※ハチミツの種類によっても期待できる効果は変わります。

日々の生活をサポートする、ちょっと変わったハチミツ3つ

NAKED JARRA HONEY(ネイキッド ジャラハニー)

オーストラリアの西側に位置する、西オーストラリア州にしか生息していない『ジャラの木』。
このジャラの木に咲く花は、2〜3年に1度しか咲かないといわれており、とても希少なもの。
さらに他の品種と花が咲く時期が違うため、他の品種と蜜が混ざりにくいのが魅力。

このハチミツのすごいところは、マヌカハニーをゆうに超える抗菌力。
マヌカハニーでいうMGO100+という表記と同等の抗菌力をTAという表示で表すと「TA5+」となりますが、こちらは「TA20+(=MGO829+と同等)」ですから、マヌカハニーの数値をゆうに超えています。
そしてそれなのにもかかわらず、お値段がお手頃なのに驚きです。


左)TA20+/250g/4,500円(税抜)
右)TA30+/250g/5,200円(税抜)

クメールラビットハニー アンサンブル/Khmer Rabbit Honey(クメールハニー)

カンボジア発のクメールハニー。
カンボジアの山奥に生息する、スズメバチよりも大きな野生の東洋ミツバチ。
とても神経質で、人が頻繁に訪れる場所には巣を作らないという、その東洋ミツバチから採れるハチミツは、なんと日本人が先住民と一緒に、素手でハニーハント!
何年もかけてハニーハントできるよう交渉し、日本人で唯一ハニーハントできるようになったのだそう。また、ハチミツを日本で販売した収益は、カンボジアの貧しい人たちへと還元されています。

そんなとても希少なハチミツは、もちろん非加熱で製造されており、酵素やミネラルなどの栄養素がたっぷり。
クセがなく優しい味わいで、ハチミツの概念が覆されるかも?!


180g/12,000円(税抜)

ホワイトハニー/Heavnly ORGANICS(ヘブンリーオーガニックス)

インド・ヒマラヤ山脈カシミール地域の大自然に咲く野生の花から、野生のミツバチが集め、採取したのがこちらのハチミツ。
蜂が不快感やストレスを感じないよう、ハチミツを集める際は煙でいぶすことなどはせずに、伝統的かつ継続可能な手法で、丁寧に採取されています。
抗生物質などの化学薬品などを使用していない、大自然の中を元気に飛び回るハチが集めるハチミツなので、まろやかな味わい。
クセがないので、紅茶などの香りの強いものに入れても美味しくいただけます。

またこちらも非加熱で製造されており、過度な精製は行われていないため、ハチミツ本来の持つビタミンやミネラル、花粉や酵素などの栄養をたっぷり味わえます。


340g/1,990円(税抜)

これだけは知っておこう!

酵素やビタミンは熱に弱いため、あえて非加熱で製造されています。
そのためハチミツ本来の栄養素そのままいただくには、そのままパクリと食べるのがGood。
また目安としては1日30gまでが良いとされているので、ティースプーン(大きさによる)で約4〜6杯分ということになります。
食べ過ぎると太る原因になりますから、くれぐれも食べ過ぎないようにしましょう。
また1歳未満のお子さまは、食べてはいけませんのでご注意を。

ハチミツを美味しく食べて、季節の変わり目に負けないカラダつくりを目指してみてはいかがでしょうか?