合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

合理的な恋愛を求める婚活女子の「マッチングアプリ」事情について

恋愛だ結婚だ、と出会いの活動を増やしている女性は多いけれど、出会いは多くなればなるほど選択肢が生まれて恋のチャンスを失っていく。今回は、婚活に力を入れてマッチングアプリで出会いを増やす女性たちの話。


合理的に進む恋愛

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「出会い系」というとアダルト広告ばかりが目立つ印象で、「結婚相談所」はあまりにも敷居が高かった。そんなこれまでとは一変して、今や彼氏彼女のいない男女の多くが「マッチングアプリ」を利用する時代に変化したではないか。フリーの女性が「この間、アプリで会った人とごはんに行ったんだけど~」という話を堂々とする姿も伺える。

つまりこれまでとは違って、スマホが一台あれば、いつでもどこでも出会いのチャンスが作れるようになったということだ。しかもマッチングアプリでは「年代」「年収」など出会いたい相手のスペックをあらかじめ入力するフィルターもある。なんと画期的なことか。

相手の欠点を見つけては、指をスライドさせプロフィールに戻る。出会った印象が悪ければまた別の相手、と出会いのチャンスは増えるばかりだ。その結果、彼女たちはまず出会った相手の「欠点探し」に必死になる。自分のパートナーとなる相手の条件は満たされている、となれば相手に求めるのはスペックとはさらに別の“何か”だ。
自分のパートナーとしてふさわしくない「欠点」は、どこなのか。そして、その欠点を見つけたときに自分が許せるか許せないか。いかに自分の条件に合った相手に出会えるかが大切なのだ。合理的なパートナーを彼女たちは求めている。

選択肢があればあるほど恋のチャンスは失う

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

マッチングアプリを駆使し、初めましての顔合わせにも慣れ始めた婚活女子たちは、マッチングアプリで出会う人のことを「アポ」と呼ぶようになった。仕事のアポイントメントと同じ感覚、つまりいかにさばくがどうかが大切になっているのだ。SNSで“婚活垢”と検索すれば、すぐにでも結婚をしたい! という女性たちが日々、マッチングアプリで出会った人の愚痴を挙げているのがわかる。彼女たちはとても活動的に、出会いを増やすことを楽しんでいる。

けれど、そんな彼女たちが実際にこの婚活アカから抜け出せる日は一体いつなのだろうか。
アポの数を指標にすればするほど、恋のチャンスは失っていく。出会った男性の欠点の大小を比較してはさらに他の出会いを求めてネットを彷徨う。女子会のネタも、異性との出会いと比例するように増え続ける。

もちろん、アプリで見つかった相手とすんなり恋活や婚活を成功させた人たちもいる。
その違いは何か? それは意外と簡単だった。アプリを介して付き合い始めた友人たちに聞くと、みんなが口を揃えて「最初の数人としか合っていない」と述べるのだ。つまり選択肢が少ないことで、目の前に現れた案件(男性)に足踏みすることなく飛び込むことができる。比較対象が少ない方が、恋のチャンスに繋がるのだ。

長期利用者はある程度固定化される

婚活女子の行動についてをこれまで書いてきたが、これは男女共に同じことがいえる。長期的にマッチングアプリを利用している人は比較対象者多くなるがゆえに、決断までに至らない。長期ユーザー同士がマッチングして実際に付き合う・結婚に至るまではどれくらいの確率なのだろう。

年齢や年収・身長などのわかりやすいステータスより難しいのは「会話の相性」や「自分が好意が抱ける相手か否か」だ。自分が選んだ人が、失敗じゃないようにと慎重になればなるほど、マッチング度合いは下がっていくようにも思える。

ココが分かれ目!恋愛でソンする性格・得する性格

https://cinq.style/articles/1144

もしかしたら、アナタの“癖”が恋の出会いを遠ざけてる...!?恋愛をスムーズに進めるに最適な考え方、損しちゃう考え方についてご紹介。

必要なのは「比較」ではなく「直感」

Getty logo 25b7f2c61b43cc8578dbdb4391bff44f15fecbfdcfd25ce56be1fa24f6dc74a2

「何事も最初が肝心」という言葉を聞いたことがあるだろう、これは婚活市場においても同じことだ。

出会いを増やすことのメリットは、比較対象を増やすことではない。たくさんの人と会って、自分の見る目を養うことだ。

どれだけ厳しく相手を審査しても、短期間では見つけられない欠点が見つかることもある。自分の直感をいかに信じられるか、いかに自分の感覚に責任をもち相手に向き合っていくか、覚悟がないと結婚生活は続けられないのだ。婚活がなかなか順調に進まない理由は、アプリのせいでもなければ、リアルな出会いがないことでもない。いつだって、答えを出すのは自分なのだ。

「出会い」がない理由を明確にして「出会い」の場をつくる・出向くアクションへ

https://cinq.style/articles/1531

毎日会社と家の往復で、「プライベートに費やす時間がない」、「新しい出会いの場がない」と嘆くアラサーたちをたくさん見てきました。が、「出会いがない理由」を明確にすると、出会いの場はいくらでも作ることができるのです。今回は、社会人の出会いにスポットを当てていきたいと思います。

この記事のライター

建前をつくるオトコと、感情でしか動けないオンナ。

関連するキーワード


婚活 結婚

関連する投稿


婚活難民になる前に! 「理想」の見直しが必要な理由

婚活難民になる前に! 「理想」の見直しが必要な理由

パートナーへの“理想”が高過ぎるとお相手選びが難しくなるし、“理想”が明確でなければ交際が進んだ後に後悔することになることも……。 闇雲に就活しても満足にいく結果が出にくいように、婚活においても、まずは「結婚相手に求めるもの」を予め整理しておくことが大切です。


ハイスペック男子との結婚を望むなら! 知っておきたい婚活市場の真実

ハイスペック男子との結婚を望むなら! 知っておきたい婚活市場の真実

景気が低迷し男性の平均年収も下がった現代では、結婚相手に三平(平均的年収・平凡な外見・平穏な性格)を求める女性が増えたと言われています。  しかしながら、実際は婚活市場において未だに根強い人気があるハイスペック男子。   本コラムでは、婚活女子なら知っておくべき「ハイスペック男子をとりまく環境」について紐解きます。


「本当に彼と結婚していいのかな?」マリッジブルーになったなら……

「本当に彼と結婚していいのかな?」マリッジブルーになったなら……

彼との結婚が決まり、世界が薔薇色に見えるのも束の間。 しばらくすると、これまで気にならなかったことが気になりだしたり、急に気持ちが沈んだり……。結婚を目前にした女性の気持ちは、複雑に変化しがちです。 今回は、もしかしてマリッジブルー!? と思ったときに立ち止まることが出来るよう、コラムにまとめました。


彼との結婚が想像できないのに付き合っている。これって、おかしいこと?

彼との結婚が想像できないのに付き合っている。これって、おかしいこと?

彼との結婚が想像できないのに、付き合っている自分。自分に対してモヤモヤする毎日。彼のことが嫌いになったから?それとも原因は別にある!?


【男はこうして決心する】私の彼が結婚を決めた理由!

【男はこうして決心する】私の彼が結婚を決めた理由!

男性ってどういう時に結婚を考えるもの?長く付き合っても結婚に至らずに分かれてしまうカップルがいる中で結婚を決めた男性の男心とはいかに?今回は既婚者男性に結婚の決め手となったポイントをご紹介頂きました。


最新の投稿


根気と勇気が大事!脈ナシ男を脈アリにするには?

根気と勇気が大事!脈ナシ男を脈アリにするには?

一度、脈がないと思ったら挽回するのは難しい?脈ナシ男子を脈アリにするために考えるべきことをご紹介!


水の流れが運気を変える? ストレスケアを有効にするルーティーン

水の流れが運気を変える? ストレスケアを有効にするルーティーン

日々、ストレスを感じながら生きている私たち。逆にストレスを全く感じずに生きている人は、いないハズです。 そんな、どこにでもあるストレスを緩和させるためには、ちょっとした決まりごとを決めて対策するのが有効。今日からできるので、トライしてみては?


環境を変えるだけでは変われない! あなたがイキイキ仕事をできる方法

環境を変えるだけでは変われない! あなたがイキイキ仕事をできる方法

毎日の仕事が退屈で仕方ないのは職場環境のせいだと思い込んでいませんか? 人間関係のトラブルなどは別として、人間は環境が変わったからといって内面が変わるわけではありません。大切なのは環境と共に、意識を変えること。毎日の仕事に前向きに取り組める、心理について知っていきましょう。


友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

友人が教えてくれた、人生を好転させる『おかげさまで』の法則

何もかもが上手くいかない…。スランプに陥ることは幾度となくやってくる。そんな時にこそ、口に出すべき魔法の言葉「おかげさまで」。人に感謝することで道が開けるエピソードをご紹介します。


「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

「子どもがほしい人は正社員になっちゃいけないの?」#これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている昨今ですが、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず、頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに答えるべく弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、契約社員から正社員になる相談を受けた人のお話です。


RANKING


>>総合人気ランキング