たった5分で翌日の仕事がサクサクすすむ!タスク管理術

たった5分で翌日の仕事がサクサクすすむ!タスク管理術

調子が悪い日、気分が乗らない日にも仕事をサクサクこなしたい。たくさんある業務を効率よく進めるためには常にタスクをわかりやすく把握しておく必要があります。翌日の仕事がサクサク進む1日5分でできるタスク管理術、知ってますか?


タスク管理をしておくだけで、翌日の仕事がサクサク進む!

気分が乗らなかったり、体調が優れなかったり、人には“波”があります。けれどそんなのにお構いなしに、仕事は日々大量……。

毎日なにをどういった順番でこなしていけばいいのか? どうすれば効率よく仕事ができるのか、具体的な業務の内容に関しては指導してもらえても、たくさんの仕事を同時にこなす「作業効率化」ついて教えてもらえる機会はなかなかありません。

そこで今回は、仕事がはかどる「タスク管理術」をみなさんにお教えします。仕事がたくさん溜まっていて忙しいときこそ、タスクを管理することが大切なのです。

タスク管理法① 1週間単位でスケジュールは把握しておく

まずは業務内容の洗い出しに1週間のスケジュールをチェックしていきましょう。スケジュール帳に書き込んでいる人、Googleカレンダーに共有している人、独自のカレンダーを使っている企業など、さまざまな方法でスケジュールを把握していると思います。

タスクを作成する前にスケジュールを確認しておくことで、どの作業をいつまでに終わらせていればいいのか? の締め切りがわかるようになります。

またスケジュールや目標などをあらかじめ把握しておくことで、タスクに漏れが少なくなります。
「そういえばこれも頼まれていたのに、忘れてた…!」「アポイントを忘れていて作業に割く時間がない…!」なんてアクシデントが起こらないように注意しましょう☝

重要タスクはスケジュールに書き込んでおいてもOK

スケジュールがある程度把握できたら、実際にタスクに起こしていきます。
重要タスクについては、スケジュールに記載しておくのもオススメです。「〇日までに資料を作成」などと期日がハッキリとわかっているものは、社内のメンバーに共有できておいた方が間違いないからです。

タスク管理法② 就業5分前には、翌日のタスク整理

さて、ここからが大切な「翌日の仕事を効率よく進めるためのタスク管理」についてです。
ここで管理するのは仕事の重要性に関係なく、「明日自分がやるべき作業」です。

タスク管理についてもさまざまなツールがありますが、私が個人的にオススメしたいのはもっともアナログな「付せん」です。

付せんがオススメな理由は
・手帳と合わせて使うことができる
・早い
・ひとつの場所にタスクをまとめることができる(PCに貼るなど)
・捨てるのが簡単
などがあります。

小さなタスクに関しては、自分ひとりが把握できれば問題ないので、あえてデスク周りの見えやすいところに貼っておきましょう。とはいっても、スケジュール帳を持ち歩かない・自分で決めたWEBツール(スマホのメモ機能など)を使った方が把握がラク、という方もいるので、それはお好みで。

タスク管理に複数のツールを使うのはオススメしません。管理ツールは必ず1つにまとめておくことです。

毎日、就業前の5分間をつかって、このタスク管理を行います。作業が途中で止まっているものがあるのであればその経過を忘れないように。そして小さなタスクも順番にタスクとして出していきます。

タスク管理法③ 見込み時間も想定しておく

翌日の仕事をタスク化していくと、「5分」という時間に余りができることがあります。特に大事な予定の前は、あらかじめ時間の余裕を持った上でスケジュールを確保していたりするので、タスクがとてもシンプルにまとります。タスク管理の5分が余った場合には、作業の見込み時間も想定しておくと良いでしょう。

社会人になると、仕事は頼まれるものだけではなく自分で生み出すことも必要です。この余った時間で、他にどんな作業ができるのか? を考えると他の作業を前倒しで進めることができるようになります。

5分のタスク管理で仕事がはかどるのは、頭の中がスッキリとまとまっているから

同時にたくさんの仕事が降りかかってくると、頭の中がゴチャゴチャして何から作業を進めればいいのかがわからずパニックになってしまいます。

そしてその状態に陥ると、肝心の作業を開始するまでにやる気が出ず、結局時間がかかるハメに。翌日、自分がおこなう作業がはっきりとわかっていれば快適に仕事を進められます。
始める前は憂鬱だった作業も、実際に始めてみると終わりが見えてくるもの。キリのいいところまで進めようという心理が自然と働くようになります。
たった5分、されど5分。ぜひこのタスク管理術を活用してみてくださいね。

この記事のライター

コラムニスト。自分みがきのための要素や日常の一コマを切り取って文字にしています。

関連する投稿


テレワークになって「残業」が増加。残業が増える要因とは一体?

テレワークになって「残業」が増加。残業が増える要因とは一体?

テレワークをするようになってから、残業が増えた人が急増。さらには休日や深夜に仕事をこっそりする「見えない残業」もしている人も。なぜこのようなことが起きるのか? その要因について考えていきます。


【資格取得にも】効率的に学びを吸収!正しい勉強法が身に付く心理効果まとめ

【資格取得にも】効率的に学びを吸収!正しい勉強法が身に付く心理効果まとめ

自宅にいる時間も増えた今だからこそ、「新しく学びたい」「スキルアップしたい」と意欲が増している方も多いのではないでしょうか?  そこで今回は、新しく知識をつけたい・勉強したいと思っている人に知っておいて欲しい心理効果をご紹介。これを知っていれば効率よく学びを習得できるかも。


テレワークになってから仕事がはかどらない! 何を変えれば集中できるの?

テレワークになってから仕事がはかどらない! 何を変えれば集中できるの?

新型コロナの影響で働き方に変化があった人も多く、生産性のある仕事をどうこなすべきか悩んでいる人も多いのでは? 急遽導入されたテレワークという働き方で、「仕事がはかどらなくなった」と感じている人は、これまでと違うライフスタイルを取り入れることからスタートするべきかもしれません。


ビジネスマンには必須!雇用するに値する能力“エンプロイアビリティ”とは

ビジネスマンには必須!雇用するに値する能力“エンプロイアビリティ”とは

終身雇用や年功序列といった働き方が過去となった今。会社員として働くためのスキルが求められるようになってきます。そこで着目しておきたいのが「エンプロイアビリティ」です。企業が望む「エンプロイアビリティ」の要素が自分に備わっているのか、今後どう備えていけば良いのかを今のうちに確認しておきましょう。


Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

Withコロナでは必須のスキル! マスク越しのコミュニケーションのコツって?

私たちの生活に必要不可欠となったマスク。ずっとマスクを装着した状態で会話をしていると、聞き取りづらかったり、表情が見えずにぎこちないコミュニケーションになりがちです。そこで今回はマスク越しでも印象を良くするためのポイントについてご紹介します。


最新の投稿


生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理痛に悩まされている女性は7割以上。痛みと冷えを軽減する方法を解説!

生理について悩む働く女性は多く、7割もの人が普段から「生理痛がある」と回答し、さらには「生理中の冷えが気になる」と回答した人は5割も。どうすれば痛みや冷えを解消できるのでしょうか? 専門家が解説します。


早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

早寝早起きの習慣を身に着けたい!そう思ったら始めたい3つのアクション

健康や美容のために早寝早起きの習慣を身に着けたい!と思っている反面、その習慣を身につけるのが難しい…というのが本音ではないでしょうか。 そこで今回は元夜型だった筆者が早起きにシフトした経験も踏まえながら早寝早起きの習慣を身につけるための3つのアクションをご紹介します。


冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

冷えが気になる時期こそ温活! 体を温めることに特化したバスソルト3つ

なんだか急に肌寒い日がやってきた9月。 そろそろ温活をしておかなくては、体調不良を起こしかねません。予防のためにも体を温めておくことが得策。そこで今回は体を温めることに特化したバスソルトを3つご紹介します。


「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

「コロナ対策」でプライベートにまで制限が… #これってハラスメントですか?!

さまざまなハラスメントが社会問題として話題になっている今、自分が被害にあった時、だれに相談すればいいのか、どこからがハラスメントと呼ばれるのかがわからず頭を悩ませている方も多いようです。そんなお悩みに弁護士、齋藤健博さんがお答え。今回は、コロナを理由にプライベートにまで制限がかけられてしまった女性からの相談です。


誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

誰でも結婚したら60万円支給…ではない! 「結婚新生活支援事業」の落とし穴

内閣府が、新婚世帯の家賃や敷金・礼金、引っ越し代など新生活にかかる費用について、来年度から60万円を上限に補助する方針を固めたことにより「結婚すれば60万円もらえる」という情報が大きく広がっていますが、その情報だけしか知らないと大きな落とし穴にハマる危険が…! どんな制度なのか、内容を確認していきましょう。


RANKING


>>総合人気ランキング