別れても追いかけてしまう…つらい失恋の乗り越え方



失恋ってつらい!

突然の大失恋!

彼から放たれた言葉を思い返しては、彼との最後の一時を思い出していませんか?引きずるなと言われても、それは本人ではないからこそ言えること。でも、いつかは乗り越えないと、貴重な時間があっという間に過ぎてしまいます。
そこで今回は、つらい失恋の乗り越え方をご紹介いたします。

無理やり連絡を断たない

つらい失恋をした後は、しばらく連絡をとってしまうものです。
どうしても今まで通り誰かに寄りかかりたくて仕方がないのでしょう。しかし、何度話し合っても別れが決定打になっていると、もう修復はできません。彼の考えも固定化され、何を言っても通じなくなるでしょう。

失恋した後、どうしても連絡先を消して彼との関係を断とうとしますが、無理やり連絡先を消そうとしている時点で、むしろまだ意識している証拠。わざわざ連絡先は消さず、何も気にしないのが一番なんです♡

仕事や趣味に没頭する

失恋してしまった以上、過ぎ去った過去を取り戻すことはできません。
いつまでもぐだぐだしていても時間だけが過ぎていき、もったいない!たとえ今すぐ新しい恋をする予定がなくても、シングル生活を楽しめばいいのです。周りが結婚をしていようと子どもを産んでいようと、それは周りのペースであって、自分のペースを乱してまで合わせる必要はありません。

イライラやモヤモヤを解消するなら、仕事や趣味に没頭するのが一番。
がんばっている過程でストレスを感じるときはたくさんありますが、ずっと彼との関係について考えているよりかは精神衛生上いいでしょう。きっと没頭しているうちに世界が広がって、その先に出会いが待っています。

友人には会わずひとりでゆっくり過ごす

失恋した後、友人に報告しても「また今度話を聞くね!」で話を強制終了された経験はありませんか?そう友人も毎日を過ごすことで精一杯でまともに話を聞く余裕がないのでしょう。

延々と愚痴を吐いた結果、空振りするくらいなら、友人は頼らず、気が済むまで一人でゆっくり過ごしてみてはいかが?後日会う機会があったら「実はね」と報告するくらいの距離感が一番楽でしょう。学生時代のようにリアルタイムで報告しても、きっと真正直に受け止めてくれる人は少ないはず。

今までと変わらず過ごすことが最大の復讐になる!

一方的に傷つけられると、落ち込むというより悔しい感情に変わりませんか?
散々一緒にいたのに最後に彼が言い放った言葉を思い出すだけでイライラしてくるでしょう。

復讐だってしたいと思いませんか?しかし、実際に復讐をしたら訴えられてしまいますから、一番いいのは、彼をまったく気にせず、今まで通りのペースで過ごすことが最大の復讐になるのです。彼と別れたことで、通常ではない状態が続いていたら、それこそ彼の思うツボ!

彼なんて気にせず前へ、前へ。

いかがでしたか?
別れても追いかけてしまう気持ちはすごくよく分かります。しかし、散々彼と向き合ったなら、もう彼のことなんて振り切って新しいステージへと向かいましょう♡